« CBC賞に挑む! | トップページ | 考えるっていいなぁ »

2008年6月17日 (火)

07函館レポートから

正直CBC賞はガッカリでした。

指摘した部分でひっかかって外れたという感じでしょうか。しかしスパインじゃなくてダートでタイプが出なかったスリープレスナイトとテイエムアクションの方だったか・・・とガッカリでした(笑)。しかもちゃんと7枠馬3着に来たからそのまま1~4番人気→7・8枠に流していれば当たっていたという・・・。あの本は上級条件では使い物にならないですね・・・。500万下では調子いいらしいですが・・・。

 

さて、旧ホームページ時代に土方本検証で取り上げた函館のレポートを復習のために取り上げてみましょう。昨年は不調でこれはやばいなぁ・・・と思いつつも第2回函館後半開催(5日目~8日目)での対処法がうまくいって助かりました。土方本をお持ちの方はお分かりでしょうが、これは函館芝1200m戦限定のお話。今年はちゃんと外枠来てくれるでしょうか?

 

~上級条件~

本通り狙うのなら上級条件。特に函館2歳Sで7・8枠人気薄決着にはかなり助けられました。ピンポイントで楽しめるしレース数が多いのも楽しめるかと思います。まずは昨年の成績。

 

第1回函館・上級条件6~8枠[3-0-4-16]

前半開催[2-0-2-7] 後半開催[1-0-2-9]

第1回函館6~8枠[10-8-7-108]*条件問わず

 

第2回函館上級条件6~8枠[4-4-1-25]

前半開催[2-2-1-13] 後半開催[2-2-0-12]

第2回函館6~8枠[8-10-8-106]*条件問わず

 

第1回函館こそ特に目立たなかったですが、第2回函館では目立ってよかった印象。特に毎回連対していたお陰でかなり狙いとしてはよかったのがよかったですね。特にハートオブクィーンが2戦連続人気薄で好走していた(ラベンダーS・函館2歳S)ってのは大きかった。一応6枠を入れていますが7・8枠だけ狙っても問題はないです

第1回函館・上級条件7・8枠[2-0-4-10]

第1回函館・上級条件7・8枠[3-4-0-16]

というわけで上級条件では7・8枠狙いですね。

 

~距離短縮馬~

これが大不調。昨年は上級条件では長万部特別2着ラブハートだけ。外枠馬だけの話ならこんな感じになります。他の枠では函館スプリントS2着サープラスシンガー(2枠4番)だけなので不調そのものでした。下級条件でも少なくて昨年は向いてなかったのかもしれません。

ですが函館スプリントSでは毎年頑張っています。サープラスシンガー、ビーナスライン(06年7枠12番1着)、ディープサマー(05年5枠9番3着)、ゴールデンロドリゴ(04年5枠10番2着)、ビリーヴ(03年6枠7番1着)、アタゴタイショウ(03年2枠2番3着)、タイキトレジャー(02年4枠4番2着)、メジロダーリング(01年8枠15番1着)、ブレイクタイム(01年3枠4番3着)、タイキトレジャー(00年3枠3番1着)、コウチエラミー(99年6枠7番3着)、エイシンバーリン(98年5枠7番2着)、マサラッキ(97年3枠5番1着)。とりあえず毎年好走しているんですね。前走の負け方あんまり関係なく、ダートだろうが芝だろうがOP以外からも好走あれば休養明け緒戦からでもくる。流れが合えば何でもよいみたいですね。函館スプリントSに関しては見事な狙い目だといえます。

 

とはいえ下級条件でも一応インパクトある好走はあるんです。500万下ではタイキマーズ(8枠15番10番人気2着)、ビービーガルダン(7枠14番2番人気3着)、タカラタロウ(1枠1番8番人気1着)、サーキットレディ(3枠5番5番人気2着)、サニーアンジェリカ(6枠7番5番人気2着)、ナムラコネリー(1枠1番8番人気3着)、アースコマンダー(3枠6番2番人気2着)、シルクドラグーン(5枠5番2番人気3着)、バルバレスコ(5枠9番1番人気1着)、ナムラブーム(8枠16番5番人気3着)。第1回函館は人気馬中心、第2回函館は一気に人気薄の激走が出てきましたが好走数はあまり出ず。第1回と第2回では全く見せる顔が違いますね。06年ではこれが逆で第1回では人気薄の激走、第2回では人気馬しか来なかった(3頭。2着2回、3着1回)。未勝利戦で人気の短縮馬が好走するならその週は狙い時、と考えるのもいいかも。↑のラブハートが好走した週では未勝利戦6番人気3着、500万下10番人気2着と活躍していました。人気薄が頑張る時のほうがよさそうですね。

ちなみに函館スプリントSが行なわれた当日、未勝利戦で9番人気1着と好走。好走はこれだけでしたが、サープラスシンガーが6番人気2着と頑張りました。あとこれは経験談ですが、開幕週(第1回函館1日目・2日目と第2回函館1日目・2日目)と開催後半はよく来るのでチェックです。

 

~昨年の戦法~

①その日一番最初に行なわれた芝1200m戦の結果で

・6~8枠の1、2番人気馬が3着以内

→従来通り6~8枠から

・6~8枠の好走がない

→7、8枠から

 

②上級条件戦(1000万下~OP、重賞)

上級条件戦前に行なわれた芝1200m戦で

・1~5番の好走があった→その好走馬番を狙う

・好走がなかった→外枠中心で1~5番をおさえ

07年第2回最終週に起死回生狙った時のものですが、とりあえずこのやり方を使ってみましょうか。まとめますと

 

  • 外枠狙うなら上級条件
  • 前走から距離短縮組狙うなら函館SS
  • 開幕週の距離短縮組は狙い目
  • とりあえず昨年の戦法試してみる

 

分かりやすいような分かりにくいような・・・とりあえず今週は前走から距離短縮組を狙っていきましょう。土曜日は500万下と1000万下。日曜日は2歳新馬戦(これは流石に狙えないけど)と3歳未勝利、500万下とありますね。距離短縮狙う未勝利戦と500万下、積極的に外枠狙う1000万下。そしてチェックは土曜日500万下で外枠が来るかチェック。日曜日新馬戦。土曜日様子見で複勝でコツコツ狙うのもまぁいいですが、とりあえず昨年まとめた戦法が使えるかはチェックしたいところです。

« CBC賞に挑む! | トップページ | 考えるっていいなぁ »

競馬」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/41558457

この記事へのトラックバック一覧です: 07函館レポートから:

« CBC賞に挑む! | トップページ | 考えるっていいなぁ »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ