« ウイニングポスト7の配合話~その5 | トップページ | 第1回函館7日目 »

2008年7月10日 (木)

ウイニングポスト7の配合話~その6

気が付けば『SPST融合配合』を取り上げることになりましたが(苦笑)とりあえず考えるターンはここまで。現在実現できるようにスムーズにいけるように考えているところなんですが・・・とりあえずまとめてみました。意外に使われていない配合なんですよね、融合配合。

 

前回考えていた〆父母父(スタミナ系統でスピード因子持ち)、父母母(ミルジョージ産駒で能力因子持ち。今回はロジータを使用)、母母父(スピード系統でスピード因子持ち)、母母母(因子持ち)。

結局スピード因子を持つスタミナ系統の馬を作るのも大変だし、入手困難なので〆父母父は結局ランドにしておきました。ランドの持つ能力因子はスタミナ因子と瞬発力因子です。ということでランドとロジータの配合です。91年になったら海外馬カードでランドを入手しないといけませんね。ロジータは1986年生まれなので海外牧場ができるまでに引退してしまうので2000年あたりで能力の高い娘を産まねばなりませんね。

 

〆母母母は能力因子持ちならOKだったので史実牝馬を有効的に使えば配合するのも楽。ということで〆母母母をアドマイヤグルーヴにしました。エディットで強化してあげれば使い勝手のよい血統なのもいいですね。どんな父をつけても走る仔が出るのもいいことです。一応疾風配合狙いでエディットする(配合話~その1あたりで取り上げてましたね)癖がついてるんで勝負根性S、瞬発力Bにしちゃってますが・・・。アドマイヤグルーヴのいいところは母エアグルーヴも因子持ちで父サンデーサイレンスなので母父◎がもれなく付く事ですね。

〆母母父はスピード系統でスピード因子を持つ馬・・・これだけなら色んな種牡馬が該当するんですけども今回候補として挙げたのはウォーニング(マンノウォー系、親系マッチェム系)とガリレオ(サドラーズウェルズ系)。

ウォーニングは元々スピード系統なのでそのままアドマイヤグルーヴにつけるだけでいいので、あとは輸入された時に所有しておかねばなりません。ヘイルトゥリーズンのインブリード発生が一応のネック。

ガリレオの方はそのままだと使えません。まずは子系統確立せねばなりません。ガリレオ系確立するとスピード系統になります。なので難易度が上がるのがネックです(難易度というより二度手間)。ランド同様、海外馬カードで入手が必須です。〆母母を作るのは別に先でも構わないんですが、キングマンボと配合するまでにガリレオを系統確立しないといけませんね。一応史実産駒がいるのでその馬達が活躍してくれれば結構楽に作れるってのがいいところです。

 

ということで結構面倒な道を歩む事になります。でもガリレオを確立させるだけのメリットは結構あるんですよ。時間が足りないってのはあるんですがね。ぶっちゃけ〆母を作った時点でガリレオ系確立していなくても、〆父と配合する時に確立していてくれればいいんで(汗)。苦労が報われないってことはないです。難易度上げるだけでなく副産物も結構あります。それは『活力源化種牡馬因子』です。

〆父父父デインヒル(名)、〆父父父父ダンジグ(大)、〆父母母父ミルジョージ(名)、〆母父キングマンボ(名)、〆母父父ミスタープロスペクター(大)、〆母父父父レイズアネイティヴ(名)、〆母父母父ヌレイエフ(名)、〆母母父ガリレオ(名)、〆母母父父サドラーズウェルズ(大)、〆母母母父サンデーサイレンス(大)

要するにこれだけあるわけです。父の血統内に名種牡馬因子2つ、大種牡馬因子1つ。母の中に名種牡馬因子が4つ、大種牡馬因子3つ。これだけメジャーな血統を入れたらそりゃこうなるわけですが。

 

あと活性因子ですが、この血統だとスピード因子とスタミナ因子と瞬発力因子が活性します。3代前のデインヒル、ミスタープロスペクター、ガリレオの持つスピード因子とランドの持つスタミナ因子と瞬発力因子が活性するわけです。それに〆父がスピード因子と柔軟性因子を持っていればこの2つの因子が活性します。また〆母がスピード因子もっているのならスピード因子が活性化しますね。〆父母父をランドにした理由はこれですね。〆母母父がウォーニングでもこれは一緒なのでウォーニングとガリレオで後継牝馬を作っておくことですね。

 

爆発力はニックスは不安定なので除外して話進めます。血脈活性化配合7本で爆発力6、ST昇華配合Lv1成立で爆発力1、SPST融合配合で爆発力5、母父◎で爆発力4、完全型活力補完で爆発力3(ハンプトン系零細ならですけど)、活力源化大種牡馬因子4、活力源化名種牡馬因子6。この時点で爆発力29。(活力源化種牡馬因子の計算間違えていなければ)

ここにお笑い配合orお似合い配合が決まれば爆発力+5、稲妻配合or疾風配合が決まれば爆発力+6、3冠配合決まれば爆発力+4。とりあえずどれか1つでも決まれば爆発力30オーバーになるわけです。

 

一応机上の空論にならないようにうまくいくように考えているんですけどね。多分ダンシリ産駒を作ることと、ガリレオ系確立目指すのを同時進行かつキングマンボ産駒の牝馬を作らないといけないので混乱しそうですね。慣れないと辛い配合です。ガリレオ自体は確立楽な部類なんですけどねぇ。

 

デインヒルの確立は楽なのでまず置いておいて(存命なら余裕)、問題はキングマンボとガリレオを確立させることですね。キングマンボもエルコンドルパサーとキングマンボが存命なら楽です。それをやりつつガリレオを確立しないといけない面倒さが加わると一気に疲れます(汗)。ある意味難易度上げてみて作れるかな?と楽しむ点をわざわざ増やしてるにすぎないんですけども。単にサドラーズウェルズの血入れたかっただけじゃないのかといわれたらそうなんですけどね(苦笑)。というかガリレオ好きなんですよ。物凄い男前でしたからねぇ。

 

・・・この配合を修正、さらに難易度上げるとしたらミルジョージ系確立目指しつつニジンスキー系親系昇格目指すことでしょうかね(苦笑)。もしニジンスキー系親系昇格すれば血脈活性化配合8本成立するわけで非常にありがたい。でも面倒。とりあえずこの配合完成させてみますね。完成したら血統表UPでもしてみますか・・・もう〆父の名前まで考えるので何とか完成させてみたいと思います。これで強い馬作れるといいなぁ・・・ってのは完全に離れちゃってますが(爆)。ということで暫く時間をください。完成したらまた報告します。

« ウイニングポスト7の配合話~その5 | トップページ | 第1回函館7日目 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/41791525

この記事へのトラックバック一覧です: ウイニングポスト7の配合話~その6:

« ウイニングポスト7の配合話~その5 | トップページ | 第1回函館7日目 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ