« ウイニングポスト7の配合話~その4 | トップページ | ウイニングポスト7の配合話~その5 »

2008年7月 6日 (日)

第1回函館6日目

潮騒特別は最後シセイヒカリが捉え、万馬券キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!と喜んでたらどうもハナ差やばめで配当が・・・と思ってたら軸にしてたサンクスノートが2着に踏ん張っててorz。10R江差特別では強い2頭が少頭数で強いだろう、とワイド買ってたら内枠穴馬が激走・・・。ワイド買うタイミングが悪すぎる・・・。メイクデビューは唯一買ってない6枠が来るし(苦笑)。2歳未勝利は人気馬がハ行で競走中止になったのもあるかもしれないのでウカウカ喜んでもいられなかったり・・。手ごたえはあったんですがねぇ・・・土曜日。

 

函館3R

3歳未勝利戦が大幅に減る為、傾向掴むのが大変ですが内寄りvs外枠という構図は相変わらず。抜けてどの馬が狙い目、とはいいきれないので3歳未勝利は難しい。とりあえず内枠を見つつ、外枠も蔑ろにしないのが鉄則ですね。

一応函館で好走した15番ラヴァーズテーラーが未勝利勝ち近し、と評価されてるみたいですね。3kg減の荻野騎手で惜しい競馬しているのも評価されてるようですが、軸にするほど安定はしてません。何せ内枠天下の時に好走してるものですから。今開催では大外枠の好走が未勝利では見られてない(全部3着。連対、勝利は10頭以下の少頭数)ので外枠が武器になるにはまだ時間がかかるものの、土曜日のシセイヒカリの激走もあってチャンスはあるはず。狙うならワイド軸が最適かと。もしくは紐相手。

替わりに買うのはやっぱり内枠勢。1番カネスダンクは前走距離短縮で挑んだ函館未勝利で中途半端な枠で4着と健闘。4番アズマクロリスは人気を裏切り続けて距離短縮で勝負。5番ウェディングコパは先週外枠から強襲3着。この内枠3頭を軸にするのがよいかと。

枠連(フォーメーション)

1、2、3枠→1、2、3、6、7、8枠へ

ワイド

15番→1、4、5番へ

 

函館5R

メイクデビュー。昨日は失敗でしたが、戦法は内枠狙いでいいと思います。相変わらず外枠人気してますので内枠でドカン・・・といければいいのだけれど(苦笑)。とはいえ人気のアンカツさんの乗る6番メジロチャンプを軸流し。相手絞るほどの条件あるわけではないので。特に気になる血統もないし(汗)

3連複(フォーメーション)

6番→2、4、5番→1、2、3、4、5、7、8、9番へ

 

函館8R

500万下ですが、内枠穴馬が活発に活動開始はありがたい。今までガチガチで泣いてきましたからね(苦笑)。前走あっさり内枠から勝利した3番ファイナルファイト、藤田騎手の乗る9番ニシノオニテツマルの人気馬をおさえておきましょう。そして最内の1番イナズマレオ(距離短縮組)。この3頭が軸。

馬連(フォーメーション)

1、3、9番→1、3、6、7、9、10、11、12番へ

ワイド(フォーメーション)

3、9番→1、3、6、7、9、10、11、12番へ

外枠2頭が中途半端な人気で距離短縮馬。あとナスザンは距離短縮で狙った外枠馬だったけれど不発組。こういった馬達に流してます。本線はワイドだとおもってもらえればw

 

函館11R函館スプリントS

以前から取り上げてきた

  • 前走から距離短縮馬
  • 外枠は軽視するな
  • 内枠が勝負強い

この3つを守る事にしましょう。

 

前走から距離短縮馬

3番ゴスホークケン、8番キングストレイル、10番シンボリグラン、13番ミリオンウェーブ、15番ルルパンブルー、16番タマモホットプレイ

 

外枠馬(7・8枠)

13番ミリオンウェーブ、14番タイセイアトム、15番ルルパンブルー、16番タマモホットプレイ

 

内枠馬(1~6番)

1番トウショウカレッジ、2番スピニングノアール、3番ゴスホークケン、4番ウエスタンビーナス、5番コパノフウジン、6番キンシャサノキセキ

 

この中で軸に選んだのは4番ウエスタンビーナス、6番キンシャサノキセキ、13番ミリオンウェーブ、15番ルルパンブルーの4頭。高松宮記念僅差の2着だったキンシャサノキセキの信頼度が圧倒的に高いので別枠でキンシャサ軸に流しつつあとの3頭でおさえる馬券がよろしいかと。

3連複(フォーメーション)

6番→4、13、15番→1、2、3、4、8、10、13、15、16番へ

3連複(フォーメーション)

6番→1、2、3番→1、2、3、4、8、10、13、15、16番へ

3連複(フォーメーション)

4、13、15番→1、2、3番→1、2、3、4、8、10、13、15、16番へ

ワイドBOX

1、2、3、4、13、15番

 

内枠の馬をあまり削れなかった理由としては距離短縮で成功している馬達でやっと好走し始めたばかりの馬が揃っているところですね。コパノフウジンは長い間スプリント路線で戦ってきた馬なのでその点見劣ります。シルクロードSで好走してますけどね。

似たようなケースではシンボリグランはこの距離短縮というカンフル技を何度も多様してきて好走している馬なので一応おさえておかないと・・・という馬です。ルルパンブルーも同じことして好走してますね。

 

とりあえず来週は上級条件がないのでここでやり残さない様にちゃんとしたいところですね。函館スプリントSは流石に3連複買いすぎですけど(汗)。馬連よりワイドに走ってしまったのは私の趣味です。

« ウイニングポスト7の配合話~その4 | トップページ | ウイニングポスト7の配合話~その5 »

ギャンブル」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/41748454

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回函館6日目:

« ウイニングポスト7の配合話~その4 | トップページ | ウイニングポスト7の配合話~その5 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ