« 優駿牝馬のお話~その2+中京芝1200m | トップページ | オークス回顧と来年に向けて »

2008年5月24日 (土)

GⅠ予想~優駿牝馬

中京8R高配当ゲットで嬉しいんですが、狙っていた内枠差し馬が惜しくも3着だけに悔しいんだか嬉しいんだか微妙なところです(汗)。小回りで変わってくれたニホンピロタルトに感謝。明日も500万下は行なわれるのですが、肝心の差し馬の条件が合わず(ダートで後方からの競馬した馬ならいるんですが・・・)今回も不発になりました。堅いと思ってた6Rと11Rがまさかの大波乱に終わっただけに微妙に8Rの的中が偶然っぽいのも困ったものですが(汗)。小倉以来、久々の高配当ですね。第1回中京時は全くいい配当取れなかったものでほっとしました。土方本は微妙に関係なさそうな予想になってますけどね・・・w

 

GⅠ恒例、MP馬のお話。

1番人気は単勝と同じくリトルアマポーラ。2~5番手はレッドアゲート、ソーマジック、トールポピー、ブラックエンブレム。6~10番手はムードインディゴ、アロマキャンドル、マイネレーツェル、レジネッタ、オディール。穴馬MP馬はマイネレーツェル、オディール、エフティマイアです。

2番手と3番手の合計MPが40.0未満だったので信頼できる1番人気という評価。そして穴馬MP馬3頭のMP平均と全馬平均の差をみると-0.5ということで今回も11番手以降の馬達が頑張るという波乱の展開はない、という判断ですね。リトルアマポーラに3着内好走の信頼という感じです。なので穴馬MP馬エフティマイアは3着まで、という評価になってます。

MP馬ではシャランジュ、ハートオブクィーン、エフティマイア、ライムキャンディ、ジョイフルスマイル、スペルバインド、カレイジャスミン、エアパスカルの連対はない、という評価です。ひとまず馬連ならMP馬上位10頭で決まるという堅い感じになっています(土曜日、朝11時現在のオッズでの判断)。つまり波乱はない(3着わからないけど)という具合です

 

では予想です

☆リトルアマポーラ

△トールポピー

△ムードインディゴ

△ソーマジック

×エフティマイア

注シャランジュ・レジネッタ

注マイネレーツェル・スペルバインド

注エアパスカル・ブラックエンブレム

 

☆リトルアマポーラ

今回に関しては☆は◎というわけではなく、MP馬1番人気の信頼度を買って1~3着は堅い、という意味での☆です。データでクリアできなかったというのもあって3着には来てくれるだろうとは思っているので▲にしてもよかったのですが絶対的に信頼できる3着候補ってのは聞こえが悪いだけに取りこぼしの多い強い馬、という認識がぴったりじゃないでしょうか。私は秋華賞に期待した馬なので。それに桜花賞最速馬ですからね。今回は2、3着でもいいとおもってます。桜花賞の敗戦のわりに人気落とさなかったのは意外っちゃあ意外でした。

 

△トールポピー

2歳女王の復活、ですが。ニシノフラワーのエリ女3着、スティンガーの秋天4着、ヤマカツスズランとヤマニンシュクルの秋華賞2着(ウオッカはちと意味合いが違うのでパス)。オークスで復活した試しがないんですね。しかも桜花賞完敗だった例は流石に。ということで傾向をみれば迷うけれど何事もなくデータクリアしてくれたのは嬉しいですね(POG持ち馬的な意味で)。桜花賞の流れ自体が異質な流れになっただけにあんまり気にすることはないかなとは思うので、メンバーが特に変わらなかっただけに巻き返しあってもおかしくないと思っています。

 

△ムードインディゴ

こちらもあっさりデータクリア馬。MPでも6番手支持と圏内にいます。評価されているのは『忘れな草賞組』という過去の痛い思い出からくる警戒心ありきのおさえ扱いだと思いますが・・・。あと姉チャペルコンサートというのも。地味に扱われつつも持続系の特質を活かせば一級路線(今年は混戦だし台頭するのは簡単な方)でもやりあえるんじゃないかと。カラ馬利用したうまいレース振りもあって過大も過小もイマイチ偏った評価されてない馬なのでこれは普通に買っておいて損はないはず・・・です。

 

△ソーマジック

こちらもデータクリアならず。地味に空振りというわけでもないのですけども。意味合いは全く違いますがキストゥヘヴンに似た立場です。ただしアネモネSの内容を見れば本当に強かったと思えるんだけれど、この馬がまともに競馬したのは前走の桜花賞が初めてではないでしょうか。アネモネSはシャランジュに捉えられるのを覚悟で動いて凌いだあたりを評価されて桜花賞では人気していましたが、今回も堅実に走るという意味で軽視する材料が意外に少ないのでデータ面を改良してくれる馬(レース後、条件を改定してくれる)と観ています。もしそうなると面倒な事になりますが(汗)

芝1600m未満でみれば合格面は多いし、前走の人気も最終的に5番人気(ずっと4番人気で推移)というだけで軽視するのも可哀相なので、多分データを更新してくれると期待して直す用意をしてレース挑みたいと思います。

 

×エフティマイア

桜花賞2着を評価したというわけでなく、データで残ったので。母父ニホンピロウイナーだから消し、というよりはデータで残ってるから買うんだ!という桜花賞上位馬で唯一データ残った馬というのもあるので。データで残らなかった馬達を△にしてるのにこの馬が×なのか、というのは要するに反動が怖いんですね。桜花賞一本で仕上げた節もあるし、鹿戸雄調教師の後日談を聞けば桜花賞へ向けての仕上げ方でじっくり~という話聞けば聞くほどお釣りが残っているのか微妙でして。体重面もギリだろうし。

要は主観で切るのができず×ってことです(汗)

 

注シャランジュ・レジネッタ

桜花賞でお世話になり損ねた2頭。シャランジュは不発、レジネッタは買い目に居たが主軸にできなかった穴馬候補。今回もシャランジュはデータで残ってくれましたし、レジネッタは予想通り?低評価なのでこれならワイドで狙っても面白いなと。安直な雨降って持続系が集まる、という展開時の保険です。3着ならありえると思うのですけど。

注エアパスカル・ブラックエンブレム

正直難しい2頭です。エアパスカルは桜花賞逃げて捉えられた馬。こういうタイプの巻き返しは見覚えがないことと、地味にデータクリアしてるけどチューリップ賞の5番人気が評価されてるのかされてないのかイマイチ分かりにくい(これはソーマジックと同じ話ですね)。ブラックエンブレムは何といっても桜花賞の調整ですね。繊細な牝馬の立て直しは難しく、稽古動かせれば何とかなるというわけでもなく、メンタル面が原因で復帰できずに引退していった馬や、良さが出ないまま終わる馬もいます。で、オークス前にびしっと追ってきましたが、これがよいほうに出るのか、案の定立て直しに失敗してしまうのか、現状では何とも言えません。こちらも3着なら

 

注マイネレーツェル・スペルバインド

強いだろうけど、あと一歩足りない材料そろえてる馬達。マイネレーツェルはマイル以上で連対なし。スペルバインドは連戦で体重が心配(確実に470kg切る可能性大)。マイネレーツェルは消耗戦得意なだけに距離自体が心配なんですが、持続系の流れに持ち込んでくれるのなら最後だけす~と競馬して気が付けば入着圏内というのもある。特に牝馬特有の流れなら。スペルバインドは元が強いだけに体重減ってもという感じはします。いずれにせよ3着まで来てくれたら御の字でしょう。

 

~買い目~

馬連

☆△△△×BOX

 

3連複フォーメーション

1頭目:☆

2頭目:△△△×

3頭目:△△△×注

 

ワイド・フォーメーション

1頭目:☆△△△

2頭目:☆×注

 

3連複は完全にMP馬の信頼度を信じての馬券ですが、普通に1番人気から流す馬券なので何の捻りもありません(汗)。MPの方の『堅い』ですが、1~5番目の馬達が連対してくれるという意味合いです。今回では2番目だったレッドアゲートを私はデータから軽視しているので買っていませんが、レッドアゲートが好走したら私涙目ですね。それとレッドアゲートの評価があまりにも高いのもあって(フローラSはMP馬でも3番目とちゃんと評価されてますけども)ちょっと警戒しているのもあります。強いっちゃつよいんだけどオークスでその強さが発揮できるかと言うと?ですね。

データでもフローラS隔年好走の法則もあるし(汗)切れる上がりを武器にしない馬の好走がないだけに、買う気になれないのもあります。

« 優駿牝馬のお話~その2+中京芝1200m | トップページ | オークス回顧と来年に向けて »

ギャンブル」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/41307297

この記事へのトラックバック一覧です: GⅠ予想~優駿牝馬:

» 本命はムードインディゴ [本命はムードインディゴ]
本命はムードインディゴ [続きを読む]

« 優駿牝馬のお話~その2+中京芝1200m | トップページ | オークス回顧と来年に向けて »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ