« 今日の結果(4/6) | トップページ | 季節の変わり目というか・・・ »

2008年4月 8日 (火)

桜花賞のお話~その2

前回は芝1200m走った馬を取り上げましたが、今回は芝1200mを走った事のない馬達を取り上げます。桜花賞自体、外回りコースで行なわれるようになってから確実に傾向変わっているので(つまり07年から)これから主役はることになるであろう馬達を今回取り上げる事になりますね。

 

芝1200m未経験馬(01~07年)

ダイワスカーレット、ウオッカ、カタマチボタン、アドマイヤキッス、ラインクラフト、シーザリオ、デアリングハート、ダンスインザムード、ヤマニンシュクル、スティルインラブ、アドマイヤグルーヴ、シャイニンルビー、ムーンライトタンゴ

 

前走好走馬

01年2着ムーンライトタンゴ(500万下1着)

02年3着シャイニンルビー(クイーンC1着)

03年1着スティルインラブ(チューリップ賞2着)

03年3着アドマイヤグルーヴ(若葉S1着)

04年1着ダンスインザムード(フラワーC1着)

04年3着ヤマニンシュクル(チューリップ賞3着)

05年1着ラインクラフト(フィリーズレビュー1着)

05年2着シーザリオ(フラワーC1着)

05年3着デアリングハート(フィリーズレビュー2着)

06年2着アドマイヤキッス(チューリップ賞1着)

07年1着ダイワスカーレット(チューリップ賞2着)

07年2着ウオッカ(チューリップ賞1着)

07年3着カタマチボタン(クイーンC2着)

 

前回取り上げたのをもう一度挙げたわけですが、好走した馬達の共通点は芝1400m~芝2000m好走馬ってこともあるけれど、こうやってちゃんと好走してた馬達ってことです。それと人気ですね。ムーンライトタンゴ(桜花賞4番人気)。シャイニンルビー(桜花賞1番人気)。スティルインラブ(桜花賞2番人気)。アドマイヤグルーヴ(桜花賞1番人気)。ダンスインザムード(桜花賞1番人気)。ヤマニンシュクル(桜花賞4番人気)。ラインクラフト(何故か直前体調不良説流れ桜花賞2番人気)。シーザリオ(桜花賞1番人気)。デアリングハート(桜花賞10番人気)。アドマイヤキッス(桜花賞1番人気)。ダイワスカーレット(桜花賞3番人気)。ウオッカ(桜花賞1番人気)。カタマチボタン(桜花賞7番人気)。

 

・・・長すぎて分かりにくいでしょうが、連対した馬達は人気馬。人気薄は3着まで。人気薄といってもデアリングハートとカタマチボタンしかいませんけども。とはいえ芝1200m出走馬達が取りこぼす確率が高まりつつある昨今、デアリングハートやカタマチボタンのような実績あるけどそれなりにしか評価されない馬達が激走することもあるかもしれません。

というのもリニューアル阪神競馬場になってからの芝1600m重賞で好走した馬達は芝1200m未出走馬ばかりです。芝1200m出走馬の好走は08年チューリップ賞3着オディール、07年マイラーズC3着マイネルスケルツィ、07年アーリントンC2着ローレルゲレイロ、3着マイネルレーニア、06年阪神JF2着アストンマーチャン。こういったようにあるにはあるんですがここに挙げられた馬達は人気馬なんですね。だから今後はマイルいけるけど・・・という短距離馬でないと阪神マイルでは勝負にならないのかもしれませんね。そして実績を評価された馬でないと巻き返しは厳しい・・・。なので『芝1200m出走馬』はあくまで紐相手。軸にするのは厳しいというところです。↑の馬達でマイル実績ないのオディールだけですね(阪神JF4着あるけど)。

 

ということで『芝1200m未出走』まとめ

  • 前走1~3着
  • 前走上がり1~3位
  • 桜花賞人気馬
  • 人気薄は3着扱い

こんなまとめ方になったわけですが、人気はそのうち外れる事になると思います。なのでオマケだと思っててください。そのうち絶対に人気薄でも好走すると思うから。特に大混戦だと。

 

~登録馬~

・前走1~3着馬

アロマキャンドル、デヴェロッペ、ブーケフレグランス、ポルトフィーノ、マダムルコント

・前走上がり1~3位

アロマキャンドル、エアパスカル、ソーマジック、デヴェロッペ、ブーケフレグランス、ブラックエンブレム、ポルトフィーノ、ヤサシイキモチ

 

合格は(現時点では)出れないけれどシングライクバード、リトルアマポーラ。減点はエアパスカル、ソーマジック、2歳女王条件で減点持ちのトールポピー、ブラックエンブレム、(賞金不足だけど)ヤサシイキモチ。

前回合格に挙げているオディール、シャランジュ、レジネッタ。減点のエイムアットビップ、エフティマイア。

まとめると今年はリトルアマポーラとオディール、シャランジュ、レジネッタの戦いになるという感じですね。2歳女王減点のトールポピーがどこまで食い込むかという感じです。そしてその他減点持ちの馬達が3着争いというところですね。◎リトルアマポーラにするつもりなので武幸四郎騎手には頑張っていただきたいところです。シングライクバードに期待してたんですがお金がないから忘れな草賞に期待ですかね・・・。ちなみに穴はシャランジュ。阪神JF5着馬です。レジネッタは阪神JFで狙ってたことを思い出せば買わないとなという阪神JF6着馬です。

ポルトフィーノはここより流れが向きそうなオークスで狙いたいですね。オークスが芝2400mをいかに克服するか、という流れからスムーズな流れをいかに克服するか、という舞台に変わりつつあるのでポルトフィーノにとって母、祖母が勝った樫の舞台の方が向くと思うんですよ。桜花賞に届かない家系の呪縛を解くことができるかどうか(ダイナカール3着、エアグルーヴ出走できず、姉アドマイヤグルーヴ3着)というのもあるので人気はすると思うんですけどね。

« 今日の結果(4/6) | トップページ | 季節の変わり目というか・・・ »

競馬」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/40813081

この記事へのトラックバック一覧です: 桜花賞のお話~その2:

« 今日の結果(4/6) | トップページ | 季節の変わり目というか・・・ »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ