« 桜花賞のお話 | トップページ | オススメ軸馬(4/5)と穴ワイド »

2008年4月 3日 (木)

08年1回中京~おさらい~

春の中京は本当に難しい高速馬場で馬場を読むのに一苦労でした。毎年夏の中京苦戦するのはこのスピード勝負になりやすい高速馬場と戦うからでして、主に行なわれる500万下を挑むにあたり傾向が偏らないというのは非常に困りました。1000万下に関しては見事なくらい外枠同士の決着に偏ったんですが・・・。兎に角、第2回中京で活かせる様に今回のデータをまとめて置きます。よかったら参考にしてください。

 

08年1回中京
前半開催(1~6日目)Aコース

後半開催(7~10日目)Bコース

 

内枠(1・2枠)
開催前半[2-2-2-34] 

1・2日目[1-2-1-20] 3・4日目[1-0-1-14]

5、6日目[0-2-2-12]*

開催後半[4-1-5-31]

7、8日目[2-1-2-18]  9、10日目[2-0-3-13]

 

後半にかけて活躍するというパターン。大抵前半開催(4日間)活躍して、後半開催(4日間)停滞というのが基本とすれば、今回は逆転したという格好です。ご覧の通り、後半開催は2日間で前半開催4日間分の好走していたことになります。逆転しているということは外枠が不調だったというのも関係していたりはしますが・・・。

 

外枠(14~18番)

開催前半[4-1-4-36]

1・2日目[2-1-4-21] 3・4日目[2-0-0-15]

5・6日目[1-2-1-15]*

 

開催後半[3-5-1-36]

7・8日目[2-3-0-20]  9・10日目[1-2-1-16]

開催後半7・8枠[3-6-1-50]

 

活躍の規模は例年通り。外枠馬が特別不調だったというわけではないんですが、主な活躍は500万下、1000万下でのものが殆ど。特に1000万下では3レース行なわれたんですが3レースとも外枠で決着。500万下の大活躍は開催前半に集中的に活躍していました。ということもあって開催最終週でよくみられる外枠の大活躍は目立たず、この開催全体で見れば安定した活躍を見せていたという結果でした。ちなみにこの1000万下による外枠に偏った活躍は例年開催後半によく見られるものなので、1000万下の外枠好走している時は1600万下、OP、重賞ではそこまで期待しないこと。

 

未勝利戦

前走3角5番手以内[5-7-7]

前走3角6番手以下[2-0-0]

好走だけみると相変わらず先行馬による決着が多いです。開幕週の外枠・先行馬を狙る戦法が通用するので2回中京でも活かせると思います。それと未勝利戦の堅さ。7レース中5レースが1~5番人気決着。なので穴狙う方は未勝利戦は控えた方がいいです。3連複狙う時も人気馬・人気馬・6番人気以下、という穴狙いが妥当ですが、こちらも7割で人気決着に偏りやすいのでやっぱり穴狙うには不向きといえます。これは今回だけでなく毎回のことなので。

 

500万下

開幕週の内枠差し馬狙い、は今後も狙っていくとして500万下に関しては本当に難しい。傾向が偏らないのが特徴ですが、開催前半に関してはかなり偏ります。開幕週の内枠差し馬狙いも偏るから狙っているわけですが、今回は不発でした。その代わりに外枠差し馬大活躍。こういう風に偏るので開催前半は500万下の偏る性質を利用すれば楽しめると思います。開催後半は先行馬で偏るという、結果だけ見れば傾向あるなぁと思いそうなところですが、一番荒れやすい500万下だけにあんまり期待はしないことです。

 

1000万下

今回は外枠だけで決着という変わった結果でしたが(例年はばらつく)、あんまりこれを参考にしない方がいいですね。どうも500万下の開幕週内枠差し馬狙いが不発する時はこの傾向に落ち着きやすいので、注目です。それとこの時期は前走3角5番手以内同士とか6番手以下同士で決着する傾向なのでこれも同時に参考にしておくと美味しい配当取れるかもしれませんね。ちなみに例年では先行馬と差し馬、というのが一般的な決着。開幕週内枠差し馬が好走するときはこの決着が一般的なので参考にされるといいかと。これは忘れないようにしないといけませんね。メモメモ…

 

1600万下、OP以上

特徴としては差し馬有利です。この2つのクラスの共通点ですね。ただし、開催前半と開催後半で分かれて行なわれている時は、傾向がガラリと変わるので参考にしない方がいいですね。同時期に行なわれているなら今回のトリトンSと高松宮記念を参考にする、という事も可能なのですが(天候の変化や馬場悪化なども考慮した方がいいです。鵜呑みは禁物)。ちなみに1600万下は基本荒れます。あと3歳戦(つまりファルコンS)に関しては直前に行なわれる500万下を参考にすると面白いですね。これは来年に向けての参考ですけど。

 

高速馬場状態の時は先週の傾向が持続しない、というのも傾向ですね。大抵馬場悪化に伴い、時計がかかり、傾向が偏ってくるんですが、今回のようにずっと状態がよくなると勝ち方は偏っても普段だと台頭するタイプが不発に終わることも多いです。それだけに雨の降った後、道悪馬場で開催が行なわれた時の次週とかは警戒した方がいいですね。

~開幕週~

未勝利戦:外枠・先行馬・人気馬狙い

500万下:内枠差し馬狙い

 

~開催後半~

基本外枠狙い

(開催前半に内枠不発なら)内枠狙い

 

難しい中京ですが、偏る時を見定めるのが一番ですね。見誤ると私みたいにドツボに陥るので(汗)とりあえず2回中京開幕週は内枠差し馬に頑張ってもらいたいと思います。

« 桜花賞のお話 | トップページ | オススメ軸馬(4/5)と穴ワイド »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/40747654

この記事へのトラックバック一覧です: 08年1回中京~おさらい~:

« 桜花賞のお話 | トップページ | オススメ軸馬(4/5)と穴ワイド »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ