« セントライト記念 | トップページ | スプリンターズSのお話 »

2008年9月21日 (日)

菊花賞TRからの考察~その1

途中までよかったんですけどねぇ。。。ノットアローン頑張ってくれてたのでこれはしてやったり!と思ったらあっさりとダイワワイルドボアに差されました。ちなみにこの馬、1000万下3着はあったんですが連対はなしってことで昨日は紹介してません。無念。そして1番人気馬マイネルチャールズが何とか2着死守するも人気馬同士の決着にならず菊花賞ネタも封殺・・・。こちらも無念。ネタってのは話してる時が華ですよね・・・。

 

と思いましたが、ちょっと気になって調べてみました。1番人気馬が1~3着好走、2~5番人気馬が1~3着になった場合(つまり今回と一緒)は、というと97年、00年、01年、04年、07年も該当ですがこちらは1着-2着の時。1番人気馬が好走した年では99年ブラックタキシードがありますがこの時は2着、3着が6番人気以下。今回もちょこっと似てますけども(8番人気1着、5番人気3着)今回と一緒の決着は近年はないです。一応94年が同じように5番人気1着、8番人気馬2着、1番人気3着で決着してエアダブリンが菊花賞3着に頑張りました(次走京都新聞杯にも出走し3着のあと菊花賞出走)。今年も菊花賞で頑張るとしたら3着かなぁ・・・という感じでしょうか。今年はセントライト記念組から連対馬は出ない、というデータでした。

 

ってことは狙いは神戸新聞杯組ってことになりそうですね。昨年も神戸新聞杯2着だったアサクサキングス(ダービー2着)が勝利。つまりは王道路線組ですね。今年もダービー1着・2着馬のディープスカイとスマイルジャックが出走予定。ディープスカイはまだ路線考え中のようですが。

 

神戸新聞杯4着以下からの好走ではアドマイヤメイン、アドマイヤジャパン、ザッツザプレンティ、リンカーン、ヒシミラクル、メガスターダム、エリモブライアン。こちらは先行力と上がりが武器に。芝2000m以上のレースで先行して連対し上がり1位~3位で競馬した事のある馬達。しかも1000万下~重賞までの実績馬。4角5番手以内で上がり1~3位を目安にしてみたいですね。負けても巻き返す武器はあるってことですね。

 

昨年の菊花賞2着、京都大賞典3着のアルナスライン(京成杯3着、すみれS1着)なので別路線組も活躍してますが、2200mや2400m以上好走経験のある馬が激走してますので今度はこちらに注目ですね。デルタブルース(九十九里特別1着、500万下1着)、ファストタテヤマ(京都新聞杯1着)、マイネルデスポット(かきつばた賞1着、鳴滝特別3着)。毎年穴人気しますがこの手の実績は無駄になりませんね。神戸新聞杯組同様、こちらも先行力と上がりを武器にして好走経験ある馬多いですね。ファストタテヤマは若葉Sで先行して好走してます。

 

とりあえずここまで。

次回は神戸新聞杯後に考える事にしましょうか

« セントライト記念 | トップページ | スプリンターズSのお話 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/42545928

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞TRからの考察~その1:

« セントライト記念 | トップページ | スプリンターズSのお話 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ