« ウイニングポスト7の配合話~ラインブリード | トップページ | 研究材料が増えました »

2008年9月28日 (日)

菊花賞TRからの考察~その2

神戸新聞杯、ディープスカイ強かったですね。いい具合にズブくなってきてるようで、そりゃ昆先生判断に悩んだろうなぁ・・・と。稽古駆けしなくなった、と聞いてからいい意味でズルくなったのかなと思っていたのでパドックは注目していました。グイグイと歩くスタイルは健在だったので安心しましたね。流石に4角で四位騎手が追い上げてるのを見たら心配になりましたけど(汗)。

 

さて、前回取り上げた続き。

まずは神戸新聞杯4着以下の馬からチェックしていきましょうか。芝2000m以上で先行力と上がりを武器に戦ってきた馬。そして実績馬。ベンチャーナインは上がりと実績はあるけど先行力皆無で×。ロードアリエスは神戸新聞杯で先行勢で唯一踏ん張った馬で実績も合格で○。ナムラクレセントも先行力で×。ミッキーチアフルは先行力・上がり・実績あるので○。ヤマニンキングリーは切れ味不足で×。スマイルジャックは先行力でダービー2着したものの切れ味不足で×。モンテクリスエスは先行力不足で×。故障明けのアインラクスは回ってきただけで終わっちゃいましたが○。フローテーションは実績と上がり不足で×。ハンターキリシマも同じく実績と上がりで×。エイシンブイダンスは本賞金と実績と上がりが×。ヤマニンリュバンとスエズはそもそも実績がなく×。メイショウクオリアは○なんですが・・・立て直しに時間かかりそうですね。踏ん張りもきかないし切れ味も当然ながら皆無だし。ヒルノラディアンも実績なく×。

 

ということで残ったのはロードアリエス、ミッキーチアフル、アインラクス、メイショウクオリアの4頭。注目はシンボリクリスエス産駒2頭(モンテクリスエスも惜しいが)。そしてダンスインザダーク産駒、マンハッタンカフェ産駒。菊花賞馬だけに適性あるってのは分からんでもないんですが、シンボリクリスエスはぴったりと残りましたね。この条件は中山コースでも必須ですからシンボリクリスエス産駒が有馬記念やAJCC、オールカマーに日経賞を勝つ日も近い、と思います。菊花賞全然関係ないな(汗)

 

お次は好走馬。

①クラシックで好走し神戸新聞杯好走した馬

1:芝2000m以上重賞で上がり1~3位

2:芝2000m(OP、重賞)で4角1~5番手

  →神戸新聞杯含まない

3:ダービー好走

4:神戸新聞杯で上がり1~3位

 

殆どダービー好走で失格してる感じですが(汗)ヴィクトリー、サクラプレジデント、ノーリーズンが失格(皆皐月賞好走馬なのが印象的)。メイショウサムソンは神戸新聞杯で上がり披露していません(中京代替でしたが)。ハーツクライは中距離重賞で先行経験がない。3着ネオユニヴァースも実は神戸新聞杯まで芝2000mのOP以上(OP・重賞)で先行経験がありませんでした。同じくシックスセンス、ゼンノロブロイ、アグネスフライトも神戸新聞杯で経験したものです。これは大きいですね。

 

今年だとディープスカイは2と4で失格。芝2000m重賞未出走。なおかつ神戸新聞杯で上がり3位以内ではありませんでした。ブラックシェルは合格ですね。切れる上がりを武器にしているので問題なし。4角に関してはホープフルSで経験済み。ダービー3着、神戸新聞杯上がり2位。クロフネ産駒を菊花賞で応援する事になるとは・・・フレンチデピュティ産駒が天皇賞春勝ったりしてるだけにそこまで気にしなくてもいいかなとは思うんですが。

 

②クラシック好走なし

まずは年内重賞連対経験がある(神戸新聞杯以外)。芝2000m以上で勝利経験。そして神戸新聞杯で4角5番手以内で好走。要するに実績ですね。

ソングオブウインドはラジオNIKKEI賞2着。夏木立賞で芝2000m勝利。神戸新聞杯先行して3着。ローゼンクロイツは毎日杯1着で芝2000m勝利。神戸新聞杯で3着。エアエミネムは札幌記念1着で芝2000m勝利。神戸新聞杯も勝利。

ドリームジャーニー、ナムラサンクスは神戸新聞杯で豪快に差して注目されるも本番には直結しませんでした。サンライズペガサスは4角6番手で頑張っていますが・・・。ケイアイガードは年内重賞好走しているものの芝2000m以上で勝利なし。

 

今年はオウケンブルースリ。上がり最速の34.5で追い上げるも届かず。年内重賞好走は神戸新聞杯のみ(初重賞出走)。そして神戸新聞杯では差して好走でした。本番に直結は・・・。

 

ということで神戸新聞杯4着以下で合格していた4頭とブラックシェルの5頭が残りました。あとは別路線組に期待という微妙なことに。・・・これは荒れますね。別路線組は2200m以上で好走経験がある先行馬で上がりも切れる馬に警戒しましょう。本当に荒れそうだ・・・。

 

とりあえずディープスカイはどの路線に挑むんでしょうか。天皇賞秋→JCなんてのも面白いとは思いますが・・・。とりあえずひと叩きしてどこまで変わるのか。別にひと叩きしたから前より良化するとは限りません。逆に調子下り坂だってあります(トライアルでピーク近くまで仕上がってしまって本番見せ場すら作れず撃沈なんて普通ですから)。夏を越すことの難しさはどの馬にも言えますが、ディープスカイはどの路線進むのか気になりますね。データでは菊花賞アウトでしたが・・・。

« ウイニングポスト7の配合話~ラインブリード | トップページ | 研究材料が増えました »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/42626415

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞TRからの考察~その2:

« ウイニングポスト7の配合話~ラインブリード | トップページ | 研究材料が増えました »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ