« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

代打、中京予想!

クラブケイバのスタンプ、どうも勘違いしていたみたいです。2人以上で競馬場・ウインズに馬券購入で押してもらえるスタンプ。これの2人以上で行った方のスタンプは6個以上ならA賞、B賞に応募できるみたいです。10個なければ二つに応募できないと勝手に思い込んでいました(汗)。応募要綱・ルールなどはちゃんと見てから参加しましょう。今週、来週土日にいけば15個になるのでオッズカードもらえる資格まで到達できます。ワクワク。そして宝塚記念のファン投票参加は毎年の行事のようなものです。

 

ところで明日の東京、オススメ軸馬該当馬がいません。中京の方はコンピデータが一定まで集まっていないので不参加。阪神は集まっているけれど編集が遅れてて不参加。ということで中山・東京・京都だけでこれをやっているのですが、オススメ軸馬は先週休ませてもらっているのでなんですが秋まで休ませてもらおうかなと。↑にあるように阪神のコンピデータ編集が遅れに遅れていることと、元々夏競馬はオススメ軸馬は不参加を決めているのでちょっと前に休ませてもらって秋に挑もうと思っております。

 

で、オススメ軸馬もないので中京芝1200mとダービー出走できなかったデータ最高位だったノットアローンが出走する白百合Sと金鯱賞が行なわれるので土曜日の中京予想しようと思います。ちなみに白百合Sには桜花賞データで生き残っていたシングライクバードも出走。10頭立てですが面白い1戦になるのでは。一番面白そうなのは芝1200m戦だとは思いますが…。

 

中京10R白百合S

圧倒的人気のノットアローンから。これは応援込みですけども。皐月賞、ダービーでデータクリアしてくれた馬なのもあって。POGで取ろうか迷った馬だったりもするんですがそれは別の話。ちなみに弟(ランフォルセ)も取ろうか迷ってますw

お相手は桜花賞でデータ合格するも出走叶わずフローラS見せ場なかったシングライクバード、実力馬メイショウベルーガ、平坦巧者?ルールプロスパー、前走完敗だったヒルノラディアンとファビラスボーイ、そして人気のヤマニンキングリーの6頭。雨の関係でノットアローンがあっさり勝ちそうな流れにもなりそうですが・・・。

3連複4番1頭軸→1・2・6・8・9・10番へ

 

中京11R金鯱賞

アドマイヤオーラの国内復帰戦。骨折明けから順調に走り続けて京都記念勝利。んでもってドバイDF挑むも息切れの如く完敗。よく走ってきての結果だけに度外視でもよいかと。あとはその状態から立て直せるかだけ。松田博調教師は本番より前哨戦に仕上げ方に定評あるので(爆)何とかなるでしょう、とか言ってみる。

といっても、流石に半信半疑で流しはできんな、ということでBOX。中京記念勝ち馬タスカータソルテ、すっかり平坦巧者?サクラメガワンダー、新潟大賞典2着マンハッタンスカイ、大阪杯2着エイシンデピュティ、そして復活なるかカワカミプリンセスの馬連6頭BOXで。内枠と外枠にはっきり分かれましたね。特にオーラとタスカータ、マンハッタンの3頭に注目しています。カワカミプリンセスはとりあえずどれだけ走れるかみたいところです。

  

中京8R

芝1200m(500万下)。(先週買ってた)ベターデイズ連闘。とりあえずおさえてます(笑)。軸はバクシンオー産駒フリーダムエアー。夏から人気を裏切り続けてきてようやく前走新潟で3着。馬体重回復というか成長分なのか安定した走りができるのは夏場の方が向いてるのか。新潟で押し切り狙って踏ん張ってるだけにこれは評価したいですね。というか人気ですけど。

ベターデイズもちょうどいい人気薄なのでフリーダムエアーからワイド流ししたいと思います。差し届くか心配だけどメイショウカーター、秋のような走りできればと思うメイショウバルドル、安直にベターデイズ、じわじわ人気落としてる小回りというかローカル巧者マッキーバクシン、おさえでメイショウキトリ、エアファーギーの人気馬入れた以上6頭に流したいと思います。

 

中京12R

芝1200m(1000万下)。1000万下でも前についていけるようになったテイクザホークが人気するも大混戦。1000万下でも強いんだか今のところ分からんアキノパンチ、地味な成績続くコアレスソニック、すっかり頭打ちのエーシンビーエル、中京巧者シゲルダイノウカイ、新潟好きなアドマイヤフッキーという地味な面子もあって混戦は必至。

一応実績考慮してテイクザホークとシゲルダイノウカイ2頭軸の馬連フォーメーションで手広く流そうと思います。4・6・7・8・10・11・12・17番へ。テイクザホークとシゲルダイノウカイの組み合わせは馬連とワイドも。ワイドを多めにw

 

芝1200m戦は特に荒れやすい条件なので積極的に穴も狙っていこうというスタイルですが、先週のような決まり方は流石にw。8Rの方は未知数の塊で構成されたメンバーなのでワイドの方がよいかなと。そして金鯱賞。こちらも未知数ですが、一応京都・中京で走ってる馬ばかり買ってしまった印象ですね。カワカミプリンセスは勝っても負けても注目馬。昨年の宝塚記念を動かしたのはこの馬なのですから。もう終わった、とあっさり言わず注目してあげてください。それとノットアローンね。フサイチアソートは目黒記念に出走ですが、はてさて・・・。

2008年5月29日 (木)

東京優駿のお話~訂正版

リッチテキストが不正とか言われてしまい、訂正ができないのでこちらで。多分気合入れすぎて長文になってしまったのが原因だと思います(汗)。ちなみに冒頭部分などを切り詰めたりしてたわけですが・・・w

 

訂正部分は②の該当馬。

サブジェクトは2000m以上1勝馬。2000m初出走初勝利ですが、上がり1~3位ではないので3着以下。ちなみに皐月賞も負けてますので3着以下でよいかと。ベンチャーナインも2000m以上1勝馬。2000m初出走初勝利ならずで3着以下。④でも3着以下なので3着?候補じゃないですね。

 

合格馬以外を取り上げ

アグネススターチ(OP以上勝利なし、1.0秒以上負けが多い)、エーシンフォワード(OP以上勝利なし、1.0秒以上負けが多い)、サブジェクト(上がり1~3位なし、皐月賞3着以下)、タケミカヅチ(1600m重賞勝利なし、デイリー杯2着あり)、ベンチャーナイン(初出走初勝利ならず、先行勝利なし)、レッツゴーキリシマ(1800m連対率低い、1600m重賞勝利なし、朝日杯2着あり、1800m重賞連対なし)

 

この中ではタケミカヅチを拾うことは出来ると思います。とはいえダンツフレーム、ボールドエンペラーは2着馬だったので3着狙いでしょうか。というわけでタケミカヅチ以外の5頭は軽視でよいと思います。タケミカヅチは①クリアしてないので3着以下確定なんですよね(汗)

 

合格馬5頭、3着ならチャンスの7頭、そしてタケミカヅチ。

皐月賞2着馬だから助けたのではなく、上がり2位というのもあって助けました。ボールドエンペラーも上がり2位(皐月賞6着)、ダンツフレームは上がり1位(皐月賞2着)。これくらいなら条件軽く出来ると思うし(汗)。このデータの組に3着馬が仲間入りしても別におかしくないですからね。

 

とはいえ合格馬から優勝馬出てくれないと困るんですよね、データとしても。訂正しまくって使い物にならなくなってまた考えるってのは健康的じゃないんですよ。困ったもんだ(笑)

東京優駿のお話

①基本実績

  • OPまたは重賞で勝利

という大抵の馬はある実績です。これをクリアできなかった馬は98年3着ダイワスペリアー、05年3着シックスセンスの2頭だけです。どちらも圧倒的1番人気馬がいた年(スペシャルウィークとディープインパクト)なので、この実績はクリアしてもらいたいところです。ダービーが堅い、と言われている由縁です。ウオッカ、アサクサキングスもこれはクリアしてますから。ここでクリアできなかった馬は3着以下確定です。

 

②皐月賞出走馬その1

最長勝利距離が2000m以上の馬。つまり2000mで勝った事のある皐月賞出走馬。

  • 2000m以上1勝馬

2000m初出走初勝利、上がり1~3位が条件

メジロブライト、ネオユニヴァース、メイショウサムソン、アドマイヤオーラの4頭しか好走馬は居ませんが、2勝3着2頭という極端な結果。ネオユニヴァースとメイショウサムソンは皐月賞が2000m初出走・初勝利。メジロブライトはラジオたんぱ杯、アドマイヤオーラは弥生賞。そしてこの2頭は皐月賞4着。皐月賞の結果も影響あるんでしょうかね(普通はあると考えるべきなんだろうけどもブライトとオーラは2戦目ってのも大きいかも)。それは兎も角2000m初出走初勝利が前提(OPまたは重賞で)。

ちなみに昨年1番人気フサイチホウオーは初出走初勝利がラジオNIKKEI杯(上がり1位)、2戦目皐月賞3着で着外でした。つまりこのエリア該当したら2000m以上で2戦出走馬は落ちるという考えでいいかもしれません。皐月賞の成績で軽視、ってのはあながち間違っていませんね。

 

  • 2000m以上2勝以上

(①、②ともに2000m以上)

①OPor重賞初出走勝利、上がり1~3位

②OPor重賞初出走連対、上がり1~3位

③2000m以上初出走勝利、上がり1~3位

④2000m以上初出走連対、上がり1~3位

が条件。

②該当馬で好走は3着ザッツザプレンティのみ。つまり①該当馬ばかり。そして今のところ②④該当馬と言う馬の好走はありません。①該当すれば②は無視、③該当すれば④無視という扱い方してください(一緒に意味になtってしまうから)。

1勝馬との違いは2000m以上初出走初勝利という点ですが、1勝馬の方の好走した4頭たちは皆重賞だったので実質一緒です。2勝以上の方ではこれをクリアできなかった馬がいます。2着エアシャカール(新馬戦5着)、3着アタラクシア(新馬戦2着)、1着サニーブライアン(若竹賞2着)。それに2000m以上の出走数差の話がこちらだとできないというのもあります(汗)。皐月賞であっさり負けてる馬もいますから。

 

③皐月賞出走馬その2

次は2000m以上勝利経験がない馬達。勝ち鞍が『1600mまで』『1800mまで』の2つに分かれます。アサクサキングスは『1800mまで』に属します。

~共通条件~

  • 1800m連対率50%以上
  • 重賞連対経験

 

~『1600mまで』~

  • 1600m重賞勝利
  • 1800m連対経験(重賞が望ましい)

 

~『1800mまで』~

  • 1800m重賞勝利
  • 1800m勝率100%または連対率100%
  • (片方該当しない場合)1800m2回連対経験

 

共通条件は1800mで連対率50%超え。実は66%以上と優秀な馬が多いです。そして重賞連対経験。ボールドエンペラーはデイリー杯ときさらぎ賞、ダンツフレームはきさらぎ賞とアーリントンC、ジャングルポケットは共同通信杯など、タニノギムレットはスプリングSなど、シックスセンスは皐月賞など、ドリームパスポートは皐月賞など、アサクサキングスはきさらぎ賞。

1600mまで、の馬達は1600mと1800m重賞連対経験が必須。ボールドエンペラーはデイリー杯勝利、きさらぎ賞2着。ダンツフレームはアーリントンC勝利、きさらぎ賞2着。なのでかなり厳しい条件になってますね。そうでもなければ生き残らないということでしょうけども。

1800mまで、の方はシックスセンス以外の馬達は1800m重賞制覇。ダービー連対馬達は1800m勝率100%。ドリームパスポートとシックスセンスの2頭は最後の3つ目(敗者復活)が該当するわけですが、1800m2連対。敗者復活と言う感じで扱うのがいいと思います。2頭とも皐月賞2着、ダービー3着という素晴らしい成績です。ちなみにシックスセンスは①クリアならず。

 

④その他の路線

  • 近3走中最高着順1着or2着
  • 勝利時、上がり1位・2位経験
  • 4角5番手以内で勝利経験
  • 1.0秒以上差で負けた回数1回まで

前走皐月賞、以外の馬達ですね。皐月賞出走馬は②③でも該当してますけども④でも該当する馬もいます。昨年のアサクサキングスのように。ということでここはダービーTRや京都新聞杯、NHKマイルCなどその他のレース出走馬が該当します。芝もダートもお構いなし。

1つ目は近3走内に連対経験があった馬。2つ目は新馬戦~重賞までで勝利した時に上がり上位だった経験がある(2勝中、1勝で該当していればOK)。3つ目は先行して勝利したことがあるということですね。4つ目は着順じゃなくて着差。1.0秒以上負けた事が2回以上あればアウトと言う感じ。

 

ウオッカのように優秀な成績挙げた牝馬があっさりと好走しちゃったけれど他が続かないというデータにならないように雑にあっさりと取り上げた方式になっています。ここは絞るより残った馬を買うという感じでしょう。これは③にも言えますが。

 

~恒例?今年の登録馬~

①アグネススターチ、エーシンフォワード、クリスタルウイング、タケミカヅチ、ダイワワイルドボア、ファビラスボーイ、ブラックシェル、モンテクリスエス、レッツゴーキリシマ、ロードアリエスがクリアならず(3着以下)

 

②サブジェクト(②のみ 3着以下)、ノットアローン(①③ 合格)、ブラックシェル(②③ 2着・3着…ただし①クリアならずで3着以下)、ベンチャーナイン(②④ 2着・3着)、マイネルチャールズ(①④ 合格)

 

③オリエンタルロック(共通×○ 1800m○×○ 3着以下)、ショウナンアルバ(共通○○ 1800m○×○ 3着候補)、スマイルジャック(共通○○ 1800m○×○ 3着候補)、タケミカヅチ(共通○○ 1600m×○ 3着以下)、フサイチアソート(共通○○ 1800m○○= 合格)、フローテーション(共通○○ 1800m×○○ 3着候補)、レインボーペガサス(共通○○ 1800m○×○ 3着候補)、レッツゴーキリシマ(共通×○ 1600m×× 3着以下)

 

④アグネススターチ(○○○× 3着以下)、アドマイヤコマンド(○○○○ 合格)、アルカザン(×○○○ 3着以下)、ウイントリガー(○○○× 3着以下)、エーシンフォワード(○○○× 3着以下)、クリスタルウイング(○○○○ 合格…ただし①クリアならずで3着以下)、サクセスブロッケン(○○○○ 合格)、ダイワワイルドボア(○○○× 3着以下)、ディープスカイ(○○○○ 合格)、ファビラスボーイ(○○○○ 合格…ただし①クリアならずで3着以下)、ブラックシェル(○○○○ 合格…ただし①クリアならずで3着以下)、ベンチャーナイン(○○×○ 3着以下)、メイショウクオリア(○○○○ 合格)、モンテクリスエス(○○○○ 合格…ただし①クリアならずで3着以下)、レッツゴーキリシマ(××○○ 3着以下)、ロードアリエス(○×○○ 3着以下)

 

ああ、ややこしいことになってる(汗)

まとめるとこんな感じ。

 

合格

(ノットアローン)、マイネルチャールズ、(フサイチアソート)、アドマイヤコマンド、サクセスブロッケン、ディープスカイ、メイショウクオリア

 

3着?候補(ギリギリセーフ)

ショウナンアルバ、スマイルジャック、フローテーション、ベンチャーナイン、レインボーペガサス、クリスタルウイング、(ファビラスボーイ)、ブラックシェル、モンテクリスエス

 

想像通り④合格馬が増える結果に。合格馬5頭BOXで狙っていくのが理想ですね。もしくはマイネルチャールズから馬連・ワイド流し。私が好きそうな買い目です。何となくマイネルチャールズって2着・3着向きなんですよね・・・血統的にもラフィアン的にも・・・(岡田さんスマソ)。岡田さんの夢も興味あるわけですが。

それにしても合格馬が除外対象ってのは泣けますね。ノットアローンとフサイチアソートのことなんですが・・・。白百合Sは絶対に応援するからな(涙)。どっちもPOGでは持ってませんけども。POGといえばブラックシェルが出走なんですけども・・・3着でも嬉しいんだけど(汗)

 

3着?候補に関しては別に狙う気はないのですが、とりあえず合格だけど①で降格した馬達と地味に敗者復活で残ったという馬達なので連対はないと思います。①のデータクラッシュがあれば私は外れます、という分かりやすい部分ですね。

2008年5月26日 (月)

オークス回顧と来年に向けて

騎乗停止になった池添騎手は彼らしい積極策で冷や汗をかいた、といういつものパターンでした。私もこの組み合わせをもっていただけにかなり汗かきました(汗)。特に完全アウトレベルの内容をトールポピーの闘志と触れた馬・騎手が果敢な攻めがなければ降着止む無しの展開だったと思います。若駒だったからこその不安定な内容ですが、池添騎手はトールポピーを信頼して積極的に攻めれたのが原因じゃないでしょうかね。トールポピーが強くてよかったねぇ・・・という話です。

 

池添騎手に少し文句を言うならば、ブラックエンブレムが失速するという読みが甘かった事と、自身の積極策が裏目に出た時の副作用、そしてコース取りの甘さでしょうか。2つ目は冒頭に取り上げていますが。

1つ目と3つ目はブラックエンブレムがいて、エフティマイアなどが外から襲い掛かる位置で、ブラックエンブレムがバテて進路が狭くなるのを恐れてその内に進めたわけですが、ご覧の通り、ブラックエンブレムは最後まで踏ん張りきっていて2着になったエフティマイアはその踏ん張りのお陰でよい位置から追い上げられたと思っています。要するに我慢してあの位置をキープしていればもっと楽に勝てたのでは・・・という話です。強引に行きすぎて内に差し込んでしまったのが痛いところですね。どちらにせよ、最後エフティマイアに迫られたのも強引に内にいって無理させたことによるものだし、無茶をするとお釣りがなくなってしまうという池添騎手の悪い面がそのまま出た感じです。

 

最近のオークスは本当にラスト4Fの切れ味勝負という中距離適性・上がり勝負に強い馬が活躍するという傾向がそのまま出ましたね。人気していたリトルアマポーラはクイーンCの勝ちっぷりで期待されましたが、そこまで切れる脚を使うタイプではないし、スローでの流れに強い牝馬らしいタイプだと思いますしやっぱり秋の京都向きだと思います。エフティマイアの競馬っぷりはまさにこの傾向が生きた格好じゃないでしょうか。新潟2歳Sで見せた競馬を今出来たことが大きいでしょう。シャランジュはそれができなかったのが残念ですね。3着レジネッタは不利もありましたが、器用にこなしたあたり健闘といえますね。

 

今回の反省点としてはもう少し自分のデータを信じろよwということですね。MP馬の方は1番人気不発で堅い、とみた判断は失敗でしたが、上位馬の好走と穴馬MP馬の好走もあってと一応見せ場はありました。予想としては馬連BOXとワイドで的中できました。正直ワイドの買い目が多すぎてこれは無駄になるんじゃないか・・・と思っていましたが、予想以上に配当がついたので(エフティマイアのお陰で)何とか。レジネッタとの組み合わせは20倍ついてるので助かりました。個人的に連日馬連万馬券取れたのも嬉しかったのですが、降着スレスレの内容でひぃひぃ言わされるのは勘弁してほしいですね。カワカミプリンセスのエリ女降着で完璧だった予想が不発になった思い出があるだけに本当に勘弁してほしいものです。今回は当たったわけですけどね。

 

~ここから来年に向けての復習~

①GⅠ初出走組

  • 前走1~3着
  • 芝1800m以上のOP以上で1~3着
  • ↑のOPで上がり1~3位
  • 芝1800m以上のOP以外のレースで4着以下軽視

 

②GⅠ出走1回

~1600m~

  • 1600m未満2戦まで(連対経験あり)
  • OP以上で連対経験
  • 1600m2戦以上出走(連対経験あり)
  • 重賞好走経験
  • 重賞好走時5番人気以内

 

~1800m以上~

  • 1800m以上で連対率高い
  • 1800m以上で4角1、2番手で勝利
  • 1600m経験が少ないがOP以上で好走
  • オークス人気馬(オマケ)

 

③GⅠ出走2回以上

  • 出走回数7戦以下…2歳時3戦以上
  • 出走回数8戦以上…2歳時4戦以上
  • 阪神JFまたは桜花賞で0.9秒差以内
  • 芝1600m以上OP以上で連対(GⅠ以外)

 

④フローラS組

  • 桜花賞未出走馬(GⅠ未出走馬)
  • フローラS上がり上位で好走(1位・2位)
  • 差して好走(4角6番手以下)
  • (オマケ)昨年好走馬が出たら狙わないw

 

⑤スイートピーS組

  • スイートピーSで先行馬(4角5番手以内)連対
  • スイートピーS含む中距離OPで好走
  • 近走好走続いている馬に注目

 

今年は1着トールポピー、2着エフティマイア、ムードインディゴ、エアパスカル、シャランジュの5頭が最終的に残りました。3着以下を探るのもいいんですが、現状では馬連向きデータのまま扱う方がベタでいいかもしれません。1番人気、2番人気がデータクリアならず、というのも見れたことでもあるしよしとしましょうか。そろそろ当てたかったってのもあるんですが(汗)

2008年5月24日 (土)

GⅠ予想~優駿牝馬

中京8R高配当ゲットで嬉しいんですが、狙っていた内枠差し馬が惜しくも3着だけに悔しいんだか嬉しいんだか微妙なところです(汗)。小回りで変わってくれたニホンピロタルトに感謝。明日も500万下は行なわれるのですが、肝心の差し馬の条件が合わず(ダートで後方からの競馬した馬ならいるんですが・・・)今回も不発になりました。堅いと思ってた6Rと11Rがまさかの大波乱に終わっただけに微妙に8Rの的中が偶然っぽいのも困ったものですが(汗)。小倉以来、久々の高配当ですね。第1回中京時は全くいい配当取れなかったものでほっとしました。土方本は微妙に関係なさそうな予想になってますけどね・・・w

 

GⅠ恒例、MP馬のお話。

1番人気は単勝と同じくリトルアマポーラ。2~5番手はレッドアゲート、ソーマジック、トールポピー、ブラックエンブレム。6~10番手はムードインディゴ、アロマキャンドル、マイネレーツェル、レジネッタ、オディール。穴馬MP馬はマイネレーツェル、オディール、エフティマイアです。

2番手と3番手の合計MPが40.0未満だったので信頼できる1番人気という評価。そして穴馬MP馬3頭のMP平均と全馬平均の差をみると-0.5ということで今回も11番手以降の馬達が頑張るという波乱の展開はない、という判断ですね。リトルアマポーラに3着内好走の信頼という感じです。なので穴馬MP馬エフティマイアは3着まで、という評価になってます。

MP馬ではシャランジュ、ハートオブクィーン、エフティマイア、ライムキャンディ、ジョイフルスマイル、スペルバインド、カレイジャスミン、エアパスカルの連対はない、という評価です。ひとまず馬連ならMP馬上位10頭で決まるという堅い感じになっています(土曜日、朝11時現在のオッズでの判断)。つまり波乱はない(3着わからないけど)という具合です

 

では予想です

☆リトルアマポーラ

△トールポピー

△ムードインディゴ

△ソーマジック

×エフティマイア

注シャランジュ・レジネッタ

注マイネレーツェル・スペルバインド

注エアパスカル・ブラックエンブレム

 

☆リトルアマポーラ

今回に関しては☆は◎というわけではなく、MP馬1番人気の信頼度を買って1~3着は堅い、という意味での☆です。データでクリアできなかったというのもあって3着には来てくれるだろうとは思っているので▲にしてもよかったのですが絶対的に信頼できる3着候補ってのは聞こえが悪いだけに取りこぼしの多い強い馬、という認識がぴったりじゃないでしょうか。私は秋華賞に期待した馬なので。それに桜花賞最速馬ですからね。今回は2、3着でもいいとおもってます。桜花賞の敗戦のわりに人気落とさなかったのは意外っちゃあ意外でした。

 

△トールポピー

2歳女王の復活、ですが。ニシノフラワーのエリ女3着、スティンガーの秋天4着、ヤマカツスズランとヤマニンシュクルの秋華賞2着(ウオッカはちと意味合いが違うのでパス)。オークスで復活した試しがないんですね。しかも桜花賞完敗だった例は流石に。ということで傾向をみれば迷うけれど何事もなくデータクリアしてくれたのは嬉しいですね(POG持ち馬的な意味で)。桜花賞の流れ自体が異質な流れになっただけにあんまり気にすることはないかなとは思うので、メンバーが特に変わらなかっただけに巻き返しあってもおかしくないと思っています。

 

△ムードインディゴ

こちらもあっさりデータクリア馬。MPでも6番手支持と圏内にいます。評価されているのは『忘れな草賞組』という過去の痛い思い出からくる警戒心ありきのおさえ扱いだと思いますが・・・。あと姉チャペルコンサートというのも。地味に扱われつつも持続系の特質を活かせば一級路線(今年は混戦だし台頭するのは簡単な方)でもやりあえるんじゃないかと。カラ馬利用したうまいレース振りもあって過大も過小もイマイチ偏った評価されてない馬なのでこれは普通に買っておいて損はないはず・・・です。

 

△ソーマジック

こちらもデータクリアならず。地味に空振りというわけでもないのですけども。意味合いは全く違いますがキストゥヘヴンに似た立場です。ただしアネモネSの内容を見れば本当に強かったと思えるんだけれど、この馬がまともに競馬したのは前走の桜花賞が初めてではないでしょうか。アネモネSはシャランジュに捉えられるのを覚悟で動いて凌いだあたりを評価されて桜花賞では人気していましたが、今回も堅実に走るという意味で軽視する材料が意外に少ないのでデータ面を改良してくれる馬(レース後、条件を改定してくれる)と観ています。もしそうなると面倒な事になりますが(汗)

芝1600m未満でみれば合格面は多いし、前走の人気も最終的に5番人気(ずっと4番人気で推移)というだけで軽視するのも可哀相なので、多分データを更新してくれると期待して直す用意をしてレース挑みたいと思います。

 

×エフティマイア

桜花賞2着を評価したというわけでなく、データで残ったので。母父ニホンピロウイナーだから消し、というよりはデータで残ってるから買うんだ!という桜花賞上位馬で唯一データ残った馬というのもあるので。データで残らなかった馬達を△にしてるのにこの馬が×なのか、というのは要するに反動が怖いんですね。桜花賞一本で仕上げた節もあるし、鹿戸雄調教師の後日談を聞けば桜花賞へ向けての仕上げ方でじっくり~という話聞けば聞くほどお釣りが残っているのか微妙でして。体重面もギリだろうし。

要は主観で切るのができず×ってことです(汗)

 

注シャランジュ・レジネッタ

桜花賞でお世話になり損ねた2頭。シャランジュは不発、レジネッタは買い目に居たが主軸にできなかった穴馬候補。今回もシャランジュはデータで残ってくれましたし、レジネッタは予想通り?低評価なのでこれならワイドで狙っても面白いなと。安直な雨降って持続系が集まる、という展開時の保険です。3着ならありえると思うのですけど。

注エアパスカル・ブラックエンブレム

正直難しい2頭です。エアパスカルは桜花賞逃げて捉えられた馬。こういうタイプの巻き返しは見覚えがないことと、地味にデータクリアしてるけどチューリップ賞の5番人気が評価されてるのかされてないのかイマイチ分かりにくい(これはソーマジックと同じ話ですね)。ブラックエンブレムは何といっても桜花賞の調整ですね。繊細な牝馬の立て直しは難しく、稽古動かせれば何とかなるというわけでもなく、メンタル面が原因で復帰できずに引退していった馬や、良さが出ないまま終わる馬もいます。で、オークス前にびしっと追ってきましたが、これがよいほうに出るのか、案の定立て直しに失敗してしまうのか、現状では何とも言えません。こちらも3着なら

 

注マイネレーツェル・スペルバインド

強いだろうけど、あと一歩足りない材料そろえてる馬達。マイネレーツェルはマイル以上で連対なし。スペルバインドは連戦で体重が心配(確実に470kg切る可能性大)。マイネレーツェルは消耗戦得意なだけに距離自体が心配なんですが、持続系の流れに持ち込んでくれるのなら最後だけす~と競馬して気が付けば入着圏内というのもある。特に牝馬特有の流れなら。スペルバインドは元が強いだけに体重減ってもという感じはします。いずれにせよ3着まで来てくれたら御の字でしょう。

 

~買い目~

馬連

☆△△△×BOX

 

3連複フォーメーション

1頭目:☆

2頭目:△△△×

3頭目:△△△×注

 

ワイド・フォーメーション

1頭目:☆△△△

2頭目:☆×注

 

3連複は完全にMP馬の信頼度を信じての馬券ですが、普通に1番人気から流す馬券なので何の捻りもありません(汗)。MPの方の『堅い』ですが、1~5番目の馬達が連対してくれるという意味合いです。今回では2番目だったレッドアゲートを私はデータから軽視しているので買っていませんが、レッドアゲートが好走したら私涙目ですね。それとレッドアゲートの評価があまりにも高いのもあって(フローラSはMP馬でも3番目とちゃんと評価されてますけども)ちょっと警戒しているのもあります。強いっちゃつよいんだけどオークスでその強さが発揮できるかと言うと?ですね。

データでもフローラS隔年好走の法則もあるし(汗)切れる上がりを武器にしない馬の好走がないだけに、買う気になれないのもあります。

優駿牝馬のお話~その2+中京芝1200m

私の体調的な都合でオススメ軸馬はお休みです。

その代わりに中京開幕週ということで1200m予想。

8Rは色々楽しみですが11R堅そうですねぇ。

~オークスのお話~その2

枠順発表もされたので今回は前回採用しなかったネタを取上げてみます。それにしても今年も雨が降るオークスになる模様・・・持続血統が得しそうな舞台になりそうです。桜花賞もこの傾向なんですが・・・エイシンテンダーみたく最後まで踏ん張って楽しませてくれるかもしれませんね(エイシンテンダーは4着でしたが)。

  

~フローラS~

近年活躍しているフローラS組。今年もレッドアゲートがデータで残りました。昨年もフローラS勝ち馬ベッラレイアが僅差の2着まで追い詰めました。フローラS組が活躍し出したのはオークスの日程が元の時期に戻った00年以降です。96~99年まで高松宮記念(当時は高松宮杯)が中京開幕週に行なわれた為、オークスが1週遅れて行なわれていました。高松宮記念が3月に移動したことでまた元に戻った際にオークスTRである現フローラS・スイートピーSの日程が変更されました。それが00年です。00年こそ4着(レディミューズ)でしたが、01年1着レディパステルと2着ローズバドがフローラS組として桜花賞馬テイエムオーシャンを破りました。

・・・その後も好走馬を出しましたが何故か隔年ごとしか好走馬が出ません。00年×→01年(1着・2着)→02年×→03年(3着)→04年×→05年(3着)→06年×→07年(2着)という風に。今年は不発の年なわけですが(汗)不発だった年の着順を見てみると00年1/2馬身差4着、02年クビ差4着、04年着外、06年着外という感じで惜しいんだか不発なんだか、という傾向です。レッドアゲートにとっては困った傾向です。

好走した馬達の共通点

  • 桜花賞未出走馬(GⅠ未出走馬)
  • フローラS上がり上位で好走(1位・2位)
  • 差して好走(4角6番手以下)

1番上のヤツは4着レディミューズだけ違いますが、好走馬は皆GⅠ初出走馬です。2番目はご覧の通り。そして好走した馬達は差して好走。これが共通点です。フローラS好走馬をこの3つの条件で観てみると・・・。

マニックサンデー(未出走○ 上がり× 差し×)、カリスマサンオペラ(未出走○ 上がり× 差し×)、フサイチユーキャン(未出走○ 上がり○ 差し○)、オイワケヒカリ(未出走○ 上がり× 差し×)、ニシノハナグルマ(未出走○ 上がり○ 差し○)、マイネミモーゼ(未出走○ 上がり× 差し×)、ブリガドーン(未出走○ 上がり× 差し×)、タイムウィルテル(未出走○ 上がり× 差し○)、センターアンジェロ(未出走× 上がり○ 差し○)、メイショウオスカル(未出走○ 上がり× 差し×)、グローリアスデイズ(未出走○ 上がり× 差し×)、レースパイロット(未出走○ 上がり× 差し×)、アスピリンスノー(未出走○ 上がり× 差し×)、ヤマトマリオン(未出走○ 上がり× 差し○)、ブロンコーネ(未出走○ 上がり× 差し×)、アクロスザヘイブン(未出走○ 上がり× 差し×)、ミンティエアー(未出走○ 上がり○ 差し○)

合格してたのはフサイチユーキャン、ニシノハナグルマ、ミンティエアーの3頭もいましたが、ニシノハナグルマは前回①でも合格していますが500万下で敗れている減点馬。フサイチユーキャンは駄目でしたがミンティエアーは僅差の4着ですし、まぁよしとしましょうか。

レッドアゲート(未出走○ 上がり× 差し×)、カレイジャスミン(未出走× 上がり× 差し×)ということで今年のフローラS組は軽視で良さそうです。隔年好走ジンクスもあるが前回のデータ合格馬・・・う~む(笑)

 

~スイートピーS~

カワカミプリンセス、ラブカーナと2年連続で好走馬輩出の路線。昔はジンクスレベルで好走はないとされてきた路線ですが、こうなると気になってしまいますね。(今年もアロマキャンドル、ライムキャンディ、スペルバインドが出走)

00年以降の成績では00年着外、01年着外、02年着外、03年着外、04年着外、05年5着、06年1着、07年3着。つまりこの3年ぐらいから目立ってきたという事になるわけですがこの3年のスイートピーSを観てみると・・・。

05年先行馬踏ん張れず差し馬が独占(先行馬3着)。06年先行馬が粘る中一気にカワカミプリンセスが差しきり勝ち(先行馬2着・3着)。07年先行馬が踏ん張り勝ち(先行馬1・2着)。この場合の先行馬ってのは4角5番手以内で取上げています。とりあえず先行馬が粘るスイートピーSの方がよろしいようです。ブリトンの大健闘も忘れな草賞2着の貫禄あってのものとも取れますし。ちなみにラブカーナも忘れな草賞2着です。

このブリトンはカワカミプリンセスが2勝目を上げた君子蘭賞を勝ち、ラブカーナと同じローテである忘れな草賞→スイートピーSってのが面白い点です。3頭とも初の中距離OP戦で結果残しているあたりが面白い。OP実績と中距離ってのがこの路線のミソかも。とりあえず先行馬の踏ん張るスイートピーSの時は警戒した方がいいですね。カワカミプリンセスは未出走でしたが、芝2000m以上の実績や近走安定度を買えば・・・どちらにせよデータで合格してる馬でないと辛いですが。

今年のスイートピーSは差し馬のワンツーなので軽視の傾向。アロマキャンドルはデータクリアならず、芝2000m未出走。スペルバインドはデータクリアなるも減点持ち、芝2000m以上1勝・3着。ライムキャンディはデータクリアならず、芝2000m未出走。とりあえずスペルバインドは穴3着狙いで遊べるもあとの2頭は辛そうです。スペルバインドはチューリップ賞4着馬なので下手すると穴人気しそうですね。ブリトンレベルの好走なるか?

 

データで残っていたレッドアゲート、スペルバインドが3着以下に後退。残り5頭から◎を決める事になるわけですが・・・難しいですねw

 

~ここから中京芝1200m~

第1回中京では不発だった開幕週の内枠狙い(差し馬)。土曜日に500万下が2鞍あるわけですが6Rには肝心の差し馬がマルシゲヨカニセただ1頭。ただしこの馬はダートで後方にいた馬なのでちと微妙。ということで開幕週の内枠狙い(差し馬)は8Rで狙おうと思います。

中京8R

4番チキリランバダが該当。ハイペース巧者だけに開幕週の馬場は向いてるんですがあとは雨ですね。お相手は人気のレンデフルール(道悪も得意)、キルシュブリューテの2頭が抜けているでしょう。ブラックティー、アロープラネット、ワンダーフルーツが続くという感じ。チキリランバダは本来ワンダーフルーツと並ぶ位置の馬ですね。あと穴でベターデイズ、ニホンピロタルトの2頭。この2頭は小回りの方が得意だと思うので(ニホンピロの方は正直まだ分からんけど)。

4番→3・6・11・12・13・14・15番へ(馬連)

押さえで6・14番→3・11・12・13・15番へ(馬連)

 

中京11R

差し馬有利に流れ、外枠に偏る傾向がある上級条件。人気のアーバンストリート、カノヤザクラあたりは差し馬なので該当。あとは前走控えたステキシンスケクンも差しに属してしまうので該当。アルーリングボイス、スピニングノアール、キョウワロアリングあたりまで皆差し馬。こうなるとガチガチ決着しかイメージ沸かないんですが。先行馬ではエムオーウイナー、ニシノプライドといった人気馬もいますが、今回は相手筆頭扱いが妥当でしょう。

ステキシンスケクン、アルーリングボイス、スピニングノアール(2・11・12番)を軸に馬連フォーメーションで2・3・6・8・9・11・12・16番へ。堅い組み合わせなのであんまりつきませんが、アルーリングボイスが頑張ってくれるならちょっと面白いと思います。

 

ついでに中京6R。

シルクストレングスとマイネルコルベットが中心。人気の内枠先行勢のノーブルマン、メイショウヨリトモといった人気馬同士の決着が予想されます。ということで今回は回避しましたが、シルクとマイネルの2頭から買いたいと思ってます。

2008年5月22日 (木)

調子悪いです

最近、首の調子が悪くて困ってます。オマケに頭痛、肩甲骨のあたりが痛い・・・。お陰で調子が悪くて困ります。しかもウチのノートPCも5、6年使ってきてそろそろお疲れモードだし・・・。困ったものです。

 

腰の調子がとかはカイロプラクティックの関係で予想通りなんですが、そっちの効果で首の調子も悪くて移動手段に困るんですね。首の調子悪いと気分が悪くなる率が高まるので電車で立っていられない、週末馬券に買いに行く時も体調を考慮しつつ馬券買わねばならないので集中力が途切れるというギャンブルやってる上で恐ろしいことに繋がったりと困ります(先日も京都11R12番スリープレスナイト流しの馬単買ったつもりが最終レースの12番買ってたし・・・慌てて買いなおしましたけどね。ちなみに最終レースの12番は2着でした)

 

まともにテレビすら見れない事も続いてたりしまして困ってます。データ調査もいい加減になりそうなので困ってるわけです。今週は『オススメ軸馬』の方は休ませて貰おうと思います。グダグダですいません。その代りに中京芝1200m開幕!ということで500万下の方はちょっと取上げたいと思います。土日3鞍、土曜日メーンにテレビ愛知OPあるので芝1200mで盛り上がりたいですね・・・って体力もつか心配ですが。。。

 

こんなわけでウイニングポスト7の方も相変わらず進んでません。他の方のプレイ動画(アイマスのやつとか凱旋門賞目指すやつとか)見てはあの配合でやってみようかぁとか考えつつも体力もたんで検証できないのが苦痛ですね。はぅぅぅぅ。暫くこんなグダグダな状態が続くと思います。申し訳ない

2008年5月21日 (水)

優駿牝馬のお話

今週から関西競馬ファンにとっては苦痛?の中京開催が始まります。別に競馬を楽しむという点では苦痛でも何でもないんですが、問題はドリーム競馬が中京版になるのが問題でして・・・どうも関西の方(というか私もですが)にはウケがよろしくない。理由は・・・まぁ・・・その・・・。かといってNHKで見るとグダグダな実況を聞かねばならず、・゚・(ノД`)・゚・。しかないんですが。いずれにせよ競馬場で見るのが一番いい時期ですね、私には。

 

今回は優駿牝馬オークスのお話。

例によってデータのお話です。

 

①GⅠ初出走組

毎年活躍する初出走組。昨年は桜花賞馬が離脱もあってベッラレイアとラブカーナの好走がありました。兎に角この組の傾向は「中距離実績」があるという分かりやすい点にあります。なのでどうしても穴人気しがち。遅れてきた大物、というよりは2400mという距離を克服するべく中距離実績って大事だなという過去の傾向から人気するわけですけども・・・特に忘れな草賞出走馬とか(昨年ではラブカーナが2着)。

  • 前走1~3着
  • 芝1800m以上のOP以上で1~3着
  • ↑のOPで上がり1~3位

気になる点では芝1800m以上のレースで、OP以外のレース(未勝利戦、500万下)で4着以下に敗れていた馬は最高3着という点でしょうか。02年3着ユウキャラット(梅花賞8着)、03年3着シンコールビー(500万下7着)、07年3着ラブカーナ(未勝利戦6着、あざみ賞7着)。できるだけこういったムラ駆け傾向のある馬は信用しない。ですが軽視は禁物。大穴にもなりますからね。

 

②GⅠ出走1回

桜花賞でGⅠ初出走、とか桜花賞に賞金足りなかったが阪神JF出走していた、とかそういうタイプ。大抵桜花賞出走馬です。主な共通項としては「4~6戦出走」「重賞出走3戦以内」という感じですが、一応の共通なのでこれで絞る気はないですし、大抵該当します。一応注意としては出走数過多の馬はよろしくない、ということですね。まずは出走最長距離で分けます。

 

~1600m~

  • 1600m未満2戦まで(連対経験あり)
  • OP以上で連対経験
  • 1600m2戦以上出走(連対経験あり)
  • 重賞好走経験
  • 重賞好走時5番人気以内

1つ目は未だに1600m未満で好走ない馬が好走していません。それと3戦以上出走していた馬で好走はなしです。OP以上で連対経験は必須ですね。特に1600mで。そしてマイル好走経験があり、重賞好走経験ももっていてその時人気している(一応4番人気まで)、という優等生。当然ながら滅多に出てこないので出てきたら要チェックというところでしょうか。大抵桜花賞馬がここに選ばれる事が多いです。今年は違うけど。

 

~1800m以上~

  • 1800m以上で連対率高い
  • 1800m以上で4角1、2番手で勝利
  • 1600m経験が少ないがOP以上で好走
  • オークス人気馬(オマケ)

連対率に関しては連対した馬達は100%、3着オリーブクラウンは40%という分かりやすい差ができています(何だかNHKマイルCのブラックシェルを思い出しますね)。そして中距離で逃げ切り、2番手から押し切り勝利を挙げていること。そしてマイル経験3戦未満と少ないのに重賞で好走(これまたオリーブクラウンだけ経験がない)。そしてオークス人気(オリーブクラウン以外はオークスで人気)。オリーブクラウンのような穴馬の激走は3着が限界なのかはわかりませんが・・・。兎も角見事な人気馬ならではですね。なので該当しないなら3着以下という判断が的確かと。

ちなみに不発ではダンスインザムード、アドマイヤキッス、キストゥヘヴンなんてのもここ該当。ダンスインザムードとアドマイヤキッスはマイル3戦、キストゥヘヴンは中距離での先行勝ちなし。マイル経験や先行経験は大事ですね。

 

③GⅠ出走2回以上

2歳時からバリバリ走っていた馬がここに入りやすいです。その為、出走経験も6戦以上という馬ばかり。今年だと桜花賞馬レジネッタが該当する事になります。

  • 出走回数7戦以下…2歳時3戦以上
  • 出走回数8戦以上…2歳時4戦以上
  • 阪神JFまたは桜花賞で0.9秒差以内
  • 芝1600m以上OP以上で連対(GⅠ以外)

とりあえずGⅠで2戦以上1.0秒差以上の大敗しまくってる馬は駄目ってことですね。皆GⅠ以外でもちゃんと好走してる馬達。ちゃんと評価されることが大事なんだと思います。

 

~恒例の今年の登録馬~

①シングライクバード(前走× 中距離OP○ 上がり○…3着以下)、ジョイフルスマイル(前走× 中距離OP× 上がり=…3着以下)、スペルバインド(前走○ 中距離OP○ 上がり○…合格 注:中距離500万下で4着あり)、テイクバイストーム(前走× 中距離OP× 上がり=…3着以下)、ムードインディゴ(前走○ 中距離OP○ 上がり○…合格)、メイショウベルーガ(前走○ 中距離OP× 上がり=…3着以下)、メイショウヤワラ(前走○ 中距離OP× 上がり=…3着以下)、ユキチャン(前走× 中距離OP× 上がり=…3着以下)、ライムキャンディ(前走× 中距離OP× 上がり=…3着以下)、レッドアゲート(前走○ 中距離OP○ 上がり○…合格)

 

②アロマキャンドル(連対率× 逃げ経験× 1600m回数× OP以上で好走○…3着以下)、エアパスカル(1600未満○ OP以上○ マイル○ 重賞好走○ 人気△…一応合格)、カレイジャスミン(連対率× 逃げ経験○ 1600m回数× OP以上で好走○…3着以下)、ソーマジック(1600未満× OP以上○ マイル○ 重賞好走○ 人気△…3着以下)、ブラックエンブレム(連対率× 逃げ経験○ 1600m回数× OP以上で好走×…3着以下)、マイネレーツェル(1600未満× OP以上○ マイル× 重賞好走○ 人気○…3着以下)、リトルアマポーラ(連対率× 逃げ経験× 1600m回数× OP以上で好走○…3着以下)

 

③エフティマイア(出走回数○ GⅠ着差○ OP連対○…合格)、オディール(出走回数○ GⅠ着差○ OP連対×…3着以下)、シャランジュ(出走回数○ GⅠ着差○ OP連対○…合格)、トールポピー(出走回数○ GⅠ着差○ OP連対○…合格)、ハートオブクィーン(出走回数○ GⅠ着差○ OP連対×…3着以下)、レジネッタ(出走回数○ GⅠ着差○ OP連対×…3着以下)

 

合格馬

スペルバインド(やや減点持ち)、ムードインディゴ、レッドアゲート、エアパスカル(やや減点持ち)、エフティマイア、シャランジュ、トールポピーの7頭。ムーンインディゴとレッドアゲートが無難に該当してくれて助かりました。

 

この7頭で決まるといいですねぇ。

2008年5月18日 (日)

今日の結果(5/18)

エイジアンウインズに見事にやられました。それにしてもMP馬の方は優秀ですねぇ・・・ウオッカ信頼できる、堅いまでちゃんといい当てるし。私は相変わらずな外しっぷりだし。データというデータもなかったとはいえ見事に全て看破される(①②③ともエイジアンウインズ該当なし)という笑えない結果でしたが僅か2年の傾向で読み解く自体が間違ってるってことなので分かりやすい負け方でした。本当にMPの方は面白い展開ですね。もう少し検討材料として扱おうかなぁ(笑)

 

オススメ軸馬(5/18)・結果

東京7R10番(1着 1.1倍)

京都3R2番(3着 2.5倍)

京都4R2番(1着 1.9倍)

京都6R8番(1着 1.1倍)

京都11R12番(1着 1.2倍)

京都12R11番(3着 2.0倍)

合計(計29日間)

60000円→配当53100円(回収率88%)

 

地味な話で恐縮ですが、ハズレなしで回収率一応回復。穴ワイド・・・厳密には穴じゃないんですが、6Rの方も一応的中(ガミでしたが)。そして栗東S。スリープレスナイトが実績・コンピ指数連対率100%通りに頑張ってくれて2着にブルーメンブラッドの兄貴ジョイフルハートが入って馬単的中。残念ながら3着テイエムアクション拾えませんでしたが、意外に配当ついたのでよしとしましょうか・・・。今後もこの調子でいきましょう。あとトラックバックつけてくださった方どうもです。不発でしたねぇ・・・トーセンザオー。

 

ヴィクトリアマイルの方のデータはまた探す事にしましょう。ウオッカもよく頑張ってくれました。エイジアンウインズも強い競馬でGⅠ制覇。藤原調教師初GⅠ制覇おめでとうございます。ブルーメンブラッドも惜しかった・・・。ニシノマナムスメは疲れもあるのかな。回顧するほどデータもないので今回は反省会はなし。とりあえずMP馬の判断は2戦連続いい見方できてますね。エイジアンウインズの急浮上ぶりを判断間違った感じは今後の課題ですね

GⅠ予想~ヴィクトリアマイル

今回MPの方は単勝1番人気のウオッカが当然ながら1番人気。2番手と3番手の合計が40.0未満だったので信頼できる1番人気という評価。そして穴馬MP馬3頭のMP平均と全馬平均の差をみると-0.7ということでMP馬11番手以降の台頭はないと出ました(つまり1~10番手で決まる)。2番手~5番手はニシノマナムスメ、エイジアンウインズ、ベッラレイア、テンイムホウ。穴馬MP馬はトウカイオスカー、ピンクカメオ、ヤマニンメルベイユ。ただしヤマニンメルベイユはMP馬11番目なので×です。6~10番手まではブルーメンブラット、トウカイオスカー、ローブデコルテ、ジョリーダンス、ピンクカメオ。

今回はウオッカが抜け出した人気。2~4番手の馬達に人気が集まるもばらけたことで本来だと下位のテンイムホウが上位に。ただしテンイムホウのコンピ指数は17位なので急浮上馬に該当する為、上位ですが軽視するということになりますね。あとコンピ指数7位、MP馬3位のエイジアンウインズも急浮上に該当する点が気になります。1番人気が信頼できて、人気薄による決着がない、ということで堅いという予想になってます。前回NHKマイルC同様堅いという判断ですね。

 

ということで予想です

◎ウオッカ

○ブルーメンブラット

△ローブデコルテ

△ニシノマナムスメ

×ベッラレイア

×ジョリーダンス

×トウカイオスカー

  

◎ウオッカ

典型的な瞬発力勝負得意なマイラーという成績に落ち着いたこともあり、「もう終わった」と評価されたりとあっさりな視点が増えてきましたが、牝馬のジャッジほど難しいものはなく、あっさり復活するのも牝馬です。そして立ち直すことの難しさを痛感するのも牝馬ならではだったりもするのですが・・・。で、私の判断ですがドバイDFの内容をみて「流石ダービー馬だなぁ」と関心しました。典型的な前残りのよーいドン。昨年持続力勝負になると辛いという評価をしてただけに典型的な持続力勝負の舞台では苦戦するだろうなぁと思ってたら最後まで踏ん張って4着。敗れはしましたが、JCの4着とは対照的に「やっぱり強いわ」と感じました。

果敢に攻める競馬もやれた、ってのも好印象ですが持続力勝負の舞台で踏ん張れたのがよかった。桜花賞、秋華賞で伸び切れなかったのも持続力勝負では荷が重いから。瞬発力勝負となったダービーではスピードで圧倒し牡馬を破っただけにスピード勝負に強いが、持続力に欠けるというのが気になっていただけにドバイでみせてくれた踏ん張り、見せ場ってのはそのまま評価してよいと思います。

ただし、海外遠征後緒戦となるだけに中間調整がやや気になるのは確かです。牝馬の海外遠征ですからね。第1回覇者ダンスインザムードのようにこれでもかという強い競馬をして復活してくれると嬉しいですね。それだけダンスインザムードは凄い馬だったわけですが・・・。続いてほしいものです。

要するに持続力勝負でもへこたれなくなった点と圧倒的なスピード、瞬発力を評価すればあっさりと結果出してくれないと困るというわけです。一応MP馬1番人気は信頼できる、という評価もありますからね。復活期待です。

 

○ブルーメンブラット

データの後押し、個人的期待で○(笑)。阪神牝馬Sでエイジアンウインズにしてやられたッという流れで最後猛追してきた脚は鬼脚そのものでした。思えば阪神C3着でも強かったし下手するとマイル適性よりスプリント適性の方が高いかもしれませんが(スズカフェニックスみたいに1200-1400で結果残すタイプ)。転厩してから着実に結果を残し、強い内容を見せるもあと少し足りない感は確かにマイルでの不安は感じますが。。。瞬発力勝負に強いだけに期待しています。

 

△ローブデコルテ・ニシノマナムスメ

持続向きのローブデコルテとニシノマナムスメ。瞬発力という点ではやや不安点もありますが、地力勝負に強い点が魅力。それに牡馬に挑んで結果出してくれているのもよい。ニシノマナムスメにしても遅れてきた素質馬ですし、ローブデコルテにしてもオークス馬の復活の舞台としては持続力を活かす流れになれば・・・と。瞬発力の面で評価落としている感じです。

 

×ベッラレイア・ジョリーダンス・トウカイオスカー

ベッラレイアは秋華賞以来と言う点とやや持続向きという面(知らない間に馬主変わってますね…)、ジョリーダンスは瞬発力勝負に強いけど持続向きになると詰めが甘い点、トウカイオスカーは実績面(そしてデータ)でやや難あるという3番手以下グループ。強烈な武器をもっているようにみせて見事なくらい脆いというのも共通点。なので紐に最適。

 

~買い目~

◎ウオッカ→○△×へ(馬単1着固定・馬連)

○ブルーメンブラット→△×へ(馬連・ワイド)

 

ウオッカは完勝するか捉えきれず入着、という極端な結果になるんじゃないでしょうかね。向くときはあっさりと抜け出すでしょうし。私はあっさり勝つ方を期待します。そうでないと面白味がないですし、負けていては問題ありますし。

2008年5月17日 (土)

土曜日の結果(5/17)とオススメ軸馬(5/18)&栗東S

調子いいんだか、悪いんだか。

穴ワイドというか穴じゃないけど一応的中続いてますね。特に今日は2倍以上つく馬達が頑張ってくれたので助かった感じはしますが・・・。それにしても今日は荒れっぱなしですね。どこか堅いんだか(汗)。堅かったの穴ワイド狙ったレースってのがちょっと困る。まぁ来たんですけどね。

 

オススメ軸馬(5/17)

東京1R7番(1着 2.8倍)

東京6R7番(ハズレ)

東京6R10番(1着 2.2倍)

東京8R15番(ハズレ)

東京10R8番(1着 1.5倍)

京都3R6番(1着 1.1倍)

京都7R1番(2着 1.3倍)

京都9R7番(3着 1.1倍)

合計(計28日間)

57000円→配当48200円(回収率84%)

 

オススメ軸馬(5/18)

東京7R10番

京都3R2番

京都4R2番

京都6R8番

京都11R12番*指数90

京都12R11番

 

東京7Rのマルブツフジは1000万下クラスで通用した馬なだけにこの馬は人気しちゃうでしょう。京都3Rはテイエムオースオーもオススメ軸馬該当ではあるんですが、ナリタスカーレットの方が指数の連対率が60%以上なのに対し、指数1位馬の方が40%ということで本来2頭該当レースなんですが配当面でも有益なナリタスカーレットを選んでいます。プライヴェートでは2-4軸で3連複買うつもりです。4Rはランドベストの障害2戦目で変わり身に期待ってとこですかね。指数の連対率は優秀なので。6R前走圧勝のアドマイヤスワットが人気しまくると思うので穴ワイドで期待。そして11Rスリープレスナイトが断然。D1200m連対率100%という圧倒的な安定感と指数90の連対率100%という人気するのは当然という実績・コンピ指数的に無敵を誇るだけにここは頑張ってもらう事にしましょう。ちなみに先行馬なのでこの馬軸でいいと思います。最後の12Rトーセンマエストロ。前走早めに動いて自滅の格好で人気落としてると思うので(元々そこまで人気しないが)差し届くといいなという最終レース向きな馬ですね。D1400mの方がやりやすいと思うし。

 

~穴ワイド~

京都6Rアドマイヤスワットから。明日はクロフネ産駒がダート戦で人気する想定なんですが、スリープレスナイト級に続けとばかりに前走圧勝もあって人気集中すると思います。少頭数だけに展開掌握してあっさり力出し切るという感じで。・・・こうなると人気勢の取りこぼしを穴馬が・・・という格好もあるので8番→2・5・6・10番へ。3連複8番→1・3番→2・5・6・10番へ。イイデシンゲン、ツルガオカランナーがどれだけついていけるかという問題ですね。アドマイヤスワットがあっさり他馬を置いてきぼりにするようなら人気馬で決まるってのもあるんですが、イイデとツルガオカが無理して挑むようならチャンスあるなと。

 

~栗東S~

一応こっち見てからの方が分かりやすいので。

ということでオススメ軸馬でもスリープレスナイトが断然、ということで抜けてる人気・実績ってのは分かるかと。前走先行馬でもあるし、上級条件での中心は先行組だというのもあってこの馬が軸になるのは明らかですね。

ということでコンピ指数で9位以下の前走先行勢なのは2番ヤマカツブライアン、3番ビッグジェム、6番ハギノトリオンフォ、8番マイネルアルビオン、13番ヴァンクルタテヤマ、15番ニシノシタンの6頭。まず人気面で合格しないと思われるのでこの6頭は軽視。残った先行勢は4番ジョイフルハート、7番クィーンオブキネマ、10番サイボーグ、そして12番スリープレスナイトの4頭。クィーンオブキネマはスリープレスナイト断然人気になるのであとは混戦というオッズになるので様子見で残してあります。本来はジョイフルハート、サイボーグ、スリープレスナイトの3頭だけでしょうけど。

 

続いて差し馬の条件該当馬は1番トーセンザオー(前3走で上がり3位、前走の上がり6位だけど芝レース、最内枠)、9番スリーアベニュー(前々走で上がり1位、前走上がり4位、上がり37秒以内○)、11番タータンフィールズ(前々走で上がり1位、前走上がり6位以下×、上がり37秒以内○)、16番ワールドハンター(前走上がり3位、上がり37秒以内○)の4頭が一応合格。タータンフィールズ以外は普通に合格している感じです。そしてお約束の最内枠のトーセンザオーは人気薄エリア。タータンフィールズも同じく。

 

ということで12番スリープレスナイトから。相手は先行馬の4番ジョイフルハート、7番クィーンオブキネマ、10番サイボーグ。差し馬の1番トーセンザオー、9番スリーアベニュー、11番タータンフィールズ、16番ワールドハンター。

ジョイフルハート、サイボーグ、スリーアベニュー、ワールドハンターが人気勢。クィーンオブキネマ、トーセンザオー、タータンフィールズはあくまで候補。(クィーンオブキネマは6番人気以下なら軽視。確実にそうなると思うが)

 

買い方とすればスリープレスナイトを1着固定、2着固定で流すというシンプルなものです。クィーンオブキネマが軽視になるなら6頭に流すことになるし、スリープレスナイト2着固定の時は1番・11番を1着候補にいれることもない。3連単1着固定流しなら30点。3連単2着固定時は面倒だけどフォーメーションで買うことになる(1・11番を書き込まないため)のがネックですけども。3連複なら15点ですし、トーセンザオー、タータンフィールズが2着・3着に来てくれるなら配当は楽しめそうです。

穴ワイド狙い的な視点だと12番→トーセンザオー、タータンフィールズのワイドってことになりますかね。とりあえず人気馬がお相手になるのは確実なのでワイド的視点がミソってことになりますね。どちらにせよ3連単29.9倍を切る集中的な人気になると思うので穴党はスリープレスナイトが2着になってくれるのを祈るレースになるかもしれません(笑)。真の穴党は飛んでくれるのを期待してるんでしょうが・・・。コンピ指数からみた視点、土方本からの視点を考慮すると吹っ飛ぶことはない、というガチガチの人気馬ですね。

オススメ軸馬(5/17)

栗東S、先行馬集まりましたな~。差し馬少なッ。その中で狙えそうなの4頭だけ。ってことで人気薄の先行馬はばっさりといきませう。内枠に入る差し馬はどの馬か。とりあえずヴィクトリアマイル語るよりも栗東Sでワクワクしてるってのもどうかな?とは思いますが。ウオッカ頑張れ。

 

オススメ軸馬(5/17)

東京1R7番

東京6R7番

東京6R10番

東京8R15番

東京10R8番

京都3R6番

京都7R1番

京都9R7番

 

京都の方控え目です。これまでが該当馬多すぎたってことなんですが。東京の方は比較的堅いレースだと思います。特に6Rはオススメ軸馬2頭もいます。元々堅いのに指数1位と2位がオススメ軸馬該当です。8R、10Rも馬連29倍以内で決まる堅い決着が予想されます。指数でいうと6位までで決まる感じでしょうか。この中では複勝で楽しそうなのは1Rですね。混戦で指数も低め、その中で2番手グループ。京都の方も人気馬なので配当面が気になるところ。特に少頭数・・・。複勝では期待できないので穴ワイドで頑張ってみましょうか。

 

~穴ワイド~

京都7R

オススメ軸馬1番から2・5・8・11・12番へ(ワイド)。4位~8位へ流してます。6~8位に頑張ってもらう形になります。・・・指数上位と僅差なのでチャンスはチャンスなんですが人気勢は手強いので微妙です。マーモードイモンはオススメ軸馬で選んでいるスリーオリオンとともに前走メイショウクオリアに僅差の競馬をやってのけていることですし。

 

京都9R

オススメ軸馬7番から2・4・5・6・8番へ(ワイド)。(3連複フォーメーション)7→3・10→2・4・5・6・8番へ。障害重賞なんですがオススメ軸馬該当のエイシンペキンしか実績馬がいません。あとはナイトフライヤーは前走強かった、という地味な面子なのであっさりエイシンペキン勝つんじゃないでしょうかね。あとはナイトフライヤーに頑張ってもらうかたちで。マルブツトップはムラあるのでなんとも(一応3連複では頼ってますけど)

 

明日は堅実に。

日曜は栗東Sとヴィクトリアマイルで楽しめたらと思います。とりあえずMP馬も多様してデータの少ない(汗)GⅠ予想も何とかいければと思います。

2008年5月15日 (木)

ウイニングポスト7の配合話~その1

最近検索でウチに来てくださってる方がいるようなのでちょっと小話でも。検索して見てもらったのが例のエディット外道配合では検索してもらった人に失礼すぎるので、今回は普通に配合理論の話でも。あくまでも暗中模索背水の陣に陥った人へのアドバイスにもならんけど次へ繋がりそうな配合が思い浮かぶアシストになればいいなという初歩レベルの話です。

 

配合理論。色々あってそれを活かしたからといっていい馬が生まれるとは限りませんし、爆発力あっても中身スカスカだったりサブパラよくてもスピード無いという困った馬まで生まれちゃうのが普通です。そして人によってプレイ環境自体異なるし、活かした血統次第で配合理論が活きないこともありえます。なので最強配合というものがあまり出てきません。簡単に作るのならイージーゴアを自己所有して配合するだけでポコポコ色んなタイプの強い馬が出まくります。ダートGⅠ総なめも簡単ですし、イージーゴア自体が恐ろしく強い(94年以降米国牛耳る魔王シガーと共に最強のダート馬として君臨する名馬)のでレイズアネイティヴ系を零細に陥れる為に頑張らせる人もいるのではないでしょうか。あとはカコイーシーズ。こちらもレイズアネイティヴ系の希少価値を活かして配合しやすい種牡馬の1つです。

 

~史実馬同士の配合を活かす~

前回取上げた『ハクタイセイ×ゴッドインチーフ』のように史実馬同士の配合が一番楽です。ナリタブライアン(に限らないが)×シーキングザパールの配合だったり、アグネスデジタル×アドマイヤグルーヴの配合は容易に配合できて血統構成もよろしく、多分5年続けて同じ配合していれば手ごたえのある馬が生まれていることと思います。ってのも両親が優秀な能力を持っていることと血統ですね。今回はアグネスデジタル×アドマイヤグルーヴを挙げます。

 

09年スタートでアグネスデジタルを配合すると爆発力21。両親の能力と血統の良さで1600~2400m付近を活躍する牝馬なら牝馬三冠狙えるし、牡馬なら欧州三冠目指せる配合。・・・スピードがあれば、ですけども。シングルニックス、アウトブリード、血脈活性配合(8本)、母父◎、スピード昇華Lv1、名種牡馬3つ、大種牡馬3つ。確実に因子が活性するのは瞬発力因子(あとは3代前の馬達の因子のどれか)。

アグネスデジタルの仔自体、それなりに走るので評価額も普通に上がっていきますし、アドマイヤグルーヴも09年スタートでもいきなり高額評価。なので前回みたいにお似合い配合(またはお笑い配合)狙ったエディットができません(できなくても両親とも賢さSにしたいところ)。この血統なら84年スタートからアシストしてあげられるのでちょっと面倒でも84年スタートからやってみてはどうでしょうか。

 

84年スタートなら両親を3冠して『3冠配合』(爆発力4)も狙えます。もしくはアグネスデジタル3冠してシンジケート組ませて飼い殺し。シンジケート解散時に買い取って評価額落とさせて『お笑い配合』『3冠配合』狙うってのもできます(面倒だし一歩間違えたらアグネスデジタル産駒が活躍したり、産駒活躍せずに勝手に種牡馬引退っていうことも時々あり)。これだけで爆発力9稼げちゃうわけです。勿論賢さSにエディットしないといけません。

 

あとは稲妻配合or疾風配合。両親とも勝負根性・瞬発力が優秀なのでどちらか偏らせてエディットすれば爆発力を加算できます。スティルインラブの史実補正破るなら先行馬にしてあげた方がうまくいくので疾風配合狙う方がよいかと(勝負根性S、瞬発力B)。これで爆発力6加算。もっともスティルインラブ所有して邪魔させなければもっと楽に行くんですが・・・。一応注意なのは所有馬の育つ点ですね。これだけは注意しても育ってしまうのでうまくいかなきゃやり直すくらいの勢いで。自家生産せずに購入(アグネスデジタルは海外セリで購入、アドマイヤグルーヴは1歳12月にお守り使って購入)すれば少しは避けられます。とりあえず購入時点でセーブしておきましょう。ちょっと面倒になってきましたね(笑)

 

次に血統。84年スタートだとミスプロ系とサンデーサイレンスが系統確立した時にニックス相手になっているかどうかというと微妙になってきます。その内スズカマンボやゼンノロブロイなどSS×ミスプロ配合の活躍馬が増える事でニックスが追加されるのを期待するってのもあるんですがちょっと面倒。ニックスは狙っていけるのがいいんですがミスリードもありうるし時間との戦いに敗れる恐れもあるのでその点は注意してください。血脈活性配合ですが、ミスタープロスペクター系、ダンジグ系が親系統昇格は普通にプレイしていれば必ずなるので問題なし。あと6種も確実なのでこれは問題ないでしょう。

ここからは気合入れてアシストの話。中級者向きになってくるわけですが・・・。まずはノーザンテーストの系統確立。これは84年スタートで普通にしているだけではなりませんのでノーザンテースト産駒を購入して確立させましょう。産駒を走らせれば1992年付近で達成できるはずです(メジロライアン所有して活躍させるってのもいいですね)。さりげなくミスタープロスペクター産駒の繁殖牝馬にノーザンテーストつけて活躍させるってのもやっているとよいかと思います(うまくいけばニックス相手になる)。さらにトニービンの系統確立。こちらはノーザンテーストよりちょっと難しい。時間かけているとサンデーサイレンス産駒が活躍し始めるために産駒が安定して活躍させるのが困難になります。しかもトニービンは所有していないと2000年に種牡馬引退してしまうのでタイムリミットまで存在します。初プレイの人だと思うように所有馬・生産に手間かかったりして混乱する恐れがあるので無理しないように。

具体的にトニービン確立させるコツとしては産駒の活躍(当然ですが)。ウイニングチケットとサクラチトセオー、ベガとノースフライトというトニービン初年度産駒を確実に活躍させること。牝馬の方はベガとノースフライトで牝馬3冠+短距離路線完全制覇させれば何とかなるんですが、牡馬はビワハヤヒデがいるので楽に活躍は辛いとは思いますのでビワハヤヒデを所有してクラシック3冠路線にいかないことですね。サクラチトセオーはじっくりと強くなる馬なのでこちらは軌道に乗れば中距離路線で活躍できます。

そしてエアダブリン、オフサイドトラップ。この2頭はナリタブライアンがいる為、自由に活躍は困難。ナリタブライアンを所有して海外に進めるなどしてクラシック活躍させないのがベターでしょう。エアダブリンは海外長距離戦で大暴れできる逸材ですし、3冠も可能です。オフサイドトラップは(エディットしてあげれば更に)長い間、賞金稼いでくれる馬にもなります。あとは自家生産でアシストしてあげると良いと思います。

 

ノーザンテースト、トニービンが確立するとアドマイヤグルーヴの血統が豪華なものになってきますね。名種牡馬がヘイルトゥリーズン、ノーザンテースト、トニービン、レイズアネイティヴ(アグネスデジタル)の4つ。大種牡馬は09年同様。なので苦労したわりに爆発力1つ増えるだけになるわけですが、努力次第ではノーザンテースト、トニービンの系統確立時にミスプロ系が相手にすることも一応は可能です。うまくいけばサンデーサイレンス・トニービン・ノーザンテーストのトリプルニックス成立も可能といえば可能です。こうなると爆発力はシングルから追加されて6に変化(+4)。ここまで頑張れば爆発力は30超えているわけですし頑張った分だけちょこちょこと爆発力は増えてくるわけです。仮にニックス成立しなくても名種牡馬が増えるのはいいことです。

 

まとめると爆発力21+(3冠配合+4)+(お笑い配合+5)+(稲妻or疾風配合+6)+(トニービン系統確立できれば+1)+(ノーザンテースト系統確立できなければ-1)+(どちらかミスプロとニックス成立すれば+1~+4)ということで、お笑い配合とニックスはできなかったということにして考えると21+4+6+1=爆発力32と言う感じになりますね。苦労したわりに前回より地味なのが難点ですが(汗)。

一応強い先行馬を作ることができる史実馬同士の配合になるわけですが、疾風配合にしてもこの血統なら瞬発力因子の活性が必ずなるので若干アシストしてくれることにもなりますし、系統確立する練習にはもってこいです。史実馬の系統確立は史実産駒いれば比較的頑張れるので慣れれば色んな配合を考える事が可能だったりします。

 

系統確立慣れてくれば『父エルコンドルパサーの仔、母父スペシャルウィークの仔』配合なんてのも狙えます。やってる事は見事に一緒です。こちらの方は自由度ある変わりに序盤によい繁殖牝馬を作ってなかったら泣きを見るという苦労もあるが、努力次第でよい配合にもなるけれど意外に化けないありきたりな配合ってのが問題です。これだけだったら単に地味な配合だし。とりあえず現在思考中&実践中なのですが『ハクタイセイ×ゴッドインチーフ』ほどの面白味(別の意味で)はないという悲しい現実と戦っています。今回挙げた『アグネスデジタル×アドマイヤグルーヴ』は史実馬を走らせる楽しみと系統確立させる楽しみがあるのが魅力です。アグネスデジタルの能力をエディットして芝適性にしていればまずは問題なくいい馬出せるんじゃないでしょうか。この配合の完成は09年(3冠配合+お笑い配合同時成立狙いなら)になるわけですが、早めるならサンデーサイレンスを所有することですね。

 

それとこの配合の最大の弱点は自分で繁殖牝馬を作らない替わりに別に魅力的な血統を作っても次世代に繋げようが空振りになってしまう点ですね。そっちに浮気したらトニービン確立は遠のいて邪魔になったりしますし。序盤はミスプロ産駒の繁殖牝馬を買い漁ってノーザンテースト・トニービン・サンデーサイレンスと配合させるだけでいいと思いますし、もしいい繁殖馬(種牡馬・繁殖牝馬)が生まれても頑張らせすぎない事が大事ですね。

 

今回は史実馬同士の配合を活かす方法でした。

べつにこの配合じゃなくても活かせる話ですね。

2008年5月14日 (水)

待ちに待ってた栗東S

正直ヴィクトリアマイルよりも栗東Sをずぅぅぅぅぅっと待っていました。何せ楽しんだもの、京都D1200m上級条件。1000万下では安定度に欠ける(先週日曜最終は本当に頭痛かった・・・)し、1600万下やOPは年に数行なわれない特別な条件。だから待ちに待っていたわけです。

 

土方本を使って勉強になったのをまとめたようなのが小倉芝1200mの研究でしたが、これは個人的には地味ながら楽しめているので強引ですが満足しています。結果は兎も角。中山D1200mの上級条件はピンポイントで楽しむにはいいんだけど、条件が固まらない時は危ない以外ないので狙いにくい。新潟D1200mはすんなりしてるわりに堅いというほど堅くない。とはいえ荒れない。福島は狙い時が一瞬で終わるので寂しい。中京は火傷するほうが多い(汗)。阪神は芝だけ楽しめるけれど瞬発馬場に移行しつつあるのでじわじわ通用しなくなってます(内回りの馬場が痛みにくくなっている)。ダートは完全に傾向がガラリと変わってて手に負えない。札幌は中京と似たような状況になってる。ということで狙うなら小倉・函館・京都(D1200m)というのが私の結論。その1つである第3回京都ラストを飾る栗東S。これを待っていました。

 

07年~08年に行なわれた1600万下、OP限定なのですが、前走先行馬が連対し続けています。しかも人気馬。1~5番人気の馬達が連対するのだからかなり堅い。ということで栗東Sも先行馬を狙えば簡単に取れるという話なのですが・・・。登録数みて今から調べる気にならないので(汗)木曜日を待つことにしましょう。で、お相手ですが・・・。

 

毎回連対する先行馬の相手は基本差し馬。先行馬が毎回連対しているので差し馬同士の組み合わせは買う必要がないってのも分かるかと。切れ味勝負に持ち込まねばいけないだけに上がりが切れる馬でないと勝負になりません。前4戦内で上がりが切れる脚を使っていない馬では辛いですね。条件とすれば4戦内に上がり1位~3位の脚を使っている馬。人気馬は2位以内の脚を使っていないと信頼できないですね。

次に前走。前走3角5番手以下の馬達を差し馬と取上げていますが、この差し馬が前走で上がりを5位以内。そして上がり37.0秒より速い脚を使っている馬。これが該当しないのは昨年の栗東S13番人気2着ゴッドヘイローだけなんですが、彼は1600万下のクラスで走っていた馬でOP挑戦。その為別定条件51kgで出走できた馬なので比べるだけ野暮というもの。それにゴッドヘイローは大穴馬御用達の最内枠(1枠2番)。該当しなくても最内の差し馬は警戒すべきですね。兎も角、この条件に残った差し馬を買いましょう。

 

軸は前走先行した1~5番人気馬。お相手は差し馬。そして先行馬同士の馬券も買って観戦する・・・というスタイルです。なのでゴッドヘイローのような馬を釣ろうというのはオマケのようなものです。うまくいけばカシノエスケイプ(初夢S2着)のような人気薄を釣る事も可能と言う感じで捉えると面白いかと。とりあえず先行馬が中心。差し馬は切れ味勝負に強い馬。ただし頼ると取りこぼす、ので先行馬を信頼しています。

 

例えば馬単で1着固定は1~5番人気の先行馬(穴馬の先行馬の好走がまだないんですよ)、1~3番人気の差し馬(条件該当)という人気馬で固める。そして2着固定に条件該当している馬達を入れる。オマケで最内1・2枠の人気薄差し馬(前4戦内に上がり1位~3位の脚を使っている馬、という条件はクリアしているのが条件だけど)。

これだけでも面白味ある馬券が買えるわけです。

このスタイルなら3連複でも楽しめるし、私よりもっと上手な人なら3連単でもうまくやっていけると思います。私はワイドで楽しむ人なのでどうしても3連単には手が出ないんですけどね。楽しみ方は自由です。

 

とりあえず日曜・オススメ軸馬の枠で取上げますのでよかったらこちらの予想のほうもお楽しみに。GⅠの方がデータでなんともならないので(人気馬ばかり残っちゃったし)こちらでいい結果出せればと思ってます。オススメ軸馬該当馬が栗東Sにもいるかもしれないし。

2008年5月13日 (火)

ヴィクトリアマイルのお話

新設GⅠほどデータ話し辛いものはありません(汗)。ジャパンカップダートなんてどうすればいいものやら今から悩みます。何せ開催場所まで変わってしまったし。仁川のD1800mなんて・・・今から頭抱えそう。

 

ということでヴィクトリアマイルです。今年で3回目。第1回がダンスインザムードの貫禄勝ち。第2回は内をすくってコイウタが混戦を制しました。この2年でどうにか拾うにしても難しい。好走した6頭見ても共通点が少ない。とりあえず調べてみました。

 

①あえて短距離出走なし

第1回ヴィクトリアマイル1番人気ラインクラフトのように芝1200m出走した馬の好走がありません。近走芝1200m使った馬の好走はアグネスラズベリとジョリーダンスの5着が最高(前々走)。近5走内に1200m走った事のある馬[0-0-0-7]。あんまり数はいませんが地味に絞れるだろうから挙げておきます。

 

②東京実績

第1回は天皇賞秋で2着・3着のダンスインザムード、オークス2着のエアメサイア、フローラS1着とオークス3着のディアデラノビア。第2回はクイーンC1着とオーロC2着のコイウタ、クイーンC2着とオークス3着のアサヒライジング、NHKマイルC2着と府中牝馬S1着のデアリングハート。とりあえずは好走しているわけですけど着外になった馬にもそれはあります。とりあえず東京OP以上で好走したことのない馬[0-0-0-18]。この2年だけ偏ったとは思えないので多分・・・。1年半の間に東京で好走のない馬は辛いとだけ見ておきましょうか。NHKマイルC好走したラインクラフトやオークス好走していたスイープトウショウやカワカミプリンセス、フサイチパンドラが苦戦した理由にはなってないだけにとりあえず絞る方法を探してみました。これはあっさり崩される気はします。

 

③牝馬重賞勝ち馬

年内に行なわれた牝馬重賞、京都牝馬S・中山牝馬S・阪神牝馬S・福島牝馬S。この勝ち馬が好走してないんですね。この4レースを勝った馬のヴィクトリアマイル成績は[0-0-0-7]。今後も続くんでしょうか。

 

このしょぼい3つでどれだけ絞れるか。

①エイジアンウインズ、タニノハイクレア、テンイムホウ、ベルモントプロテアが該当。②アルコセニョーラ、エイジアンウインズ、キストゥヘヴン、ザレマ、スズノメヒョー、タイキマドレーヌ、タニノハイクレア、テンイムホウ、トウカイオスカー、ニシノマナムスメ、パーフェクトジョイ、ベルモントプロテア、マイネカンナ、ヤマニンメルベイユ、レインダンスが該当。③エイジアンウインズ、マイネカンナ、ヤマニンメルベイユが該当。

残ったのは、(アイスドール)、(イクスキューズ)、ウオッカ、ジョリーダンス、(ハロースピード)、ピンクカメオ、ブルーメンブラッド、ベッラレイア、ローブデコルテの9頭。このうちアイスドールとイクスキューズとハロースピードの3頭が出走しないので6頭。・・・それなりに絞れたんですが人気勢ばかりが残った感じ。ジョリーダンスやピンクカメオ、ブルーメンブラッドもそれなりに人気はするでしょうから今回はこれで決まりそうですね。

 

ちょっとしたことでしょぼく絞ってみましたがそれなりに残ってしまったかと思えば意外に絞れてるってのは有難い事ですが強調材料がない(つまり軸にする決め手)。なので役に立つかと言うと微妙です。個人的にはブルーメンブラッドに頑張ってほしいのですが・・・。ウオッカは消すにしても消さないにしても無闇に扱わない方が楽しめるだろうし、武豊が嫌いな人があっさり消す程度ではオッズに影響しませんし、別に気にすることもないと思います。消せとも言えませんからね。嫌うなら勝手に嫌ってくださいとしか言えませんが。特定の人嫌うの止めてほしいですね。私だって岩田騎手の馬券ドキドキしながら馬券買うのやめたいもの(汗)。じゃ、敵に回すなってことですが・・・別に嫌って敵に回してるわけじゃないんですよ?たまたま切ったら見事に好走してくれるってだけで。で、馬券買ってる時はお世話になれないというただそれだけですからw

 

関東の若手騎手とは相性いいんだけどなぁ・・・。

2008年5月12日 (月)

日曜の結果(5/11)とNHKマイルC反省会

MP馬の方、やりますね。1番人気好走、堅い(といっても1~10番手で決まるという曖昧な範囲)までのことを土曜日の朝11時現在のオッズで言い当てるんだから流石。最終的にブラックシェルは3番人気になってたので堅いで当たっているんですが、晴れてやや重になったことで買われた可能性が高いのでまぁよしとしましょう。ダノンゴーゴーはデータでも流石に。3着以下にしてるのでまぁいいんですが・・・ブラックシェルにはやられましたね。これは後の反省会で取上げる事にしましょう。

 

オススメ軸馬(5/11)・結果

東京2R13番(2着 1.1倍)

東京7R1番(1着 1.2倍)

京都2R7番(2着 1.5倍)

京都3R9番(ハズレ)

京都4R8番(3着 1.1倍)

京都5R7番(1着 1.3倍)

京都6R10番(3着 1.3倍)

京都7R9番(ハズレ)

京都8R10番(ハズレ)

京都12R2番(ハズレ)

計(計27日間)

53000円→配当43200円(回収率81%)

 

特に最終レースは酷かった・・・。コンゴウダイオーは転倒して予後不良ですか・・・連闘でこれでは馬主さんも辛い事でしょう。外した私も辛いです・・・それにレグナムも似たような事してますからねぇ・・・。

最近穴ワイド頑張ってます。朝から3連複60倍。今日は幸先いいなぁと思ってたら午後から4着、5着・・・。NHKマイルカップも1着馬はよかったけど後が続かず。穴ワイドの方ですが、お気付きの人も別に気にしてない人もいるでしょうが(気にしてないというか見てない人の方が多いとは思うけども)少頭数限定で狙ってます。またこつこつ狙う事にしましょう。今回はうまくいきすぎて本人もちょっといい気になったのが最終的に辛かったです(汗)

 

~ここからNHKマイルカップの反省会~

ブラックシェルにやられました。データでは連対率で×、4着以下回数で×6戦以上で×ということで『3着以下(軽減点)』にしていたんですが見事にやられました。彼の連対率は71%[2-3-0-2]で、クロフネ・キングカメハメハの80%に次ぐ連対率で好走となりました。あとの4着以下回数はマチカネホクシン同様2回。7戦出走とこちらもマチカネホクシンと同じく。マチカネホクシンより連対率は高いがあとは同じという感じです。何とか連対率で合格にしてあげるのもいいんだけど、やっぱり『軽減点』扱いでいいかなとは思います。とはいえ来年にむけてちょっと変えるつもりです(↓のおさらい参照)

3着ダノンゴーゴーは04年3着アイルラヴァゲイン同様①1600mまたは1800m連対がありませんでした。そして⑤の条件クリアならず『3着以下』となっています。別にこれはいいんですが、ダノンゴーゴーは1400m以下で連対率100%、1400m未満で3戦3勝ということでBの条件で拾ってあげることもできたんじゃないだろうかと思ったりもします。無理にBで拾わず3着以下で扱ってもいいんですがそれはそれ、これはこれで終わらしてもいいですけどね・・・。今年も①で合格ならなかった馬が連対しなくてよかったと思うほかないんでしょう。昨年もムラマサノヨートー拾う気なかったですし、これはこれで3着以下にしておくことにしましょう。それにしても皮肉に⑤該当組からの好走が⑤合格しなかったダノンゴーゴーが好走して8年連続好走達成することになるとは。。。⑤該当組恐るべし。来年も注意することにしましょう。ムラマサノヨートーもこの⑤該当組でしたからね

 

そして1着ディープスカイ。こちらはデータでちゃんと合格した馬なので文句ないです。『前走毎日杯1着馬』の法則もちゃんと受け継ぎ、昆調教師にGⅠ制覇をプレゼントしました。ローレルゲレイロの分まで頑張ってくれましたね。データでは③毎日杯1着(OP以上で連対・重賞で1~5着)、最長連対距離1800mでB:重賞制覇○、ということで『好走馬』でした。ダンツキッチョウとの差は人気。ちゃんと1番人気での好走ということで③『好走馬』に大事なのは競馬ファンに信頼される事にありそうです。

 

おさらい

①1600m、または1800m連対経験

 

②1400m以下経験~未経験馬

  • 1A:連対率優秀(連対率100%)
  • 1B:連対経験(連対4回以上、連対率50%以上)
  • 2A:1800m以上のみ勝利
  • 2B:1600mのみ勝利

1Aまたは1B該当、2Aまたは2B該当馬は『好走馬』

どちらも該当しなかった場合は『3着以下』へ

*厳しすぎる条件だったのでやや変えてみました

 

③1400m以下経験馬~1戦経験

  • OP以上で連対
  • 重賞1~5着
  • 最長連対距離が1600m→A
  • 最長連対距離が1800m以上→B
  • A:1400m以下で連対(1着が望ましい)
  • B:重賞制覇(1~5番人気が望ましい)

→該当馬は『好走馬』、そうでない馬は『3着以下』

*A該当馬は1400mで勝利が条件。B該当馬は人気条件

 

④1400m以下経験馬~2戦経験

  • 1400m以下で勝利
  • OP以上で1~3着
  • 1番人気~3番人気になった回数が3回以上

→該当馬は『好走馬』、しなかったら『3着以下』

 

⑤1400m以下経験馬~3戦以上

  • 1600mまたは1800m連対時、4角1~5番手
  • A:1600mのOP以上に出走し5着以内
  • B:1600mのOP以上で最高4、5着

   →1400m未満で連対率100%

  • C:1400m未満のレースに未出走~3戦まで

→全て該当すれば『好走馬』、しなかったら『3着以下(軽減点)』

 

⑥『確勝級』該当馬

⑤で『好走馬』該当馬限定

  • 1400m複勝率100%
  • 『京都芝1400m』『京都芝1600m』
  • 『東京芝1400m』『中山芝1600m』
  • ↑これらのコースのどれかに勝利経験がある

 

と言う感じです。

②~④で『好走馬』になった馬でも『確勝級』認定したいんですがタニノギムレットなども含まれてしまう為、厳しい条件を合格したことだし『好走馬』の値打ちを上げる為(笑)このままにしてあります。それに確勝級で2着だった馬もいますからね(02年2着アグネスソニック、04年2着コスモサンビーム)。つまり軸馬ってことなんですが、『好走馬』を軸にするのが一番ってことですね。今年も2着抜けになった私らしい負け方だったんですがある程度はデータどおりだったのでまぁいいかなと。エーシンフォワードも負けましたし(笑)ダノンゴーゴーが定位置で止まったのもちょっと面白かったんですが。ディープスカイの単勝買えばよかったなぁ・・・応援してたんなら。悔やんでも仕方ないですが、昆調教師のGⅠ初制覇おめでとうございます。

 

オマケ

カジノドライヴのピーターパンSの内容、相変わらず強引ですがそれでいてあっさりと勝つあたり、流石としか言い様がないですね。早朝だったことと日曜は体調が思わしくなく競馬場から帰宅後伏せっていたので(汗)、レース自体は月曜になってみたんですが(本当は競馬場で映してくれるかな?と思ってたんですが来週放映とのこと)。武豊騎手も俄然気合が入ることでしょう。デザーモ騎手はベルモントSで戦わねばならない相手がまた増えたことで気をつけることでしょうから(ケンタッキーダービー制覇したBig Brownに騎乗。今週のプリークネスSも楽しみ)、ベルモントSが楽しみになってきましたね。

それにしてもいくら米国活躍馬の弟妹を買ったからといって、日本デビューし、再度米国に連れてレースに挑んでも今回のような結果はまず無理です。カジノドライヴはそんな素晴らしい事ができる才能を持っていた馬だとちゃんと評価してあげるのが妥当ですね。とはいえ本当に米国競馬ファンに歓迎されていて本当によかったと思います。武豊騎手も「彼はいつ来るんだい?」と取材されていたそうですし、待ちに待っていたという歓声に感動しました。本当にオーナー、藤澤調教師の挑戦に感謝せねばいけませんね。そしてカジノドライヴの母Better Than Honourは本当に凄かったってことですね。

Better Than Honourの仔出しの良さは母系の傾向で、母Blush with Prideもステークスウィナーを産み続けたビッグママだったのですが、その母Best in Showは更に凄くトライマイベスト・エルグランセニョール兄弟を産んだセックスアピールなど活躍馬だらけという凄まじい母系です(親戚一同良血の塊という素晴らしい血統)。それだけに今後もこの家系出身には目が離せませんね。カジノドライヴの半姉Rags to Richesがどんな仔を産むのか今から気になるところです。

2008年5月11日 (日)

GI予想~NHKマイルC

まずは紹介してからまるで役に立っていないMP馬から。1番人気はディープスカイ。上位はファリダット、サダムイダテン、ゴスホークケン、エーシンフォワード。穴馬MP馬はリーガルスキーム、スプリングソング、レッツゴーキリシマ。2位ファリダットと3位サダムイダテンのMPを足すと36.04ということで1番人気馬は信頼できるとでました。そして穴馬MP馬3頭のMP平均と全馬平均の差をみると1.33ということでMP馬11位以降の台頭はない、と出ています。穴馬MP馬は8~10位なのでこの3頭がギリギリ狙える馬達ということになりますね。ちなみに6位サトノプログレス、7位ブラックシェルです。

データで『好走馬』になっていたドリームシグナル、ダンツキッスイは人気薄。スプリングソングやレッツゴーキリシマも穴馬扱いなのでデータで買えば人気薄馬券になっちゃうという変わった展開になりました。人気馬がそれぞれ欠点があるので大混戦になってもおかしくはないんですけどね。

 

ということで予想はこちら。

◎ディープスカイ

○レッツゴーキリシマ

△スプリングソング

△エーシンフォワード

注ドリームシグナル、ダンツキッスイ

 

◎ディープスカイ

データ、あとMPでもお墨付き貰った大活躍中のアグネスタキオン産駒。未勝利時代が長く、昇級してからのスピード出世ぶりが目立つ1頭。特にアーリントンカップでは見せ場作って中距離でもいけるぞというところを見せてくれて、毎日杯で快勝。大抵こういうパフォーマンスなら皐月賞に色気出すんですがNHKマイルカップに目標定めてきたというのは好感持てます。血統は何といっても母父チーフズクラウンの母系同士の配合という極端な配合しているので出世が遅れた感じはしますが、タフな血統なだけにタキオン産駒らしく渋とい競馬が売りです。

 

○レッツゴーキリシマ

データのお話で取上げた通り、○にしました。穴馬MPに選ばれるのはオマケみたいなものです。それにしてもいい枠取れましたね。スプリングSで控えて失敗、皐月賞では前にいって踏ん張っただけにやっぱり先行力が魅力。そしてタフな血統。持続力勝負ならではの血統です。多少使い込んできた代償もあって疲れもあるそうですが・・・データの信頼度からすれば9番人気に○打てるってのはありがたいことです。

 

△エーシンフォワード

データでは『3着以下』でしたが、引っかかったのは人気面。新馬、500万下で連勝し、朝日杯に挑むも先行して見せ場作れず。で、アーリントンカップでは全くのノーマークで2着。続いてNZTではそれなりに評価されるも5番人気で3着。今回も相変わらず人気してないのですが、取りこぼしていない分キンシャサノキセキよりはバランスいいのでこの項目だけで3着以下に落とすのは可哀相だとは思います。重賞好走していた④該当馬はテレグノシス、グラスエイコウオー、レッドチリペッパーと好走してるだけに人気だけで蹴落とすのも可哀相かと。500万下まで連勝でOPで人気稼げなかった馬なので他馬と比べてもちと可哀相な部分もあるので。それにMPにおける急上昇馬でもあります。コンピ8位でMP馬5位。これはGI激走パターンと一致します(桜花賞ソーマジック、皐月賞キャプテントゥーレ)。それに血統も持続勝負なら台頭するノーザンダンサー系のストームキャットの孫なので道悪も楽しみです。

 

△スプリングソング

前走橘Sが嫌われたのかそれとも強いところとまだ未対戦なのもあって軽視されているのか・・・。サクラバクシンオー産駒ということでマイルでは1枚蹴落としと言う感じでの評価なんだろうとは思いますけども、持続勝負に定評あるだけにあんまりスプリント血統だろうが軽視しちゃうのは勿体無い。何せこの馬、タケミカヅチの親戚です(母がタケミカヅチの姉)。社台縁の母系に社台縁のアンバーシャダイの全妹から生まれたサクラバクシンオーをつけた、社台出身らしくないけど社台ブランドから生まれた面白い連勝馬。軽視するのは負けてからでいいんじゃないかと思うんですがね。

 

注ドリームシグナル・ダンツキッスイ

まずデータで合格していたドリームシグナルとダンツキッスイ。負け方が負け方もあって人気落としましたね。ドリームシグナルは中山連敗。ダンツキッスイはNZTで完敗。そんなに気にする事ないとは思うんですが。ドリームシグナル軽視の点はデータ。『好走馬』ですが③A1400m以下で好走(連対した馬達は1着)で2着、ということで一応『好走馬』ですが半分『3着以下(軽減点)』の表面も見せていたのが気掛かり。ダンツキッスイはデータ上欠点はないんですが、③B該当馬は皆人気馬なんですよね。タイキフォーチュン(4番人気)、エルコンドルパサー(1番人気)、イーグルカフェ(2番人気)、タニノギムレット(1番人気)という具合に。この点ディープスカイは1~3番人気をうろちょろしてるので問題ないんですけどね。

 

~買い目~

馬単・馬連BOX◎○△△

ワイド

◎→○△△注へ

○→△△注へ

 

◎○△△のBOXにしても全く人気になってなくて面白いですね。レッツゴーキリシマに頑張ってもらいたいですね。エーシンフォワードの激走がちときになるところです。この馬が頑張りすぎると修正箇所が増えてしまうので穏便に願う所存です。できれば3着で(汗)。

2008年5月10日 (土)

今日の結果(5/10)とオススメ軸馬(5/11)

回避して正解といいますか…。

あのまま買ってたらボロボロでしたね

 

オススメ軸馬(5/10)

東京1R6番(3着 1.1倍)

東京2R10番(ハズレ)

東京4R7番(3着 1.2倍)

京都1R9番(ハズレ)

合計(計26日間)

48000円→配当39450円(回収率82%)

 

穴ワイドの方は好調だったのでまぁまぁ…。

 

オススメ軸馬(5/11)

東京2R13番*指数88

東京7R1番

-----------------

京都2R7番

京都3R9番

京都4R8番*指数90

京都5R7番

京都6R10番

京都7R9番

京都8R10番

京都12R2番

 

ちょっと多いんですが、注目は京都3Rと5R。実は同じ条件下、同じ指数。連対率60%超えの指数です。今回挙げた中では2番目に低い(一番低いのは8R)んですが、土曜に挙げたレースと比べると上位になります。といっても土曜の上位は指数90のフォーティファイドとナリタダイコクが抜けていて、しかも配当がない(汗)。今回上位は(京都4Rは指数90)、京都2R、京都7R。あとは連対率60%以上で推移してます。上位とも少頭数のレースなので微妙ですが。

 

~穴ワイド~

東京2R

オススメ軸馬で挙げた13番が指数88と人気馬なので旨味がない。しかも相手は手堅いと来ています。これはピンチ。ということで3連複。13番→6・7番→1・3・5・7・10・12番へ。押さえでワイド13番→1・3・12番へ。配当つかないだろうなぁ(汗)

 

京都2R

オススメ軸馬7番から馬連で1・2・4・5番へ

  

京都7R

オススメ軸馬9番からワイドで1・2・5・12番へ

 

京都2Rは穴ワイドなのにワイドじゃねぇw

それだけ堅そうだという事で勘弁してください。

オススメ軸馬(5/10)

知らない間にトラックバックが4件になってる・・・内容知らないですが競馬サイトみたいですね。紹介内容見てると景気いい話が続いてて羨ましい限り。有料サイトだったらぶった切るつもりですが、別に誰も見れないだろうからこのままにしておきます。情報媒体がウチだったら影響力ないだろうし(汗)。

 

(追記)

明日(5/10)のオススメ軸馬の予想しましたが、大幅に雨が降る模様。その為、京都3R以降は回避にしました。ちなみに東京の方は午前中までなのでそのままにしてあります。雨降ってもメイショウクオリア頑張るとは思うんですがとりあえず・・・。尚、予想などのコメントはそのままにしてあります。5/10 00:45現在のコメントです。雨の量に限らず回避することにしました。というのも私が買いに行けなくなりまして(苦笑)、IPATでも買えるわけですが道悪の方までコンピに足すのなら回避した方がいいと思いまして。そんなこんなでグダグダですが、明日は東京1R、2R、4Rと京都1Rのみでお願いします。午後から用事あるのに雨・・・う~ん

 

オススメ軸馬(5/10)

東京1R6番

東京2R10番

東京4R7番

----------------

京都1R9番

京都3R5番*指数90(回避)

京都5R10番(回避)

京都8R12番(回避)

京都10R12番(回避)

京都11R8番(回避)

 

東京は午前中に集中しているので京都の方を多めに紹介しておきます。ただし京都3Rは前走も紹介させてもらった指数90の単勝1倍台確実の人気馬(フォーティファイド)、京都5Rの方も2戦連続僅差の2着(ナリタダイコク)、京都8Rのトップオブオナー。この3頭は確実に1.1倍突破する恐れのある人気馬なので配当は望めません(複勝買っている企画なので)。そして京都11Rのメイショウクオリア。大した馬がいないので人気集中しちゃうでしょうね。

 

東京の方は後半18頭立てが続くので配当面で荒れそうな雰囲気で買われると思うんですが、大して荒れる要素がないんで(人気割れして旨味がある)馬連30倍未満を買って楽しむのが吉と思います。明日の期待は京都1R、東京2R、京都10Rの3レースでしょうか。人気割れそうなのもあって。それに雨も降りますので。

 

~穴ワイド~

東京1R

オススメ軸馬6番から人気馬ですが1、4、5、12番へ。押さえで5番→1、4、12番へ。ツクバグランディの頑張り次第。デビューするスペースタイムが人気してるみたいなので便乗人気オチ期待してワイドで狙ってみます。このスペースタイムが評判どおり動くようなら確実に損します(汗)。つまりこけてほしいわけです。ケイエムチャンスやローレルスクデットはさりげない内容で地味。アドマイヤドームは旨味楽しみってことで。メイスンファーストは好走してるけど完敗内容なのである意味地味。

 

東京2R

オススメ軸馬で挙げたムーンライトミストがフサイチボランジェのお陰で頼りなく見えると思うのでものすご~く面白いかもしれません。ということで10番→1、7、8、9番へのワイド。押さえで11番→1、7、8、9番へ(ワイド)。

 

旨味あるかないかは兎も角ムーンライトミストは頼りない実績なのですが指数では安定した活躍をしているということで挙げています。この馬にとっては距離短縮はいいと思うので頑張ってほしいものです。

2008年5月 8日 (木)

訂正部分の説明をば

先日書き込んだNHKマイルCのお話の訂正部分を紹介しておきます。訂正された部分の多くは登録馬の該当部分を取り上げたところです。訂正前と一番違うのはカヴァリーノとレッツゴーキリシマ。先週出走(八重桜賞6着)していたことを全く知らないまま書き込んでしまいました。その為、『好走馬』となっていたんですが、先週分出走してたのを考慮すると『3着以下(軽減点)』になっていました。失礼しました。といってもカヴァリーノは賞金不足で抽選対象にすら残っていない模様ですが・・・。

そしてレッツゴーキリシマ。⑤の『好走馬』で、『確勝馬』のデータこそクリアならずでしたが、手違いで『3着以下(軽減点)』にしていました。えらく大違いなことになっていたのでお詫びします。あとは3着以下(軽減点)に昇格している馬もいれば3着以下に降格してる馬もちらほらいます。

 

ということでデータで残った馬達は橘S快勝したスプリングソング、アーリントンC勝ったダンツキッスイ、毎日杯勝ったディープスカイ、シンザン記念を勝ったドリームシグナル、朝日杯2着のレッツゴーキリシマの5頭。近年好走馬を毎年出している⑤のデータをクリアした唯一のレッツゴーキリシマの存在が大きくなると思います。というのもこの⑤『好走馬』になった馬達は01年から立て続けに毎年好走しています。

01年3着サマーキャンドルは⑤のデータのA(芝1600mのOPで好走したことがある)に該当しません、というよりOPレースに未出走です。Bは該当せず、Cは合格。ということで『3着以下(軽減点)』なわけですが。それから02年2着アグネスソニック、03年2着エイシンツルギザン、04年2着コスモサンビーム、05年1着ラインクラフト、05年2着デアリングハート、06年1着ロジック、07年1着ピンクカメオ、07年2着ローレルゲレイロと6年連続連対しています。以前はシーキングザパールのみが好走馬で、3着もスギノキューティーだけという牝馬の異例のローテとなっていたのですが、01年から大きく好走馬が出始めたということになります。

 

クロフネが勝った01年。この年に東京競馬場がリニューアルしたわけですが、この年から急激に好走馬のデータが大きく変化が見られました。つまり⑤該当馬が増えた事ですね。まずは00年からNZTが中山で行なわれるようになり芝1600mに変更。それに伴い、NHKマイルカップの施行時期も1週早まりました。これも考慮した上で確実に傾向が変わったものと思います。元々中距離適性のある馬が強い競馬をする(第1回覇者タイキフォーチュンやクロフネ、キングカメハメハ)傾向でしたが、最近では短距離志向がじわじわと台頭しているけれどもあくまで1400m好走馬が強い競馬をするという、昔で言うNZT組の好走と同じ格好です。

挙げるならばアグネスソニックやコスモサンビーム(京王杯2歳S好走馬)、ラインクラフトとデアリングハート(フィリーズレビュー好走馬)と言う感じで。昨年の覇者ピンクカメオも重賞で活躍というわけではないですが、くるみ賞とマリーゴールド賞で好走していた馬。とりあえず警戒するは1400m好走馬ということです。

 

で、レッツゴーキリシマ。

データで『3着以下(軽減点)』になったものの1400mもいい結果残してるし気になるなぁと見直したら『好走馬』だったという勘違いもあって今回取り上げてみました。残念ながら彼は京王杯2歳S3着で1400m連対率100%を逃している馬なのですが、ききょうS2着とかえで賞1着と得意な舞台。その後朝日杯FSで前で踏ん張ってのちの皐月賞馬キャプテントゥーレの追撃をかわす2着になっています。というわけでレッツゴーキリシマは警戒した方がいいですよ、ということです。⑤のデータ、7年連続連対の快挙達成もするかもしれません(世間的には快挙ではないですが)。

 

ゴウゴウキリシマの弟だけでなく、メジロライアン産駒としても、そして祖母がマルゼンスキーの半妹という血統もあって昨今活躍する血統と対照的な血統の持ち主なだけにレッツゴーキリシマの活躍は見てみたい気持ちが大きいです。・・・流石にディープスカイやダンツキッスイと互角の戦いが出来るかといわれるとちょっと大変そうですけど。データの後押しもありますので頑張ってほしいと思います。現在○のつもりでいます。データ見間違えておいて酷い話ですが(笑)

2008年5月 5日 (月)

NHKマイルCのお話

地味にGⅠ予想的中してるのでこの調子で・・・といきたいところですが天皇賞春勝ち馬アドマイヤジュピタ馬単2着固定っていうのが笑えますね。しかも僅差。オススメ軸馬で外したレースは4着だったし(汗)。ある意味上出来なんですが。この調子で楽しめるようなものが書けるといいなと。あとはこれを見た人が楽しめれば・・・と思うんですが、まだまだ独り善がりな内容なのが問題です。あとMP馬の方も微妙な結果がどうも(笑)。

 

今回はNHKマイルカップのお話。

何気に去年は会心の出来で的中してるのですが、ピンクカメオのような馬を見つけることが出来ればなぁと思っているんですが、何せ上出来も上出来だったので(2着ローレルゲレイロはデータで切りかけてたので相変わらず2着に苦心してるのが私のデータみたいです。)

 

①1600m、または1800m連対経験

芝・ダート関係なく1600mか1800m連対経験。05年3着アイルラヴァゲイン以外の好走馬は全て合格。ということでこれがクリアできなかった馬は『3着以下』に認定されちゃいます。

 

②1400m以下経験~未経験馬

  • 連対率優秀(連対率80%以上)
  • 4着以下の経験がない
  • 6戦以上使われた馬は要注意

これだけでも優秀な成績を残している馬でないと短距離経験していない馬ではつとまらないようです。連対した5頭とも連対率80%以上。そして4着以下に崩れた事すらない優等生。連対馬はいずれも5戦以下。連対率80%未満、4着以下になったことがある、6戦以上走ってきた馬の好走は00年1番人気3着マチカネホクシンのみ。ちなみに連対した5頭というのはツクバシンフォニー、シンコウエドワード、シンボリインディ、クロフネ、キングカメハメハです。優等生以外は3着以下確定の厳しい門です。この厳しい条件をクリアした馬は『好走馬』に認定です。クリアならなかった馬は『3着以下(軽減点)』。

 

③1400m以下経験馬~1戦経験

  • OP以上で連対
  • 重賞1~5着
  • 最長連対距離が1600m→A
  • 最長連対距離が1800m以上→B
  • A:1400m以下で連対(1着が望ましい)
  • B:重賞制覇

こちらも厳しい条件ですが、OP以上で実績を残している馬が対象となりますね。Aに関して1400m以下で連対(1着が望ましい)、とありますが好走馬5頭中4頭が勝利。3着だったゼネラリストは1400m以下で2着でした。なので1着の方がよいと思いますが、唯一の1400m以下で好走を条件にしています。Bはそのまんまですね。合格馬は『好走馬』に認定。勿論クリアならなかった馬は『3着以下』です。

 

④1400m以下経験馬~2戦経験

  • 1400m以下で勝利
  • OP以上で1~3着
  • 1番人気~3番人気になった回数が3回以上

いきなり抽象的な内容が始まりましたが(汗)、ここから人気薄馬が出始めます。14番人気3着ショウナンナンバー、3番人気3着レッドチリペッパー、13番人気2着グラスエイコウオー、4番人気1着テレグノシス、6番人気3着キンシャサノキセキという具合です。1400m以下で勝利していてOP以上で好走している馬。そしてちゃんと人気として評価されていた馬達。ショウナンナンバーなんてダート戦の勝ちっぷりからスプリングS2番人気に支持されてた馬です。他に比べて条件は軽めですが合格なら『好走馬』に。不合格なら『3着以下』です。

 

⑤1400m以下経験馬~3戦以上

  • 1600mまたは1800m連対時、4角1~5番手
  • A:1600mのOP以上に出走し5着以内
  • B:1600mのOP以上で最高4、5着

   →1400m未満で連対率100%

  • C:1400m未満のレースに未出走~3戦まで

現在のNHKマイルCのトレンド路線がここ。まず1つ目をクリアできなかった時点で『3着以下』確定です。A~Cをクリアできなかった馬は『3着以下(軽減点)』。A~Cをクリアできた馬(1つ目クリアできなかったがA~Cクリアしたなら『3着以下(軽減点)』に昇格)は『確勝級』になれるかの挑戦になります。該当しない場合は『好走馬』になります。確勝級の扱いは好走馬と同じですが、単勝・馬単1着固定狙いになります。

  • 1400m連対率100%
  • 『京都芝1400m』『京都芝1600m』
  • 『東京芝1400m』『中山芝1600m』
  • ↑これらのコースのどれかに勝利したことがある

という感じです。厳しいけれど毎年連対馬を出す路線なだけに軸馬になれる馬を探すには慎重に。

 

~今年の登録馬~

アサクサダンディ②『3着以下(軽減点)』

アポロドルチェ①『3着以下』④『好走馬』

→『3着以下(軽減点)』に昇格

アポロフェニックス①『3着以下』⑤『3着以下』

アポロラムセス①『3着以下』⑤『3着以下』

アンダーカウンター①『3着以下』⑤『3着以下』

エーシンフォワード④『3着以下』

エイムアットビップ①『3着以下』⑤『3着以下(軽減点)』

カヴァリーノ②『3着以下(軽減点)』

キョウエイストーム⑤『3着以下(軽減点)』

ゴスホークケン②『3着以下(軽減点)』

サダムイダテン②『3着以下(軽減点)』

サトノプログレス②『3着以下(軽減点)』

スプリングソング④『好走馬』

セッカチセージ④『3着以下』

ダノンゴーゴー①『3着以下』⑤『3着以下』

ダンツキッスイ③『好走馬』

ディープスカイ③『好走馬』

ドリームシグナル③『好走馬』

ナンヨーヒルトップ①『3着以下』⑤『3着以下』

ファリダット③『3着以下』

フェイムロバリー①『3着以下』⑤『3着以下』

ブラックシェル②『3着以下』

プラチナメーン③『3着以下』

プロヴィナージュ⑤『3着以下(軽減点)』

ホッカイカンティ④『3着以下』

マルブツイースター①『3着以下』⑤『3着以下』

メジロガストン④『3着以下』

メスナー⑤『3着以下』

ランチボックス⑤『3着以下(軽減点)』

リーガルスチーム①『3着以下』④『3着以下』

ルールプロスパー④『3着以下』

レオマイスター④『3着以下』

レッツゴーキリシマ⑤『好走馬』

ロングキーブリッジ⑤『3着以下』

 

ということで今年は『確勝級』がいません(レッツゴーキリシマは1400m連対率100%ではない)。ですが好走馬はチラホラ。アポロドルチェは①で3着以下該当の好走馬なので『3着以下(軽減点)』。『好走馬』はスプリングソング、ダンツキッスイ、ディープスカイ、ドリームシグナル、レッツゴーキリシマの5頭。確実に人気するであろうディープスカイが無事突破したので堅い予想になりそうです。ダンツキッスイ、ドリームシグナルも重賞勝ち馬なのでこれまた堅そう。

一応(軽減点)が揃っているので荒れる要素が今年に関してはないですね。例年のトレンドである⑤が全く残らなかったので今年はより中距離色の濃いレースになっています。元々そういうレースなのでディープスカイがあっさり勝っちゃうんじゃないかと思ってます。POGで持っているファリダットにとっては1ハロン長かったね・・・という感じで終わりそうなのでまぁ・・・。

 

兎に角今年はディープスカイと昆調教師の初GⅠ(Jpn1)制覇を応援するNHKマイルカップになりそうです。

2008年5月 4日 (日)

今日の結果と天皇賞の感想

・・・。

やっぱり岩田騎手との相性悪いなぁ(汗)

私が意識しすぎてるのが問題ですね。

馬単2着固定流し、笑ってやってください。

 

オススメ軸馬(5/4)・結果

東京1R1番(ハズレ)

東京6R6番(2着 1.1倍)

東京8R9番(1着 1.1倍)

京都1R6番(1着 1.1倍)

京都4R1番(1着 1.5倍)

京都5R8番(2着 1.1倍)

京都9R5番(ハズレ)

京都11R13番(3着 1.4倍)

合計(計25日間)

46000円→配当38300円(-7700円 回収率83%)

 

さて天皇賞春ですが、Dコースで行なわれる天皇賞の傾向は完全につかめましたね。GⅠ鮮度のある馬(1着、3着)、そして外枠(1着・3着)。ノーザンダンサー系を持つ馬、ロベルトを持つ馬。今年は好走ありませんでしたがミスプロを持つ馬。メイショウサムソン自体は勢いというのは感じませんでしたのでデータでは残ってませんが(血統で合格)、5枠(8番)の好走は相変わらず。好調枠(今年は5~12番)だったメイショウサムソンが頑張ってくれたのも大きいかと。血統で一歩後退してたアサクサキングスがレースでも一歩後退して3着に敗れたあたり、なかなか面白い結果になっちゃいましたね。(オッズにおける苦戦傾向もありましたが、3着だったらアサクサキングスが頑張ったってことですね)

 

当面Dコースで行なわれる時は

  • GⅠ鮮度のある馬(古馬GⅠ出走2戦以下)
  • 7・8枠馬
  • 馬番5~12番のGⅠ鮮度のある馬
  • 『ノーザンダンサー系』『ロベルト持ち』
  • 『ナスルーラインブリード5*5』『ミスプロ系』
  • ↑これらの血統が父、父母父、母父、母母父にある馬

まぁこういう感じです。

来年もDコースで行なわれるかはわかりませんが。

でもDコースで行なわれると接戦が多くて楽しい。

今年も大接戦だったし。

2008年5月 3日 (土)

GⅠ予想~天皇賞春

天皇賞春の話の前に青葉賞のMP馬の話。オススメ軸馬でも取り上げてたようにマゼランが危険な1番人気となっていました(MP馬2位+3位=40.00以上。詳しくはこちら)。穴馬MP馬3頭の平均と1番人気馬を除く全馬の平均を引いた時差が3.73と荒れる要素を示していました。で、結果はMP馬2位アドマイヤコマンドが1着、MP馬6位クリスタルウイングが2着、MP馬7位モンテクリスエスが3着。上位人気が来ないで6位以下が好走したのだからある意味荒れる要素は大事ですけど穴馬MP馬達が来なかったですね。単勝1~5番人気の馬達が上位占めているのも関係あるんでしょうか・・・?

 

では肝心の天皇賞春。早速土曜日午前11時現在のオッズを調べてみますと・・・MP馬上位はアサクサキングス、メイショウサムソン、ホクトスルタン、アドマイヤジュピタ、ドリームパスポートの順。で、MP馬2位と3位の合計を見ますと46.75と見事に超えてしまいました。アサクサキングスが1番人気なのでアサクサキングスは危ない1番人気ということになりますね。そして穴馬MP馬3頭の平均と出走馬平均を比べると・・・4.51差となりました。つまり上位決着がない、という判断。青葉賞も上位の馬が勝利したものの、2着、3着は6位以下の決着になりました。アサクサキングスは危険認定だし、上位決着はない・・・となると下位が気になるところです。

MP馬6位以降はアドマイヤモナーク、ポップロック、トウカイトリック、アイポッパー、アドマイヤフジ、アドマイヤメイン、トウカイエリート、サンバレンティン、ドリームパートナーという順番です。穴馬MP馬はアイポッパー、アドマイヤフジ、アドマイヤメインが該当です。そして今回の指数跳ね上げ馬はホクトスルタンです。えらく人気したもんですね。メジロアサマ、ティターン、マックイーンと続く天皇盾の系譜が続くのか、というロマンの世界か・・・。

 

コンピ指数からの乖離というか指数と売れ方に差が出たところで言えばアドマイヤフジじゃないでしょうか。年齢もあるのか、ワンパンチ足りないのもあるのか意外に売れていません。ポップロックも同じく。川田騎手乗れてるしアドマイヤフジの激走が一番怖い気がしますが・・・何せ意外なことにGⅠ鮮度の面では合格してますからね。アドマイヤフジはMP馬下位に属している(穴馬MP馬でもある)ことと、GⅠ鮮度合格馬に流しても面白いので注目ですね。

 

ということで予想はこちら

◎アドマイヤジュピタ

○アドマイヤフジ(穴馬MP馬)

▲ホクトスルタン

×アドマイヤモナーク、アドマイヤメイン

×ポップロック、トウカイトリック、アイポッパー

注メイショウサムソン

 

◎アドマイヤジュピタ

データで軽くクリアし、唯一前哨戦勝利した馬としてGⅠ挑戦馬としてはこれでもかというほどいい材料が揃っているのが売り。フレンチデピュティよりも母父に皆目がいく(笑)あたりは流石リアルシャダイというところですが。何気に2500m以上の重賞2勝している馬はこのアドマイヤジュピタだけです。そして運命の8枠馬。Dコースにおける外枠馬の2着は4度も続いているだけに気になるところ。なので本心言うとアドマイヤジュピタには2着になってほしいという困った予想です。GⅠ鮮度の件も考慮すればこの馬を◎にしない理由は特にないです。・・・あとは岩田騎手くらいですか、私にとっては(苦笑)。別に嫌いじゃないんですけどねぇ。。。あの鞭の使い方は好きにはなれないんですけども。

 

○アドマイヤフジ

コンピ指数、穴馬MP馬というデータとは違った面から買った馬ですね。データ上ではGⅠ鮮度合格している内枠馬、ということであとのデータでは該当しないのですけども(血統面でも)。血統面ではビーマイゲストを持っていることと、ノーザンダンサーのインブリードを持っているのを考慮すれば血統面でも補っている気はするんですが、如何せんアドマイヤラピスの血統は日本では軽さが足りない。パワー勝負に持ち込む舞台がお似合いなだけにDコースで行なわれる傾向を見ていると向いてるのかな、とは思いますけども。あの宝塚記念でちょこっと夢見せてたりと色々してくれる馬だけにちょっとは面白いかなと思ってるんですが、勝ったらそれはそれで面白いですが。川田騎手も乗れてますし。アドマイヤコマンドも強かったし(全部そっちかい)。ディープ世代が舐められてるのでバコーンとやったってくれたら面白いんですけどね。

 

▲ホクトスルタン

やっぱり血統ロマン。実績がなかろうと菊花賞で買っていた馬ってのもあるし(汗)やっぱりメジロマックイーンの悲願を叶えてあげたいと思うのは私だけじゃないはず。弟ドリームシグナルが不発に終わっただけに兄貴が偉業達成するってのも面白いかと。データではこちらもGⅠ鮮度。血統でもリアルシャダイ(ロベルト)を持っている馬で、母系見ればダイナフェアリーですからノーザンテーストが入っています。そういう意味では合格にしてもいいんですが・・・。売りとしては2500m以上を2勝している4歳馬ってのは大きい。連対しているだけでも価値あるところをちゃんと勝っているのは評価できるしDコース時だからこそ買いたいGⅠ鮮度のある馬ってのもある。

展開面でこの馬が鍵となるだけに好き勝手できる立場ではないのですけども、横山典弘騎手の攻めはそんなことで躊躇するようなことはないのでここは頑張ってほしいところです。混戦の内枠先行馬ってだけで御飯3杯クラスってことでえらく人気してるのが残念ですな。仕方ないけど。

 

×の5頭

アドマイヤモナーク、アドマイヤメイン、ポップロック、トウカイトリック、アイポッパーは年齢、近走、データ上、確かに長距離実績は怖いですよね、という困った馬達なのですが、軽視されてるのなら買うべきという判断です。特にMP馬で6位以下が揃っているだけにこれは買い時だろうと。アドマイヤフジとの違いは鮮度のなさでしょうか。モナークはあるけれど年齢が。本格化というかアンカツ人気すら起こらないのは珍しい(6番人気だし人気してるといえばしてますが)。ポップロックもGⅠ好走実績、長距離実績とこれほど走っている馬にしては重賞勝利が目黒記念だけ、勝利から1年以上というのはあまりよろしくない。この馬も鮮度不足。トウカイトリックは昨年の3着というのもありますけれど、展開面で嫌われてる感じはします。そしてアイポッパー。3着、4着、次は5着?という高齢馬の現実をぶつけて軽視するには惜しい。京都のサッカーボーイ、の異名もあることだし3着狙いならチャンスはあるかなとは思うんですけど。

データを覆すなら2着、3着で大暴れ。これが今回の5頭の使命です。確かにワイド向きな馬達なんですけどね(笑)

 

注メイショウサムソン

GⅠ4勝馬に向かって注は酷い扱いですが、現状でどういう競馬ができるのかがイマイチイメージ沸かないんです。武豊騎手が乗ってるからまた後ろから差してアウト、という声も現状のフワフワした走りではしたくてもできないってのが本音なのではと。後ろにつけるのも前に行くのも気分次第、という状態になっているのなら有馬記念と大阪杯の負け方も納得できるんです。ですがこういう競馬してるってことは気分さえよければスイスイ行っちゃえるものでして。展開面で?のつく馬を取り上げるってのは本当に難しい。こうやってくれるはず、で有馬記念は失敗しているのでここは注にしておくのがベターだと思いました。

それに3歳秋にも同じ様な事に陥っているだけに有馬記念、大阪杯の敗戦をどう捉えるかよりもそういうタイプと捉える方が分かりやすいと思うんですよ。実績馬だからこそいろいろいわれるとは思うんですけどね。たまたま活躍していたから取り上げられていなかったけれど、という。

元々ツボに嵌った時の強さが売りですから。

 

~買い目~

馬連(フォーメーション)

◎○▲→○▲×注へ

馬単(2着固定)

◎→○▲×注へ

ワイド(フォーメーション)

◎○→◎○▲×注へ

 

アサクサキングスに関してはMP馬の方で軽視になってるからってのもあるんですがえらく人気したもんだ、と思うこともあるんで。鮮度の関係から考えても問題はないんですが過去にあっさり負けていった4歳馬を考えるに菊花賞の成績がどうだ、ダービー2着馬だ、ってのよりも己の競馬に徹して強いっていえる馬かどうかが鍵かなと思ってるのでMP馬じゃないけれど危険な1番人気、っていう評価はある意味正解かなと。

今日の結果(5/3)とオススメ軸馬(5/4)

不調ですねぇ。選んだ馬が故障発生して除外になったり(汗)午前中はまぁまぁでいけたんですがね。穴ワイドもばっちりだったし(京都1R)こういうもんでしょうか。ちなみに青葉賞のMP馬の話ではマゼランは危険な1番人気馬でした。コンピ指数とは評価が違ってちょっと驚き。それで飛ぶんだから凄いんですが、肝心の好走馬(2着クリスタルウイング)が拾えない。もう少し研究する必要があるなと実感。危険な1番人気認定時は警戒するってことで誤魔化すしかないですね。

あとどうでもいいことですが、携帯電話から自分のホームページが見れることに今頃気付きました(汗)。というかココログを検索することができるってことなんでしょうか。う~ん若さが足りない(苦笑)。自分の書いた事(MP馬の研究内容など)を見るのに便利だなと実感しました。自分が書いたことくらい憶えておけよ、と笑われそうですが・・・。

 

オススメ軸馬・結果(5/3)

東京1R1番(ハズレ)

東京3R2番(2着 1.3倍)

東京11R8番(ハズレ)

京都1R15番(3着 1.7倍)

京都5R5番(除外)

京都7R7番(ハズレ)

京都12R11番(ハズレ)

合計(計24日間)

42000円→配当34650円(-7350円 回収率82.5%)

 

オススメ軸馬(5/4)

東京1R1番

東京6R6番

東京8R9番

京都1R6番

京都4R1番

京都5R8番

京都9R5番

京都11R13番

 

アサクサキングスが該当。指数80の1位なんでここでは常連ですね。東京3レースとも79と80という私が自信持っている指数でもあるのでちょっと安心です。京都の方で注意点は5R。8番が抜けている指数なので配当面でやや不安ですね。明日は信頼できる人気馬と言う感じです。お客さんが多くて人気割れした時の1番人気は美味しいので1.5倍付近をびしっと取りたいですね。そんな関係で穴ワイドはお休みです。

 

それにしても最近不調ですね。京都が完全に脚引っ張っているのは明白なんですが(汗)。

オススメ軸馬(5/3)と天皇賞春のお話~その2

カリオストロ見てたらすっかり次の日に。う~んルパンらしさはないけれど本当に素晴らしいアニメですねぇ。やっぱりルパンの声は山田さんですね。ちゃんとファーストシリーズのオマージュもところどころ入ってたりとちゃんとサービスまでしてたりとやっぱり日本の誇るアニメーション作品は素晴らしいなと実感します。

 

明日のオススメ軸馬(5/3)

東京1R1番

東京3R2番

東京11R8番

京都1R15番

京都5R5番

京都7R7番

京都12R11番

 

京都9~11Rまで1位指数90が続きます。そのうち9、10Rの指数1位がオススメ軸馬該当なのですが、オッズの関係から除外しています。東京1Rはサマーミッドナイト。絶好の内枠を引いているのでスタート勝負が全て。あとはどこまで踏ん張れるかでしょうか。3Rストロングコマンドも前で競馬してから堅実に走っています。こちらも内枠なだけにもまれる前にさっさと前にいければ見せ場どころかお釣りまでついてきそうな面子です。東京11Rマゼランは連勝中、コース実績、武豊騎手騎乗と人気する材料が揃っているので旨味はないですが、混戦なだけにそれなりに複勝でもつくんじゃないかと。

京都の方は1Rハイパーラッシュ。外枠からの競馬しかしたことないので下手に内枠よりは最初から外枠からの方がいいと思います。5Rカラメルマキアートのデビュー戦にしてはうまく回して踏ん張った(フィッツロイが豪快な競馬しているだけにやや地味ですがこちとらデビュー戦ですからね)のでここでは人気が集中当然とは思いますが・・・。7Rアドマイヤナサは切れ味が売りのアドマイヤベガ産駒らしく京都で走るのはいいんじゃないでしょうか。ただ、どっちつかずの競馬してるだけにやや心配面は残りますが。12Rストームタイガーが断然というより他の指数がだらしないこともあって残った感じではありますが・・・。混戦なので指数1位でも妙味はあります。

 

~穴ワイド~

今回は京都1Rと12R。

京都1Rはオススメ軸馬の15番から1、3、11、13、14番へのワイド。更に11番と13番から1、3、14番へのワイドも。京都12Rはオススメ軸馬11番から1、5、7、9、10、12、16番へのワイド。こちらはシンプルに6位以下へ流す穴ワイドです。

 

ここから天皇賞春のお話~その2

トウショウナイトが亡くなってしまいました・・・。

05年、07年の天皇賞で絶賛応援していた馬で、あと一歩までやってきてくれるんだけど届かない・・・。でも本当に堅実に走ってくれるいい馬でした。ところどころ人気落としては好走してくれる馬だったので好きな1頭でした。鞍上のブッシーこと武士沢騎手とのコンビで活躍していたこともあり、妙に応援したくなる馬でした。ご冥福をお祈りします。

 

そんなこんなでフルゲートにならず今年は14頭。前回の①が使い道なくなったので前回書く時にボツにしたものからいくつかご紹介。といっても①の補完的内容ですけどね。

 

③Dコース時の好走枠

ということでDコースで行なわれた過去4年の外枠(7・8枠)以外の好走枠を紹介してみます。昨年(16頭立て)ハナ差勝利したメイショウサムソンは3枠6番。同じく僅差の3着だったトウカイトリックは6枠12番。05年(18頭立て)1着スズカマンボは5枠10番。04年(18頭立て)1着イングランディーレは3枠6番。3着シルクフェイマスは4枠8番。03年(18頭立て)1着ヒシミラクルは6枠10番。3着ダイタクバートラムは6枠11番。いずれもイングランディーレの勝った04年以外は大接戦になっています。

3枠・・・2勝、着外6頭

4枠・・・3着1回、着外7頭

5枠・・・1勝、着外7頭

6枠・・・1勝、3着2回、着外5頭

ということで7・8枠以外の好走馬は4~6枠に偏ってます。この4年間で毎年連対していた7・8枠の凄さがお分かりになるかと。1~2枠に関しては掲示板に乗るところまでやってくるものの4着まで(これが05年4着トウショウナイト)。なので3連単買われる方で内枠馬買いたい人は3着候補にするとよいと思います。とはいえ、昨年(16頭)のエリモエクスパイアのように外枠(8枠16番)好走もあるのでなんともいえませんが。

ちなみに03~05年、そして07年は16頭立て以上で行なわれています。なので3枠(5、6番)、4枠(7、8番)、5枠(9、10番)、6枠(11、12番)のことを指しています。

  

で、好走した3~6枠の馬達の特徴。

3枠(5、6番)

イングランディーレ(04年10番人気1着)は前走ダイオライト記念2着でしたが、このダートを使われてきたのが嫌われたのか、ステイヤーズS4着で見限られた、と思われたのか完全にノーマークでした。メイショウサムソン(07年2番人気1着)は前走大阪杯1着。好位から先頭に踊り出るという王道競馬をやってのけて2冠馬になった馬です。秋の不調が目立ったのか、大阪杯の面子の関係か2番人気でしたが。

 

着外組では菊花賞2着馬のトーホウシデン(03年3番人気10着)、特に実績なかったイエローボイス(03年14番人気17着)、03年2着だったサンライズジェガー(04年8番人気8着)、菊花賞2着のリンカーン(05年1番人気6着)、日経賞を勝ってきたユキノサンロイヤル(05年16番人気9着)、特に実績なかったアドマイヤタイトル(07年12番人気9着)。勝った2頭との差は先行脚質と差し馬の違い。リンカーンこそ前走阪神大賞典で4角3番手まで追い上げて3着という競馬していますが、本番では後方からの競馬。3角で動かずという戦法を取っていたのが共通点。メイショウサムソンも3角6番手→4角4番手(大阪杯、JC)でしたが、有馬記念では随時3番手、2番手で競馬していました。イングランディーレの地方ダート重賞時の番手がちと分からないところもありますが、ステイヤーズSでは2、1番手で競馬していますし、3枠で買うなら先行馬ですね。先行して5着以内に踏ん張っている馬達を買いたいです。

好走した2頭がGⅠ鮮度2戦の馬ってのが妙に気になるw

 

4枠(7、8番)

好走はシルクフェイマス(04年5番人気3着)。

着外はダンツフレーム(03年9番人気5着)、トシザブイ(03年17番人気7着)、ウインジェネラーレ(04年6番人気14着)、ヒシミラクル(05年3番人気16着)、シルクフェイマス(05年5番人気18着)、アイポッパー(07年1番人気4着)、トウカイエリート(07年13番人気6着)。

好走がシルクフェイマスだけ、しかもそのシルクフェイマスが翌年同枠で殿負けしているだけに難しいですが・・・。シルクフェイマスは日経新春杯と京都記念を連勝。同様に勢いがあった馬は、ウインジェネラーレも日経賞でゼンノロブロイを打ち破ったのはAJCC2着→日経賞1着。アイポッパーは7歳ながらステイヤーズSと阪神大賞典を連勝。シルクフェイマスの05年は有馬記念3着と健闘するも京都記念完敗と勢いがあるとはいえない状態。やっぱりGⅡ連勝する勢いが大事みたいですね。ある意味死に枠状態なのも頷けます。こちらもGⅠ鮮度のあるシルクフェイマスが好走してるだけに鮮度って大事ですね。

 

5枠(9、10番)

好走はスズカマンボ(05年13番人気1着)。

着外はマイネルアンブル(03年10番人気12着)、トップコマンダー(03年15番人気14着)、チャクラ(04年9番人気4着、05年12番人気15着)、ファストタテヤマ(04年7番人気11着)トウショウナイト(07年6番人気5着)、ウイングランツ(07年15番人気14着)。

こちらもえらく地味です。マイネルアンブルはドンカスターSが芝3000mOPだった時の勝ち馬で前走日経賞5着。トップコマンダーは日経新春杯を勝っているけれどその後不調。チャクラの04年はステイヤーズS勝ち、日経賞4着。05年は天皇賞春のあと目黒記念制覇。その後凡走続くも万葉S2着→ダイヤモンドS3着で2戦連続好走。ファストタテヤマは阪神大賞典2年連続3着、他ではオールカマー2着など。トウショウナイトはアルゼンチン共和国杯を勝利し京都大賞典3着、その後京都記念3着と日経賞2着で連続好走。ウイングランツは05年までは重賞でも好走していましたが、06年全休、07年エイプリルS7着。

書いておいて何ですが、勝ったスズカマンボにしてもクラシック善戦に一歩届かない感じだったし、重賞勝利は朝日チャレンジC。鳴尾記念2着、前走大阪ハンブルクカップ3着(勝ち馬は次走天皇賞春2着になったビッグゴールド)。そう、別に好走しなかった馬達と実績面では変わらないどころか見劣るぐらいです。あるのは鮮度だけ?

で、着外になった馬で鮮度あったのは古馬GⅠ初出走だったマイネルアンブル、トップコマンダー、ウイングランツ。近走崩れてなかったのはマイネルアンブルだけ。で、そのマイネルアンブルも京都新聞杯3着はあるけれど古馬重賞では5着まで(条件戦勝って重賞挑戦して5着は立派なんだけども)。ということでスズカマンボと似た成績の馬は意外に少なかったってことですね。彼は3歳時に朝日チャレンジカップと鳴尾記念と中距離重賞ですが好走していますし菊花賞でも見せ場作っているし、そして京都新聞杯2着馬です(苦笑)。変なところで差がついたので、ここら辺で。とりあえずGⅠ鮮度のある馬(古馬GⅠを3戦以上出走していない馬)で近走崩れていない、ということにしておきましょう。崩れていても鮮度あれば狙うべきでしょうか。

  

6枠(11、12番)

ヒシミラクル(03年7番人気1着)。ダイタクバートラム(03年1番人気3着)。トウカイトリック(07年4番人気3着)。3頭とも長距離実績があるというのが特徴。ヒシミラクルは大金星の菊花賞。ダイタクバートラムは阪神大賞典勝利。トウカイトリックはダイヤモンドS勝利。ヒシミラクルこそ有馬記念、阪神大賞典、大阪杯と3連敗でしたが、ダイタクバートラムとトウカイトリックは堅実に好走続けていました。3頭とも3000m以上のレースを後方から差し切り勝ち(上がり3位以上)というのが共通点。とりあえず長距離実績を鵜呑みにした方がいいということでしょうか。

 

着外ではネオユニヴァース(04年2番人気10着)、マーブルチーフ(04年18番人気18着)、マカイビーディーヴァ(05年2番人気7着)、ハイアーゲーム(05年15番人気12着)、マイソールサウンド(07年14番人気16着)。豪州最強女王マカイビーディーヴァ、マイソールサウンド以外は3000m以上で勝利がありません。マイソールサウンドにしても阪神大賞典勝ったのは05年。しかも先行押し切り勝ちでした。マカイビーディーヴァのメルボルンCの勝ち方を見ていると好位からそのまま抜け出して快勝が基本スタイルのようですし、好走した3頭とはちょっと違いますね。

こちらもGⅠ鮮度のあるヒシミラクル(1戦)、ダイタクバートラム(初)、トウカイトリック(1戦)が好走してます。

 

やっぱり鮮度か!という結論です(汗)②で取り上げたのと大して替わりはなかったですね。3~6枠に入った馬で鮮度のよい馬を狙っていくスタイルでよいかと思います。今年はずれて4~7枠馬を見る事になるんですけどね。

 

(5、6番)×トウカイエリート、△アドマイヤメイン

(7、8番)×ドリームパスポート、×メイショウサムソン

(9,10番)×ドリームパートナー、△ポップロック

(11,12番)△トウカイトリック、△アイポッパー

△にしている理由は鮮度が足りないから。この中で一番鮮度があるのはアドマイヤメイン(GⅠ2戦、海外GⅠ1戦)なのですが・・・。ポップロックにしてもトウカイトリックにしてもアイポッパーにしてもGⅠ出走回数がアウトになってしまいます。とりあえずおさえておきましょうか。

 

④血統

Dコースで行なわれた時の傾向。

~03年~

天皇賞春1着ヒシミラクル(父サッカーボーイ、母父シェイディハイツ…父母父ノーザンダンサー系、ナスルーラインブリード5*5)、2着サンライズジェガー(父リアルシャダイ、母父トウショウボーイ…ロベルト系持ち、ナスルーラインブリード5*5)、3着ダイタクバートラム(父ダンスインザダーク、母父サクラユタカオー…父母父ノーザンダンサー系、ナスルーラインブリード5*5)

 

~04年~

天皇賞春1着イングランディーレ(父ホワイトマズル、母父リアルシャダイ…父と母母父ノーザンダンサー系、ロベルト持ち)、2着ゼンノロブロイ(父サンデーサイレンス、母父*マイニング)、3着シルクフェイマス(父マーベラスサンデー、母父カーリアン…母父と父母父ノーザンダンサー系、ロベルト持ち)

 

~05年~

天皇賞春1着スズカマンボ(父サンデーサイレンス、母父*キングマンボ…母母父ノーザンダンサー系)、2着ビッグゴールド(父ブライアンズタイム、母父*ミスタープロスペクター…ロベルト持ち、ナスルーラインブリード5*5)、3着アイポッパー(父サッカーボーイ、母父サンデーサイレンス…父母父と母母父ノーザンダンサー系)

 

~07年~

天皇賞春1着メイショウサムソン(父オペラハウス、母父ダンシングブレーヴ…父と母父ノーザンダンサー系)、2着エリモエクスパイア(父*スキャターザゴールド、母父コマンダーインチーフ…父母父と母父ノーザンダンサー系、ロベルト持ち、ナスルーラインブリード5*5)、3着トウカイトリック(父*エルコンドルパサー、母父シルヴァーホーク…父母父ノーザンダンサー系、ロベルト持ち)

 

ということで父、母父、父母父、母母父がノーザンダンサー系の馬が多いのは当然ですが、ロベルト持ちの馬が多いのも目立ちます。そしてナスルーラインブリード5*5の持ち主が多い。ノーザンダンサー系の血が入っているか、ナスルーラかロベルトの血を持っている、この3つのうち2つ以上持っている馬を狙うといいということになりますね。

 

ノーザンダンサー系2つ以上

イングランディーレ、シルクフェイマス、アイポッパー、メイショウサムソン、エリモエクスパイア

 

ノーザンダンサー系とナスルーラインブリード5*5

ヒシミラクル、ダイタクバートラム

 

ノーザンダンサー系とロベルト持ち

イングランディーレ、シルクフェイマス、エリモエクスパイア、トウカイトリック

 

ロベルトとナスルーラインブリード5*5

サンライズジェガー、ビッグゴールド(ただしナシュアのインブリードで)、エリモエクスパイア

 

それ以外

ゼンノロブロイ、スズカマンボ

 

そしてその他の2頭はミスタープロスペクター系の血を持つ馬。ゼンノロブロイの母父はマイニング。スズカマンボの母父はキングマンボ。ビッグゴールドも母父ミスタープロスペクター。エリモエクスパイアの父もスキャターザゴールド。トウカイトリックの父もエルコンドルパサー(父キングマンボ)。・・・そう、Dコース時になってからミスプロ系が走り始めています。これはチェックですね。今年はトウカイトリックしかいませんが・・・w

 

とりあえずこの『父・父母父・母父・母母父にノーザンダンサー系』『ロベルト持ち』『ナスルーラインブリード5*5』『ミスプロ系持ち』にチェックですね。複合で持っている馬が軸、1つだけの馬は紐、どれも持っていない馬(居ないとは思うんですが)は消しという感じです。

 

~今年の出走馬~

ノーザンダンサー系2つ以上

サンバレンティン、アドマイヤモナーク、メイショウサムソン、ドリームパートナー、アイポッパー、アドマイヤジュピタ

  

ノーザンダンサー系とロベルト持ち

トウカイトリック、アドマイヤジュピタ

 

ミスプロ持ち

アドマイヤメイン、トウカイトリック

 

その他

アドマイヤフジ(ノーザンダンサー系1つ)、ホクトスルタン(ロベルト持ち)、トウカイエリート(ノーザンダンサー系1つ)、ドリームパスポート(特になし)、ポップロック(ノーザンダンサー系1つ)、アサクサキングス(ノーザンダンサー系1つ)

 

~まとめ~

①外枠注目…○7・8枠

②GⅠ鮮度

初:アドマイヤジュピタ、ドリームパートナー、ホクトスルタン

1戦:アサクサキングス、サンバレンティン、トウカイエリート

2戦:アドマイヤフジ、アドマイヤモナーク

③3~6枠(今年は4~7枠)

鮮度の関係で減点持ち

アドマイヤメイン、ポップロック、トウカイトリック、アイポッパー

④血統

サンバレンティン、アドマイヤモナーク、メイショウサムソン、ドリームパートナー、アイポッパー、アドマイヤジュピタ、トウカイトリック、アドマイヤメイン

  

ということでまとめると・・・

サンバレンティン②④

アドマイヤフジ②

アドマイヤモナーク②④

ホクトスルタン②

トウカイエリート②

アドマイヤメイン③④

ドリームパスポート

メイショウサムソン④

ドリームパートナー②④

ポップロック③

トウカイトリック①③④

アイポッパー①③④

アサクサキングス①②

アドマイヤジュピタ①②④

 

減点持たず、好材料残ったアドマイヤジュピタ。あとはそれなりに該当する分があるものの殆ど横並びというところでしょうか。ドリームパスポートだけ全て該当しておらず、血統でも強調分がない為、今回は危険な人気馬という評価になっています。ある意味人気落ちてきて旨味ある、という評価もされてくる頃だとは思うんですけどね。兎に角強調材料がない。

あとは1番人気になりそうなアサクサキングスは血統面では父がノーザンダンサー系という部分だけがマイナス。あとは外枠だしGⅠ鮮度も合格していますし、本命は8枠といってもいいと思いますし馬券もここから売れることと思います。

 

データとしては鮮度のよい馬を評価しているので◎アドマイヤジュピタですね。問題は私と岩田騎手の相性があまりにも悪いことでしょうか(笑)。ワイド流しを買うつもりですw

2008年5月 1日 (木)

ウイニングポスト7の配合

本当は3月頃に載せようと思っていたのですが、色んな事を検証したり本読んだり用事済ましたり・・・と色々してたらGⅠが本格的に始まっちゃってデータの話したりとかしてウイニングポスト7の話をすることなく週末へ・・・という感じで書き込めなかったので今更ですが、ウイニングポスト7(マキシマム08~win版)の誰でも簡単に爆発力狙える配合を取り上げようかと。

 

ウイニングポスト7で有名な配合といいますか、一般的に知られているのはナリタブライアンとシーキングザパールといったような史実馬同士の能力・血統ともに優秀な種牡馬と繁殖牝馬との配合。特に両馬が3冠達成していたら3冠配合がつくかなり簡単にできる配合です。ただし金のお守りが必要になることと、どちらも早く亡くなってしまう為、プレイヤーが所有していないとできないなど色々ありますが、一応ウイニングポスト7初心者の方でも容易にできる配合です。

とりあえず今回考えたというか物凄く楽ができる配合を考えてみました。考えなくてもできるくらい簡単に見つけられる配合です。ただしPS2とかの方では私はプレイしていないので同じことが可能かどうかはわかりませんが・・・とりあえずwin版の方で取り上げています。どちらかというと初心者向きの配合です。ある意味邪道なので(苦笑)

 

①はじめに用意するもの

09年スタートでできる配合です。別に84年スタートでも可能ですしサポートも可能なんですが、ボトムライン活性配合Lv3を目指したものの容易にできるレベルじゃなかったので(苦笑)、09年スタートにしておきます。とりあえず牧場開設してあるデータを引き継ぎプレイが前提です(手間省く為)。

まず最初に用意するものですが、『ハクタイセイ』と『ゴッドインチーフ』の能力をエディットしてください。スピードを79、各種能力を最高にしておいてください(両馬とも必ず賢さS勝負根性Bにしてください)。スタミナに関しては走らせたい距離に合わせてもらうといいと思います。それと気性普通ないし大人しいにしておくといいかなと。そして成長力は持続に。・・・これで分かるように『ハクタイセイ×ゴッドインチーフ』という配合です。つまり初期配合ということですね。

 

お次はゲームスタートして難易度をイージー。そしてゲーム開始直後09年1月に貰える現役馬『父フジキセキ、母ゴッドインチーフ』を選ぶ。これは繁殖牝馬ゴッドインチーフの評価額を上げることが目的ですのでできる限り活躍させてください。スピード、成長限界ともに優秀なのですが、パワーが低く、活躍させるにはやや苦労するかと思います。なので成長アイテム(闘魂人参とか団子とか)を与えて最低Aまで育ててあげると苦労しなくて済みます。一番のネックがこの馬を走らせる事だというのが困ったところですかね。

そして繁殖牝馬『ゴッドインチーフ』を購入。

これで用意は完了です。

 

②注意点

この配合の用意で大事なのは最初に譲ってもらったスピードだけは優秀なゴッドインチーフの仔を走らせる事。イージーならNHKマイルカップ、BCマイル、香港カップまでは体調さえ整えば勝てるレベルです。パワーを何とか育てるなどして皐月賞も何とかイージーなら勝てると思います。1年でGⅠ4勝すればゴッドインチーフの評価額が1億超えます。まずはこれが大事なことでまずは評価額1億を超えてください

そしてこの配合にある意味一番影響するのが『ホワイティアライル』というゲーム開始時現役3歳馬のハクタイセイ産駒。この馬を種牡馬入りさせないこと。実は弥生賞をあっさり勝ち、うまくいけば皐月賞さえ勝てる能力の持ち主。成長の遅いアンビリーバブルを苦しめる早熟馬です。弥生賞はどう頑張っても勝ってしまうのですが、あとのレースを勝たせなければ種牡馬入りすることなく引退してくれます。なのでゴッドインチーフ産駒で皐月賞を勝たねばならないわけです。そしてイージーにしているのもこの馬が容易に活躍させないようにしていると思ってください。

ホワイティアライルが無事?種牡馬入りしなければ、2年目(2010年)にハクタイセイとゴッドインチーフを配合すれば完成です。

 

③配合理由

エディットせずに1年目配合すると総合評価:A爆発力28という初期配合。でもここまでの配合だったら他でも可能です。このままでもスピード優秀な早熟馬が作れるんですが、それをアシストしてもうちょっと容易に爆発力を加えようというものです。

1年目というかこの配合の内訳は『血脈活性配合:8』『活力源化大種牡馬因子:3』『活力源化名種牡馬因子:2』『隔世遺伝:3』『真稲妻配合:12』の爆発力28。アウトブリード、名牝型活力補完、異系血脈型活力補完で競走寿命のサポートがつく配合です。つまり真稲妻配合ありきの配合ですね。

で、ちょっとした苦労すると初期譲ってもらえるゴッドインチーフの仔を活躍させ、ゴッドインチーフの評価額が1億を超えると『お笑い配合(爆発力5)』がつきます。そしてホワイティアライルが種牡馬入りしなければハクタイセイとの配合で『サヨナラ配合(爆発力5)』も成立して総合評価:S爆発力38に。オマケにスピード・瞬発力・早熟因子が必ず活性する配合です。

という感じで気が付いたら爆発力とサポートがつく配合になるわけです。苦労という苦労せずに爆発力稼げますね。ただし容易かというと微妙だし、エディットを使っているだけにちょっと邪道。そしてこの配合で生まれる馬は真稲妻配合の為、追い込み馬になりやすいという点。一応お笑い配合とサヨナラ配合が成立するので真稲妻配合による勝負根性のデメリットを補助しています。

 

簡単に出来るっちゃあできますけども、アグネスデジタル×アドマイヤグルーヴに比べるとちょっと面倒。エディットするならもっといい配合もあるとは思うんですけどね。一応誰でも簡単に配合評価Sができて、爆発力30オーバーというのが売りです。

 

ちなみに84年スタートでこの配合を目指すのなら26年かかります。この間にサポートするとしたら『ダンシングブレーヴ系』確立させて(活力源化名種牡馬因子で爆発力+1)、ロックフェラ系とニックス対象にさせる(シングルニックス発生、爆発力2)と『名種牡馬型活力補完』のオマケがつきます。さらにダンジグ系を流行血統にすれば『ボトムライン活性配合Lv2』もつきます(爆発力5)。冒頭で紹介したボトムライン活性配合Lv3にするにはロベルト(ヘイルトゥリーズン系)も流行血統にしないといけません。私はこれやろうとしてロベルトもダンジグも流行血統取り逃すという大失態を犯しました(苦笑)

 

とりあえずシングルニックス、ボトムライン活性配合Lv2だと爆発力46まで上り詰めるわけですが、使い勝手からいうと別に09年スタートでできる爆発力38とそんなに変わった印象もちませんのでやっぱり09年スタートの方が容易かつ簡単にできるってほうが面白いかもしれません。

 

いずれにせよ、やや邪道だし、配合理論を組み立てる練習には丁度いいとおもうので教科書替わりに紹介してみました。エディットも何もしないと競走寿命の短い早熟追い込み馬が誕生することになるので、一応エディットした甲斐はあったと感じれると思います。こういう爆発力増加ってのも面白いと思いますので。

 

次回はもうちょっと玄人っぽいの考えてみます(笑)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ