« ウイニングポスト7・途中経過 | トップページ | 第2回函館3日目 »

2008年7月25日 (金)

WP7の配合話~注意点

ちょっと失敗してしまいました。

予想外にデインヒル産駒が大暴れしすぎて(予想外のアタラクシア2冠*エディットせず)02年ダンジグ親系昇格がおじゃんになってしまいました。02年にデインヒル系統確立しちゃったんですね。またやり直しです。折角いい繁殖牝馬作れたのでこのまま進めますが残念ですね(血脈活性発生せず)。特にマカロニウエスタン(エディットしたサティンゴ×ウエスタンファイブ)の繁殖牝馬はよかったのに・・・。

 

次回に向けて注意点としては

  1. フェアウェイ系の救世主を作る方が楽・・・?
  2. デインヒル産駒はエディット少量に留める
  3. キングマンボ産駒のエディットも注意
  4. サンデーサイレンス産駒の取り扱い注意
  5. 結局ロジータとアドマイヤグルーヴに頼る

 

2のデインヒル産駒のエディットは正直やりすぎにご注意、ですね。やりすぎなくても普通に確立します(特に輸入時所有すれば)。異常なくらいスピード確立しやすいのでダンジグ親系昇格を追い抜いてしまうのが怖いですね。こうなると大失敗なのでじっくりデインヒル昇格を目指しましょう。無理しすぎるとサドラーズウェルズ親系昇格も邪魔する事になるので殆ど干渉せずに頑張ってもらう事にしましょう。ダンシリのエディットに留めるというのがいいでしょうか(スタミナエディットをして欧州3冠頑張ってもらうってのもいいかもしれない)。エディット全然してなくて失敗は痛かった。ツクバシンフォニーとかGⅡ大将として頑張らせていた意味が・・・(笑)。エディットしたのはゼネラリストだけだったんですがね。97年生まれは晩成のブレイクタイムだけエディットで、98年エアエミネムに期待という感じでよろしいかと。目指すは04年確立。デインヒル種牡馬所有するだけで確立できる馬です。

 

3のキングマンボの確立もスピード確立しやすいです。米国にレモンドロップキッド、欧州は予想外にゾロゾロいて、国内にいるエルコンドルパサーとキングカメハメハなど他沢山。これだけが大活躍しちゃうとサドラーズウェルズをいじめちゃうのに役立ってしまう(デインヒル同様)ので親系昇格の為に無理はしないことですね。キングマンボの繁栄力は異常なので確立自体は楽です。エルコンドルパサー所有さえ忘れなければ楽だと思いますよ。なので無茶はしないほうがいいです。こちらも所有すれば待ってても確立するので。

 

そして地味にサンデーサイレンス。子系統確立は確実レベル、親系昇格もある程度待っててもできるレベルなんですがキングマンボとガリレオを確立させるので若干SS種牡馬が虐められる為に親系できないこともあります。なのでサンデーサイレンス産駒種牡馬を所有するといいと思いますね。気になる点として、海外で種牡馬入りするSS産駒がいるのでこの馬達を所有することですね。米国生産で零細血統になってくれてる方が何かと勝手がいいというのもありますが。該当馬はハットトリック・アグネスゴールド・フサイチゼノンの3頭。普通にGⅡで活躍させて引退で結構です。ハットトリックは普通に強いですが。

あと亡くなるサイレンススズカ、アドマイヤベガの2頭は所有して延命するといいですね。亡くなるわけではないですがアグネスタキオンは自家生産しておけば2冠確実なので活躍させて引退するとよいかと。あとはダイワスカーレットの出現を待てばSS親系確立は時間の問題です。

 

1はフェアウェイ系の救世主(笑)の誕生の話。サティンゴのスピード因子を目的にした後継種牡馬作り。別に苦労せずに作れたからそう思うのかもしれませんが(架空繁殖牝馬サンラインサクラの仔同様うまくいくと思います)。ウエスタンファイブを使った理由はエディットできる馬でサティンゴ引退に間に合う馬だということでしょう。真疾風配合だけで1本釣りです。サティンゴのエディットありきの話ですけども。あとはスピード因子を持っていて、勝負根性因子か瞬発力因子持ってくれてるとありがたいかな、というやつです。これは別にこだわりません。

従来通りのランド×ロジータでもいいと思いますがこれほど爆発力ないとは思いませんでした。お笑い配合または3冠配合で20程度。運良くいい仔ができたらいいなというレベル。だからミルジョージ確立目指したわけですが(笑)。

  

そしてロジータとアドマイヤグルーヴ。この2頭はエディットしなくても活躍しますけども疾風配合できるようにエディットして3冠配合可能に(ロジータは米牝馬のトリプルクラウン、アドマイヤグルーヴは牝馬3冠)。配合相手のランド(またはサティンゴ×ウエスタンファイブ産駒の種牡馬)とガリレオは3冠馬にする。これだけであとはいい牝馬を作れれば勝ちです。

配合理論そのものより能力の高さと仔出しの良さを利用しただけでいい仔がポンポン出るのが強み。アドマイヤグルーヴの方は短期間でガリレオ確立目指すのでいい仔を毎年出してもらうことが大事ですね。

 

ということでダンシリに種付けする前に頓挫してしまいましたが、またやり直すことにしましょうか。ノウハウは活かせるだろうし(涙)。

~オマケ~

結局アメリカ牧場で〆配合させようと思っています。その為、デインヒル種牡馬をアメリカに持っていって流行させるってのも忘れない方がいいですね。キングマンボ、ガリレオ、サンデーサイレンスが零細血統になればメールライン活性配合も狙えますし(メールライン活性配合Lv1。爆発力3)。でも一番大事なのは血脈活性化配合8本ですね。

そう考えたらダンシリ使わない配合考えた方が早いんですが・・・(笑)。同じニジンスキーの親系で困るなら自家生産でシンコウラブリイ使うとか(エディットで疾風配合できるようにしておけば爆発力20狙えます。カーリアン確立していたらもっとあるんですけども)。ニジンスキー親系狙いならシンコウラブリイ走らせることになりますからね。国内走るより米国走らせることになるので結局エディット必須なんでついでですね。何だかんだと面倒になるわけで困ります。でもシンコウラブリイつかった方が血統的には潤うんですけどね。ニジンスキーの大種牡馬因子も使えるし(ダンシリの方はカヤージ-イルドブルボンと少し遠く因子が使いにくい)。

それにダンシリ考えたのはランド×ロジータの配合するなら向いてるってことなんですよね。ダンシリレベルの種牡馬を作るのは大変なので結局頼りそうですが・・・。ああ大変な配合だこと。SPST融合配合完成まで遠回りしてみました、という下手な配合話ですいません。

 

とりあえずこれだけ注意しておけば楽しめるという話題です。とりあえずスーパーグラサードのエディット解除して初期セリ購入馬でニジンスキー系の馬をエディットしないといけませんね。またエディットで悩む時間が(笑)。楽な配合はないって事ですね。手ごたえはあるのが救い・・・かなぁ。まだダンシリまでいってませんけど。

« ウイニングポスト7・途中経過 | トップページ | 第2回函館3日目 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/41965856

この記事へのトラックバック一覧です: WP7の配合話~注意点:

» 【競馬】明日の予想(7/26) [にたろうの退屈な日々]
???????????????J??????H???c????Α??????????????????H?????????]???????????猩??s??????v??????????B????????T?????????u???u??????\???B?u????????p?X?v?????????A?????????s??????v??????????A?n??????????w???\???B???j????????O?????????????~????????????\?z?B??????... [続きを読む]

« ウイニングポスト7・途中経過 | トップページ | 第2回函館3日目 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ