« 第3回小倉4日目 | トップページ | オリンピック総括 »

2008年8月25日 (月)

あと2週間

シルクレグナム、登録抹消だそうです。

2歳~3歳までコツコツと走り続けて2勝。堅実に走ってくれました。1000万下では苦しんでいましたが、正直あのローテを走りきって怪我なくここまで頑張ってくれたことが嬉しかった。本当に今年2月のローテは未だに泣きたくなる展開でした。なんだったんだろう・・・(汗)。格上で苦しむ馬の典型的なローテなんで別に特別酷いわけじゃないです。力が足りなかったのだと思います。でも喉に無理してやるローテじゃないだろうとは未だに思います。本当にお疲れ様。

 

今年の小倉開催もあと2週間。

日曜日の小郡特別はギリギリでした。1着Bタイプ、2着Bタイプ、3着Cタイプ。着差はクビ、アタマ。本当にギリギリでした。1着はBタイプで穴で期待したトーワユメジ(7番人気)。2着にBタイプ人気馬のタムロスターディ(4番人気)。3着は人気してないから軽視でいいか、と言ってたCタイプのフィクシアス(8番人気)。フィクシアスが最後まで頑張っていたので焦りましたねぇ。最後追い上げたタムロが何とか捉えてくれたから助かったものの、これが決まっていれば来週からCタイプ警戒がますます強まる事になってました。本当にこのアタマ差はほっとしました。

 

日曜日の3歳未勝利戦4着はBタイプ馬だったもので小郡特別で狙うはBタイプ、と絞れたことが勝因ですね。ありがたいことに馬単98倍は狙っていたとはいえいい配当です。問題は鉄板タイプが見事に不発だったこと。開催3日目からコース変更になってどうなるだろう?と言っていたら鉄板タイプが取りこぼす展開になるとは・・・。それまで手堅く好走してた3歳未勝利でもBタイプ、Cタイプが好走し、見事に鉄板タイプが不調。逆に調子悪かった500万下で好調だったりと今までとは違う面を見せていたのが気になるところです。

 

幸い、来週は2歳OPひまわり賞だけなのでこのレースは小倉2歳Sの為のデータ取りにするなどして様子を見ることも可能ですし、困らないのですが問題は最終週(9/6、9/7)。3歳未勝利戦4着馬に頼る従来のスタイルを通せばうまくいくんですけども、それまで馬券の中心だった鉄板タイプがいなくなるってことは荒れる要素の意味が変わってきます。

それまで波乱を演出していた人気薄の鉄板タイプの激走が見られないということはBタイプに頼ることになるわけで、Bタイプが得意としているのは外差し馬場です。スピードの乗りさえよければA、Cタイプのようなタイプも得意にしているので余計に鉄板タイプの出番がなくなっちゃう。でも鉄板タイプは本来軸になるタイプ・・・。

つまり、函館最終週と同じくフラットな条件で行なわれるようになるのでは・・・と予想できます。函館の時にも書きましたが、フラットな条件ってのは本来競馬見る上ではいいことなんですが、偏るのを利用して買っている予想しているだけにフラットな条件は困るんですよね、人気馬中心になるってことだし(しかも鉄板タイプは不調だし)。大万馬券の出やすい馬場とは到底思えないだけに、堅実に堅い馬券に徹することになるのがちょっと残念ではあります。それはそれでいいのかもしれませんが、各タイプを調べる意味がなくなっちゃうのは私としても残念ですね(苦笑)

 

さぁあと2週間。

どんな競馬になるやら楽しみですね

« 第3回小倉4日目 | トップページ | オリンピック総括 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/42276152

この記事へのトラックバック一覧です: あと2週間:

« 第3回小倉4日目 | トップページ | オリンピック総括 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ