« 今日の結果と桜花賞反省会 | トップページ | 皐月賞のお話~その2 »

2008年4月15日 (火)

皐月賞のお話

弥生賞馬スプリングS組を3月に取り上げていましたが、その総決算?皐月賞のお話です。この2つで取り上げてきた内容をまとめると『弥生賞馬とスプリングS組のコンビが活躍する』というお話でした。扱いとしては桜花賞における2歳女王データ(4勝未満は3着以下)のようなものと思ってもらえれば。今回は95~07年までの皐月賞のデータです。丁度サンデーサイレンス産駒デビュー年である95年からの傾向。今回は①です。

 

①中山コース経験

文字通り、中山で走った事のある馬のお話。ヴィクトリー、フサイチホウオー、ノーリーズン、ダンツフレーム、ジャングルポケット、テイエムオペラオー達は中山初出走馬。これだけでも殆ど中山コース経験馬というのがわかるかと。それだけに区分けしないとどうしようもないのでちと分けてみました。

~4角5番手以下~

ドリームパスポート、フサイチジャンク、シックスセンス、タニノギムレット、キングヘイロー、スペシャルウィーク、シルクライトニング、タヤスツヨシが該当馬。この4角5番手以下ですが、中山で行なわれるOP以上の芝レースでのもの。好走したとかそういうのは一切無視して4角の地点でどこにいたかという話。4角5番手以下凄いですね、2着、3着、2着、3着、2着、3着、2着、2着。相手にはうってつけの結果です。他の馬達は先行経験があったわけです。穴馬だらけなので馬単高配当狙いの人はご注意でしょうか。まだ2着はあるぞ、といっても救いがないけど。それとこの活躍馬達はTR(前走)人気馬です。シルクライトニングの5番人気が最高であとは1、2番人気。そして掲示板外になったことが限りなく少ない。それだけの実績を持っている馬達です。フサイチジャンク、シルクライトニング以外は重賞出走し好走しています。TRで人気、そして惨敗せず。中山で4角5番手以下という競馬をしている馬はエリートでないと務まりません。 

オリエンタルロック(人気×、掲示板外×)、サブジェクト(人気○、掲示板外×)、スズジュピター(人気×、掲示板外○)、スマートファルコン(人気×、掲示板外×)、フサイチアソート(人気○、掲示板外○)、フローテーション(人気×、掲示板外×)、ベンチャーナイン(人気×、掲示板外×)、レインボーペガサス(人気○、掲示板外○)

助かるのはフサイチアソート、レインボーペガサスだけでしょうか。とりあえず勝つことはない、2着が最高という紐扱いですが。

 

~中山未経験~

ヴィクトリー、フサイチホウオー、ノーリーズン、ダンツフレーム、ジャングルポケット、テイエムオペラオー。芝1800m以上のOP、重賞で先行した馬達です。4角4番手以内(好走の必要はなくそういう競馬をしたことが大事)。それと芝1800m以上のOP、重賞で先行しつつ上がり35秒台、または上がり1位~3位。先行力、そしてスピード。中山の舞台で活かせるかどうかはやってみないと分からない部分が多いですが、元々やってのけることが大事です。

ヴィクトリー(ラジオNIKKEI杯(上がり35.0)、若葉S(上がり2位))、フサイチホウオー(東スポ杯2歳S(上がり3位))、ノーリーズン(若葉S(上がり35.7))、ダンツフレーム(きさらぎ賞(上がり2位))、ジャングルポケット(共同通信杯(上がり1位))、テイエムオペラオー(毎日杯(上がり1位))

今年の出走馬はノットアローン(中京2歳S 若葉S(上がり35.7 2位))だけ。ちゃんと若葉Sで合格していますね。ヴィクトリーに続けるか楽しみですね。

 

~4角4番手以内~

・中山重賞勝ち馬(重賞勝ち)

サンツェッペリン(京成杯)、メイショウサムソン(スプリングS)、ディープインパクト(弥生賞)、アドマイヤジャパン(京成杯)、コスモバルク(ラジオたんぱ杯2歳S、弥生賞)、ネオユニヴァース(きさらぎ賞、スプリングS)、エイシンチャンプ(朝日杯FS、弥生賞)、アグネスタキオン(ラジオたんぱ杯3歳S、弥生賞)、ダイタクリーヴァ(シンザン記念、スプリングS)、オースミブライト(京成杯)、ナリタトップロード(きさらぎ賞、弥生賞)

ご覧の通りの実績。中距離実績の目立つ馬達ばかりですね。それに芝1800m以上のOP、重賞で上がり1~2位マークもしています。中山で4角4番手以内の競馬を経験し、中山重賞を勝ち、中距離OPや中距離重賞で上がり1、2位をマークした馬。武器は揃った!という馬達。オースミブライトやサンツェッペリンのように前哨戦の結果で見捨てられる馬もいますので注意は必要ですが。

 

スマイルジャック(芙蓉S、スプリングS、中距離OP/重賞上がり×)、マイネルチャールズ(ホープフルS、弥生賞、中距離OP/重賞上がり○)ということでスマイルジャックには上がりが足りませんでした。マイネルチャールズは合格です。

 

・4角4番手以内マークしたレース

ダイワメジャー(スプリングS3着)、メイショウボーラー(朝日杯FS2着、弥生賞2着)、サクラプレジデント(スプリングS2着)、タイガーカフェ(ホープフルS1着)、エアシャカール(弥生賞2着)、チタニックオー(弥生賞6着)、セイウンスカイ(ジュニアC1着、弥生賞2着)、サニーブライアン(ジュニアC1着、弥生賞3着)、フジヤマビザン(若葉S2着)、イシノサンデー(弥生賞3着)、ロイヤルタッチ(若葉S2着)、メイショウジェニエ(スプリングS5着)、ジェニュイン(若葉S1着)、オートマチック(弥生賞4着)

分かりやすいように4角4番手以内だったレースで好走した馬と4着以下だった馬の成績を見てみると・・・。

好走した馬

1着ダイワメジャー・エアシャカール・セイウンスカイ・サニーブライアン・イシノサンデー・ジェニュイン、2着サクラプレジデント・タイガーカフェ・ロイヤルタッチ、3着メイショウボーラー・フジヤマビザン

4着以下

3着チタニックオー・メイショウジェニエ・オートマチック

4着以下は最高3着。これは分かりやすい。連対期待できるのは中山で4角4番手以内マークしたレースで好走している馬。ここではバッサリよりキャラ分けすることが大事かと。

 

キャプテントゥーレ(朝日杯FS3着、弥生賞4着…3着?)、ショウナンアルバ(スプリングS3着…好走組)、タケミカヅチ(弥生賞3着…好走組)、ダンツウィニング(京成杯5着…3着?)、ドリームシグナル(スプリングS6着…3着?)、ブラックシェル(ホープフルS2着…好走組)、レッツゴーキリシマ(朝日杯FS2着…好走組)

 

~本日のまとめ~

生き残り

ノットアローン、マイネルチャールズ、ショウナンアルバ、タケミカヅチ、ブラックシェル、レッツゴーキリシマ

減点持ち

フサイチアソート(2、3着)、レインボーペガサス(2、3着)、キャプテントゥーレ(3着)、ダンツウィニング(3着)、ドリームシグナル(3着)

失格

オリエンタルロック、サブジェクト、スズジュピター、スマートファルコン、フローテーション、ベンチャーナイン、スマイルジャック

 

①の項目で7頭が失格、減点持ちが5頭は上々ですね。

次回でどれだけ残るか・・・楽しみですね?

« 今日の結果と桜花賞反省会 | トップページ | 皐月賞のお話~その2 »

競馬」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/40878405

この記事へのトラックバック一覧です: 皐月賞のお話:

« 今日の結果と桜花賞反省会 | トップページ | 皐月賞のお話~その2 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ