« 第3回小倉7日目 | トップページ | セントウルS楽しもう »

2008年9月 7日 (日)

第3回小倉最終日

酷い結果ですね(汗)

1週間休んだからといって見事にここまで空振りが続きますかね(汗)。軽視した2頭に好走されちゃいました。高速決着なら、と書いてたコスモベルにスピードで押し切られ(笑)外枠だからと軽視したマッチメイトに頑張られ、挙句の果てにゼットカークは頑張ったけど2着同着という・・・(苦笑)。

 

ちなみに3歳未勝利戦4着馬は鉄板タイプでした。というより土曜日は鉄板タイプが好走続きました。2歳未勝利戦も鉄板タイプ同士の決着、3歳未勝利は1~4着まで鉄板タイプが独占(しかも人気薄好走)。そして佐世保S2着・3着が鉄板タイプ。500万下も2着・3着と絶好調でした。佐世保Sもちゃんと軸はしっかりしてるんだけど、自分の予想は全く読めてない結果に終わりました。最終日は何とかしたい。このまま終わるってのは悲しすぎる。

 

小倉1R 2歳未勝利

鉄:2、3番

A:4、6、7番

B:1、9、10番

C:5、8番

 

小倉7R 3歳未勝利

鉄:1、2、7番

A:9、18番

B:3、4、6、8、10番

 11、16番

C:5、12、14、15、17番

他:13番(推定Bタイプ)

 

2歳未勝利戦はとりあえずスピードタイプ(A、Cタイプ)がどういう走りをするかだけ見ておいて、3歳未勝利戦は4着馬のタイプをチェックする。これだけでいいと思います。それにしてもCタイプ多いですね、3歳未勝利戦。八幡特別でCタイプ狙う事になるかもしれません。

 

小倉9R 八幡特別(1000万下)

鉄:2、3、5、13、15番

 16、18番

A:6番

B:1、4、9、11、12、14番

C:7、8、10、17番

 

結局、この夏競馬で鉄板タイプの上級条件での勝利は未だにありません。ここまで勝負弱い鉄板タイプも珍しい。夏競馬では後手になりやすいとはいえここまで2着までってのは笑うしかないですね。特に佐世保Sなんて2着同着ですからねぇ(汗)。ちなみに1000万下での鉄板タイプを負かしていたタイプはBタイプ(西日本、西部日刊、小郡で1着3回、2着1回、3着2回)。そして1600万下ではCタイプが2勝3着1回(2戦)。北九州記念では3着(1着Aタイプ)。ということで1000万下ではBタイプに注目です。

 

Bタイプで注目しているのは1番アグネスレプトン(軽斤量ってのもあるが)、11番タムロスターディ、12番ボストンオーの3頭。タムロスターディとボストンオーは人気の2頭なのでこれは普通でしょうね。タムロには小郡特別でもお世話になりました。

 

鉄板タイプでは2番フィクシアス、13番ニシノマオ、16番エイシンイッキ、18番ミスズアロハ。凡走のニシノマオとエイシンイッキ、好走してたフィクシアスとミスズアロハ。微妙な立場なのが気になるところ。最後の最後で鉄板タイプの勝利ってのは・・・辛そうですね。

 

Aタイプでは6番プラチナムペスカ。こちらも快勝しているんですが、Aタイプの好走は上級条件での好走が見事にないんですよね。唯一の好走はあのスリープレスナイトのみ。難しいところです。

 

Cタイプは7番ストリートスタイルと17番ヒノトリ。どっちも1000万下ではフィクシアスの3着が最高。1600万下ではスピードで押し切っているのに・・・不思議といえば不思議。でも2着まで追い上げる可能性はありますね。

 

ということで1000万下得意にしていたBタイプに今回も頼るってのもいいんじゃないでしょうか。アグネスレプトンが頑張ったらえらいことになりますけど(汗)流石にきついか。一応狙いますけどね。内枠だけど(汗)。とはいえ3歳未勝利戦4着をチェックしてから買うことにしましょう。Bタイプ3頭軸で買えるなら楽でいいですね。あとは鉄板タイプ2着固定とか・・・w流石にここで勝てるか?と考えると微妙だなと。馬単2着固定で挑むってのも面白いかもしれません。

 

小倉10R 小倉2歳S

鉄:9、10番

A:1、2、3、5、6、7、8、11番

 12、13、14、15、16番

C:4番

 

偏ってます(汗)

これまで行なわれたフェニックス賞、ひまわり賞ではAタイプが勝利。フェニックス賞が独占、というかAタイプしかいませんでした。ひまわり賞では1着・3着。どちらにせよ好走したわけですが、今回の場合、16頭中13頭がAタイプ。ここから絞らねばなりません。・・・厄介ですね(苦笑)。

 

古馬上級条件でもAタイプの好走はスリープレスナイトだけ、と言っていたように人気・実力があってこそ。なので評価されてるAタイプを買うことにしましょう。Aタイプに穴馬券期待するのはどうかなと。人気の1番ツルマルジャパン、16番デグラーティア、7番メイクデュース、6番ワンカラットの4頭は最低おさえておかないと。2、3、5、11、14、15番の馬達は軽視、ということで。穴馬としての期待は鉄板タイプに頼る事にしましょう。ヒットヒットヒットやノアウイニング、エーシンワンダーズあたりは2着候補として期待しましょうかね。

 

Cタイプのシルクナデシコは勝ち時計、上がりも優秀で勝ちっぷりもよかったこともあって評価されてますね。Cタイプの条件をちゃんとクリアしているし、Aタイプと同じくスピードタイプだけにこの馬を軽視する点は特にないです。とはいえ2歳未勝利戦でCタイプがえらく取りこぼしてる現状では2着がギリかなと。1600万下では好調なCタイプも重賞では伸びきれない。1000万下同様流す相手として扱うのがベターなのかもしれません。今日みたいにあっさり快勝されることもありますけどね。

 

そして鉄板タイプ。パレスシュガーは最低人気、その隣エリモプリンセスは中穴付近の穴馬。パレスシュガーはフェニックス賞でスピード不足を露呈してたこともあってきついとは思いますけどもエリモプリンセスは0.6秒突き放すちゃんとした勝ちっぷり。圧倒的人気馬がいるので人気こそそこまでのびませんが見事な穴馬として頑張ってくれるのではないかと。

 

~買うとしたら~

3歳未勝利戦が参考になりません。かといって2歳未勝利戦4着で挑むにしてもこちらもそこまで参考になりません。なのでAタイプ人気馬にすっかり頼る買い方で誤魔化す事にしました。

馬単フォーメーション

1着:1、6、7、16番

2着:1、4、6、7、8、10番

  12、13、16番

 

Aタイプ人気薄組が2着に来てくれたり鉄板タイプが頑張ってくれたら配当面は助かりますが・・・ガチガチも濃厚ですね。やっぱり八幡特別の方がいいかもしれない(汗)

« 第3回小倉7日目 | トップページ | セントウルS楽しもう »

ギャンブル」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/42401149

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回小倉最終日:

« 第3回小倉7日目 | トップページ | セントウルS楽しもう »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ