« 季節の変わり目というか・・・ | トップページ | オススメ軸馬(4/12) »

2008年4月11日 (金)

桜花賞のお話~その3

ついにシルクメガヒット嬢の引退レースが決まりました。土曜日の阪神8R、芝1800mの牝馬限定戦。美浦に転厩したのでもうこの目で見ることはかなわないんだなぁと思っていただけにまさか阪神に来てくれるとは思いもしませんでした。3月いっぱいで引退と思ってたのもあるんですけどね。村田騎手が土日と阪神で騎乗することもあってこのレースを選ばれたそうなのですが、本当に偶然とはいえもう一度逢えるのかと思うと嬉しいものですね。体調が悪かろうと阪神競馬場で会いたいと思います。

 

桜花賞の枠順発表されました。その1その2で取り上げたデータと出走馬のデータを取り上げていこうと思います。つまりまとめですね。

 

1枠1番デヴェロッペ

『芝1200m未出走馬』で前走アネモネS大敗で上がり3位以内もクリアならずで失格ですね。一応の救いは菜の花賞を勝っているのでマイル実績があることとクイーンC4着と重賞でも善戦していること。どちらにせよ桜花賞で人気するとは思えないので好走しても3着が最高でしょうね。

 

1枠2番エーソングフォー

『芝1200m出走馬』で今回が初マイルということで強調材料がなく失格。初マイルで好走した『芝1200m出走馬』が不在なことと、桜花賞を睨んで控えた競馬を試していましたが、前後3F差のないレースを得意としていた(紅梅S)だけあって見せ場作る事無く大敗。どちらかというと距離伸びること自体が不安なのであまり材料がないのが本音です。

 

2枠3番エイムアットビップ

『芝1200m出走馬』でマイル実績は阪神JF3着。中間熱発もありフィリーズレビューでは見せ場なく敗退。有り余るスピードと気性で押し切る競馬をしていた時と比べて控える競馬をこなせたことで阪神JF僅差の好走をやっているだけに前走の内容で評価落とされているのならある意味狙い目。ただしフィリーズレビュー組自体が距離伸びてよい、という路線ではないのでその分減点持ちです。前後3F差のないレース得意というわけでもなかったのでその分注意した方が良いですね。

 

2枠4番マイネレーツェル

『芝1200m出走組』でマイル実績はエルフィンS4着のみなので失格。マイル実績がなく、短距離シフト化しているフィリーズレビュー好走馬だけにエーソングフォー同様、強調材料が欠けているのが難点。この馬も前後3F差のないレースは得意なのでマイルでは見せ場は作れないと思います。

 

3枠5番オディール

『芝1200m出走馬』でマイル実績はチューリップ賞3着と阪神JF4着なので合格。チューリップ賞好走馬の巻き返しはよくありますし、阪神芝1600mで僅差の内容が続いているだけにここでも活躍してくれれば。阪神マイルでの僅差はマイナスに値しないのであとは脚質的なものだけでしょうか。ややスピード寄りの内容とクロフネ産駒(それとキュンティアの娘)を考慮しても中距離適性に乏しいのが問題でしょうか。この点をどうアンカツさんが扱うかにかかっているでしょうね。

 

3枠6番マダムルコント

『芝1200m未出走馬』で前走着外、上がりも駄目で失格。桜花賞→桜花賞という変わったローテになった地方移籍組。ということで芝実績がありません。それに桜花賞人気もないだろうからよくて3着以下、強調材料もないのでいきなりの大舞台は苦しいと思います。適性そのものが未知数だけどついていくのが精一杯でしょうし。

 

4枠7番ポルトフィーノ

『芝1200m未出走馬』で前走アーリントンC大敗で上がりも×で失格。ただしマイル3戦2勝、大敗したのが阪神マイルだけにそこまで悲観もしなくていいかと。桜花賞上位人気馬なのでまだ救いはあります。それに0.6秒差ですし。それにレース上がり36.2のなか早目に動いて34秒台の脚を一応使っているのでまだ夢は見れるかと。

 

4枠8番ハートオブクィーン

『芝1200m出走馬』でマイル好走がなく失格。芝1200m2勝もよろしくない舞台背景だけに苦戦は続くと思われます。

 

5枠9番リトルアマポーラ

『芝1200m未出走馬』で前走クイーンC1着、上がり3位以内で合格。阪神芝1600m2勝馬であり、重賞勝ち馬。マイル3勝馬は今年は不在だけに昨年のカタマチボタンのような実績の持ち主。唯一の敗戦も京成杯4着でマイネルチャールズに僅差。そして桜花賞でも人気するでしょうから万全と言えます。しいていえばクイーンCからのローテだけでしょうかね。そのクイーンCでの勝ちっぷりは凄かったのである意味間隔あけて正解とも言えますけども(レース間隔が狭まっていたのもあるし)。

 

5枠10番トールポピー

『芝1200m未出走馬』で前走チューリップ賞2着、上がり3位以内で合格。1800m以上での好走の方が多く、マイル2戦1勝(阪神JF1着、チューリップ賞2着)とこちらも堅実な成績を残しています。2歳女王好走条件で4勝未満に属している為、減点を持っています。前哨戦の内容からして確実に1番人気でしょうしこちらもばっちり。あとは2歳女王の定めとどこまで戦えるかでhそうか。

 

6枠11番エアパスカル

『芝1200m未出走馬』で前走チューリップ賞1着ですが上がりは4位以下で減点。チューリップ賞押し切り勝ち、しかも前後3F差のないレース巧者(紅梅S2着)なのがこの馬の減点分。マイル4戦2勝2着2回という安定度もあるし、勝ち方もよかったのでそれなりに人気するだろうし押さえておく必要はりますね。

 

6枠12番ベストオブミー

『芝1200m出走馬』で今回が初マイルで失格。前後3F差のないレース得意というわけでもなく、ダート→芝に再度挑戦で好走した馬なのでその分はマイナスはないんですけども強調材料のない短距離経験馬は辛いですね。

 

7枠13番ソーマジック

『芝1200m未出走馬』で前走アネモネS1着、上がりは4位以下で減点。3連勝中の勢いを買われて穴人気しそうですが、破壊力はやや落ちます。勝ち方こそ先行してのものでもなく、切れ味落ちるのはちょっと気になりますね。それに春菜賞の前後3F差のないレースだったのはきになりますね。

 

7枠14番ルルパンブルー

『芝1200m出走馬』でマイル好走なし。そして年内芝1200m出走馬で失格。典型的な賞金あるけど距離の壁に泣くタイプ。芝1200m3勝というのも向いていないといっているのと同じなので過去の例同様苦戦と思います。

 

7枠15番レジネッタ

『芝1200m出走馬』でマイル3戦1勝、エルフィンS3着と好走で合格。気になるのがフィリーズレビュー好走馬ということですかね。デビュー戦大敗以外は堅実にこなしているので器用にこなすのが売り。500万下の勝ちっぷりがよかったあの内容が出せれば、とは思うんですが。

 

8枠16番ブラックエンブレム

『芝1200m未出走馬』で前走フラワーC1着、上がりは4位以下で減点。今年の芝1200m未出走馬は先行力のある馬が多くて末脚よりも器用さでこなしている部分が目立ちますね。エアパスカル同様、堅実に走るがその爆発力がない部分をどう補うか。先手必勝まで一緒。中距離適性買われて人気するかどうか。

 

8枠17番シャランジュ

『芝1200m出走馬』でマイルは新潟2歳S2着、アネモネS2着で合格。上がり33秒の末脚を披露した新潟2歳S、堅実にマイル重賞で入着を果たすダークホース。アネモネS組は地味なので確実に人気落とすだろうというのが更に狙い目。何気に阪神JF僅差の5着。あっさり軽視するにはちと怖い。血統だけ見たら忘れな草賞走ってそうな血統なんですけどね。テンビーにコマンダーインチーフ。珍しくサンデーの入っていない血統です。

 

8枠18番エフティマイア

『芝1200m出走馬』でマイル好走は新潟2歳S1着。その後大敗と極端な結果になっているのが気掛かり。当時は好位抜け出しで3連勝。京王杯2歳S以降は行けず差せずで5連敗。無理にTR出ずに間隔あけたことが良いほうに出れば・・・。マイル重賞勝ち馬ですが、短距離実績の方が目立つぐらいなので中距離向きとは思えない内容が気になるところ。前走着外で減点にしています。

 

減点馬が多いですがあえて切ってません。3歳戦、しかも牝馬限定戦。きっちり実績が~とか条件がピタリとはまる馬を探していたら該当なしになってしまうこともしばしば。かといって相手は絞りたいし・・・ということでこういう取り上げ方になってます。それもあってデータでは軽視、桜花賞人気を考慮してポルトフィーノはおさえています。やや融通利かないと人気馬嫌ってしっぺ返しってのもよくあるもので。それにポルトフィーノは芝1200m未出走馬ですからね。唯一の大敗が阪神マイルだというのもあります。

 

軽視

デヴェロッペ、エーソングフォー、マイネレーツェル、マダムルコント、ハートオブクィーン、ベストオブミー、ルルパンブルー

おさえ(3着候補)

エイムアットビップ、エアパスカル、ソーマジック、ブラックエンブレム、エフティマイア

連対期待(芝1200m出走馬)

オディール、レジネッタ、シャランジュ

連対期待(芝1200m未出走)

ポルトフィーノ、リトルアマポーラ、トールポピー

 

こういうわけ方になります。

連対期待(芝1200m未出走)3頭BOX、または軸で連対期待(芝1200m出走馬)に流す馬単・馬連が推奨。あとは連対期待(芝1200m出走馬)3頭から買うワイド。おさえで残した5頭は人気馬も含まれているので旨味がないのですが人気薄(オディールは人気馬ですけど)から買うのなら面白味が増します。

それに2歳女王条件を強調するのならトールポピーからの買い目を薄めにしておさえにするのも可能だし、データ上失格のポルトフィーノの買い目を薄めにするのもいいでしょう。私はとりあえずリトルアマポーラ1着固定にするつもりなのでどちらでもいいんですが(汗)。

 

前回も書きましたがシャランジュが激走すれば面白い桜花賞になるんですがね~。流石に勝つまではいかないと思いますけども2着だって狙えるデータ合格馬だけに強調はするべきですね。私の穴ワイド本線は『シャランジュ→リトルアマポーラ、オディール、トールポピー』です。これは多分GⅠ予想でも購入する買い目だと思います。爆穴レベルですけどね、シャランジュ。メガヒットがお世話になった村田騎手が乗るんですけど頑張ってくれると嬉しいですね。

« 季節の変わり目というか・・・ | トップページ | オススメ軸馬(4/12) »

競馬」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/40844634

この記事へのトラックバック一覧です: 桜花賞のお話~その3:

« 季節の変わり目というか・・・ | トップページ | オススメ軸馬(4/12) »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ