« 函館の研究 | トップページ | 第1回函館4日目 »

2008年6月28日 (土)

第1回函館3日目

関西の競馬ファンはこれまで宝塚記念に対して酷い言われ様に苦しんできました。主役不在、GⅡレベルのGⅠとか色々・・・(今年も言われてますが)。杉本清さんや競馬関係者の努力あって宝塚記念は残してもらっているようなものと分かっているものの、散々な言われ様にたまに怒りすら覚えることもあります。出走馬のレベルなんて水物なのに宝塚記念だけ何故か毎年言われてるんですもの・・・。出走馬回避するからファン投票無駄じゃないか、とか色々。気持ち分かるけれど、文句いいすぎです。宝塚記念の扱いは映像でも悪くてフジテレビの無理矢理な放送に悩まされ続ける・・・あんまりいい待遇でもないのもあるんですがね。

関西の競馬ファンにとっては宝塚記念は愛着あるんで、そこんところよろしくお願いします・・・。折角の宝塚記念なのに。どれだけ批判されようと夢は走っているのですから。いくら注目度落ちるメンバーだろうとも。

 

さて、函館3日目。

第1回函館前半開催の分岐点になるのかどうか大事な週です。来週は函館スプリントSが行なわれるわけで、傾向の移行には注意しないといけませんね。それだけに新馬戦、いやメイクデビューの結果は注意したいところです。

 

函館5R

そのメイクデビュー。人気はアンカツさんの乗るオンフルール、外枠のディーズハイビガーといったところ。ここではディーズハイビガーのいる7枠から狙います。内枠があっさり来るとガチガチですが、外枠同士で決まってくれるとありがたいんですが(シルクに乗る三浦君は人気するだろうけど)

馬連10番→1~4番、7、9、11、12番へ

 

函館7R

5Rでディーズハイビガーが好走すれば6~8枠狙い、しなかったら7、8枠狙い。そして前走から距離短縮馬にチェック。これが基本構想。というのも今回、見事なくらい人気薄が外枠に配置しているんですね。人気しているのが6枠10番ネオファロス(この馬も三浦くん)くらいで殆ど人気薄です。それだけに高配当狙いも可能かなとは思いますが。。。

じわじわと内枠有利なレースに移行する傾向があるので、その中間位置にいる馬から。4番バイヨン(横山典騎手、距離短縮馬)、6番ファイナルファイトの2頭から馬連・ワイドで。勿論馬連・ワイドで4-6も買います。

馬連・ワイド

4、6番→1、2、10、11、12、13番へ

1枠2頭は内枠有利になりつつあるのなら、のおさえ。ラッキーサムタイムは先週買っていたのもあるんですが・・・(汗)。そして外枠の5頭。11番と13番は距離短縮馬。12番は7枠ってだけで買っているんですが・・・w

 

函館12R仁山特別

先週痛い目見た500万下です(笑)。

7Rで外枠に人気馬がいないので7・8枠注目。そして8枠13番アドマイヤプルートが来ちゃいました(距離短縮馬)。この馬が抜けた人気になるのは必至。相手は内枠寄りの馬達。1番、2番(ヴィヴァチッシモ)、3番(距離短縮馬)、4番(ヤマカツシリウス)、7番(降級組)、8番(距離短縮馬)、10番(距離短縮馬)。

馬連

13番→1、2、3、4、7、8、10番へ

馬連・ワイド

1、2、7番→1、2、3、4、7、8、10番へ

アドマイヤプルートが久々で取りこぼしがあったなら、ということで内枠中心のおさえも買っておくことにします。こういう買い方してるから500万下で痛い目見るんですが(苦笑)。13番→1、2、7、10番への組み合わせは多めに。あと1、2、7番同士の組み合わせも多めに。配当面で難あるんでその補足的なものです。

 

ということで函館3日目は新馬戦できっちり当てて、7Rで荒れてくれるかどうかにかかってる感じがしますね。外枠激走期待。12Rの方はガチガチな様相相変わらず(汗)。なのでアドマイヤプルートには久々の競馬で3着に取りこぼすことがあれば助かるんですがねぇ・・・w

« 函館の研究 | トップページ | 第1回函館4日目 »

ギャンブル」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/41668279

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回函館3日目:

« 函館の研究 | トップページ | 第1回函館4日目 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ