« 第2回函館6日目+小倉 | トップページ | 禁断の果実 »

2008年8月 4日 (月)

いよいよ最終週の函館

シルクHCの会員優先期間内の募集結果ですが、今年は満口はなく予定通り8-12(父フジキセキ)に出資が決まりました。最後に気になっていたジュウニヒトエの仔(父クロフネ)も結構出資集まっていたようですね。まずは一安心。

 

さて、いよいよ函館最終週ですね。2回小倉はほぼ予想通りの結果で進んでいますしこちらの方はいいのですが、問題は函館です。先週からいよいよ外枠祭だ!とワクワクしてたら記録的大雨で枠もあったもんじゃないという困った事に。結局外枠馬の好走は雨の降らなかった土曜日朝一の2歳未勝利だけ(しかも7頭立ての7番)。その後は小雨→大雨→不良馬場のままで行なわれ、外枠の好走は6枠馬が抵抗したものだけでした。

 

これは晴れている時と比べて内埒に執着することなく、馬場のいいところを通らせるのに専念した結果だと思いますね。事故あったら困った事になるので皆フェアプレイに徹するという副作用もあったみたいですが。こういう傾向はいいことです。ですが、一通り開催の進んだ馬場に不良馬場という条件が揃うと『回廊』、もしくは一時的なグリーンベルトが浮かび上がってきてしまう現象があります。ここしか通れない、ウイニングロードといいますか本当にそこを通れなかったら終わるという傾向です。

 

例えば、函館5日目、6日目の結果をみてもらったら分かりますが1~12番までの馬しか馬券に絡んでいません。外枠にいるだけで全く競馬になっていないわけです(人気薄が殆どでしたが)。本来なら外枠勢が巻き返す開催後半なのですが、その破壊力は無残に『回廊』が生まれたことにより活かすことが出来なくなったというわけです。ちなみに日曜日の500万下は予想に入れませんでしたが、予想通り内枠寄りの実力馬が実力を発揮できたのもこれが原因もありますが、開催後半の傾向の1つでもあります。(1~6番あたりの馬か外枠か、という2択しか存在しないという傾向。500万下は特に内枠が優勢)。なんだか出目の話みたいですが、本当に偏るんですよ、函館という馬場は。小倉とは全く違った意味で偏るので好きなんですが、ちょっとしたことで偏り方が変な方にいくので馬のタイプで判断ができないのが難点です。そういう意味では小倉の方が正直で好きです。

 

なので今週いよいよ最終週なわけで馬場チェックにも力入れなければいけないのに大雨降って『回廊』ができちゃうと判断も困るわけですね。本当に先週は困りました(苦笑)。最終週は立待岬特別と函館2歳Sが行なわれるわけですが、先週の結果を考慮して馬場チェックの為、土曜日は様子見にしたいと思います。狙いは函館2歳Sと函館12Rの500万下。500万下は別に内枠寄りの実力馬を買えばいいだけなんですけどね。先週も書きましたが煙幕の多い2歳重賞だからこそ、出目と言われても気にせず外枠が狙えるからこそ買う。これがミソなだけにその材料が使えるかどうかが鍵ですね。なので土曜日を回避してでもチェックしたいと思います。暫く函館開催がないだけにこの戦法が使えるのも今年限りかもしれません。暫く開催ない間に傾向がガラリと変わってしまうこともありますからね(阪神開催がいい例)。外枠が全く使えない馬場に移行してしまったのなら回避しなくてはいけないのでこのチェックは大事だと思うので頑張ってチェックしたいですね。

 

さて、そんな嫌な雰囲気の函館とは裏腹に小倉は面白い傾向になってます。日曜の3歳未勝利4着はCタイプ。人気馬が連対していたのでまだ上がり切れるCタイプが通用する事を教えてくれていました。ですが、筑紫特別は期待していた馬達が人気馬だらけだったので配当面ではちょっとガッカリでしたけど2戦連続期待したテーオーギャングが勝ってくれたので配当面ではニコニコできました。それにしても14番人気4着→5番人気ってのは泣けますね。皆分かってらっしゃる(涙)。シャウトラインもあとちょっと踏ん張ってくれていたら鉄板同士で決着してもっとニマニマできたのにぃと最後メリッサ(Cタイプの人気馬)の猛追に崩れました(笑)。たった1分8秒で泣いたり笑ったり感情的に忙しいことになりましたが、このたった1分8秒でこれだけ楽しめるんだから不思議でしょ?これも競馬の醍醐味ですね。

 

土曜(8/2)こそ不発でしたが相変わらず鉄板が頑張ってくれています。2歳未勝利でもチェックしたとおり人気のCタイプが頑張って2、3着だったけれど鉄板馬に敗れ去ったのを見てこれはいけるなと。3歳未勝利でも鉄板馬が頑張りだしているので今週も鉄板馬で楽しめる事だと思います。私の予想よりもまだCタイプが頑張っているのでちょっと意外でしたが、人気馬としては健康的な好走の範囲内なので世間的にもそっちの方がまだいいかもしれません(汗)。

 

来週は2歳OPフェニックス賞、西部日刊スポーツ賞が行なわれます。まずは3歳未勝利戦をチェックしてから。日曜日は上級条件こそありませんけど秋吉台特別(500万下)狙う時は3歳未勝利(牝馬限定)をチェック。この作業してから挑むのを忘れなければ楽しめるんではと思います。なので予想ができないのが私のホームページ的には残念ですが、チェックする楽しみがあるだけにこれは仕方ないですね。

今週も競馬で楽しみましょう!

« 第2回函館6日目+小倉 | トップページ | 禁断の果実 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/42063430

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ最終週の函館:

« 第2回函館6日目+小倉 | トップページ | 禁断の果実 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ