« 今日の結果と中京の考慮点 | トップページ | 誕生日だったというのにねぇ »

2008年3月12日 (水)

弥生賞馬

マイネルチャールズ強かったですね。朝日杯経由でない馬、そして天下の2番人気馬による勝利。中山で滅法強い。こうなってくるとこの馬がクラシック戦線を引っ張ることになってくるわけです。・・・という話を今回はしようかと。中京芝1200mはもうちょっと調べることにします。何とか逆転ホームランでトントンにしたいんで。負債が多いんでかなり気にしてるんですけどね。現時点では「中京やっぱり難しぃ」ですが(汗)そうならんように下調べして調査してるのに逆襲されてます。困ったもんだ。

 

マイネルチャールズですが、2勝馬でもなければ3~5番人気でもなく2番人気による勝利、そして朝日杯出走馬でもない。これは出世する弥生賞勝ち馬の特徴です。弥生賞を勝利した朝日杯未出走馬を挙げるとミスターシービー(1番人気)、シンボリルドルフ、スダホーク(5番人気)、サクラスターオー(6番人気)、レインボーアンバー、メジロライアン、イブキマイカグラ、アサカリジェンド、ウイニングチケット(1番人気)、ダンスインザダーク、スペシャルウィーク、ナリタトップロード、フサイチゼノン(1番人気)、アグネスタキオン(1番人気)、コスモバルク、ディープインパクト(1番人気)、アドマイヤムーン(1番人気)、アドマイヤオーラ(1番人気)となるわけですが、見難いので1番人気馬と2番人気以下に分けますと・・・

 

~2番人気以下~

3冠馬シンボリルドルフ、スダホーク、2冠馬サクラスターオー、レインボーアンバー、メジロライアン、イブキマイカグラ、アサカリジェント、菊花賞馬ダンスインザダーク、ダービー馬スペシャルウィーク、菊花賞馬ナリタトップロード、コスモバルクという顔ぶれ。スダホークは皐月賞6着、ダービーと菊花賞2着。レインボーアンバーは春のクラシック未出走ですが菊花賞2着。メジロライアンは皐月賞3着、ダービー2着、菊花賞3着。イブキマイカグラは皐月賞4着、菊花賞2着。アサカリジェンドは皐月賞3着。ダンスインザダークは皐月賞熱発回避もダービー2着。スペシャルウィークは皐月賞3着、菊花賞2着。ナリタトップロードは皐月賞3着、ダービー2着。コスモバルクは皐月賞2着、ダービー8着、菊花賞4着。ご覧の通り、クラシックで好走している馬達です。なのでこの1年軸にして狙っても特に問題はないと思います。そのワリには善戦馬が多いのが気になりますけど(汗)

朝日杯勝ち馬出走年はレインボーアンバー、メジロライアン、イブキマイカグラ。朝日杯2着、3着馬出走年はシンボリルドルフ、スダホーク、サクラスターオー、アサカリジェント、コスモバルク。不出走年はダンスインザダーク、スペシャルウィーク、ナリタトップロード。

 

勝ち馬出走年はクラシック連対馬が出る弥生賞。レインボーアンバーが菊花賞2着。皐月賞3着のアンシストリー(弥生賞3着馬)。メジロライアンはダービー2着、アイネスフウジンがダービー制覇、ホワイトストーン(弥生賞3着馬)が菊花賞2着。イブキマイカグラが菊花賞2着、あとはダービー3着のイイデセゾン(弥生賞3着馬)。面白いのは弥生賞3着馬ですね。

 

2着、3着馬出走年は皐月賞好走馬を多く出す年。シンボリルドルフの時はビゼンニシキ(弥生賞2着馬)が皐月賞2着。ビゼンニシキは次走スプリングSに出走して勝利、そして皐月賞2着でした。スダホークの時はサクラサニーオー(弥生賞2着馬)が皐月賞3着、菊花賞3着。サクラスターオーの時は自身が皐月賞、菊花賞を制する以外に好走馬はみられず。アサカリジェントの時はスタントマン(弥生賞2着馬)との皐月賞3着同着。この年はオークス2着馬サンエイサンキューもいました。。。コスモバルクの時は自身が皐月賞2着、メイショウボーラー(弥生賞2着馬)が皐月賞3着。こちらは皐月賞2着馬が面白い事に。(サクラスターオーの時の弥生賞2着馬ビュウーコウは次走菜の花賞2着、そして皐月賞大敗でした)。

今年の弥生賞2着馬はブラックシェルですね。3着濃厚な勢い(汗)。マイネルチャールズはクラシック連対の可能性、果てはクラシック制覇も夢ではないところまで楽しめる素材ってことですね。

  

不出走年の特徴は世代トップクラスが勢ぞろいする傾向。ダンスインザダーク、スペシャルウィーク、ナリタトップロードの3頭がダービー、菊花賞連対馬というのも凄い事ですが(汗)。ダンスインザダークの時は弥生賞3着イシノサンデーが皐月賞勝利(NHKマイルC勝利したタイキフォーチュン、2着ツクバシンフォニー(弥生賞2着)も出走)。スペシャルウィークの時は弥生賞2着馬セイウンスカイが皐月賞と菊花賞制覇。弥生賞3着馬キングヘイローは皐月賞2着。そしてナリタトップロードの時は弥生賞2着馬アドマイヤベガがダービー制覇。不発でしたが弥生賞3着マイネルシアターも皐月賞5着と健闘しています(あとダービーGP制覇したタイキヘラクレスも出走していましたね)。

 

~1番人気~

3冠馬ミスターシービー、ダービー馬ウイニングチケット、クラシック未出走のフサイチゼノン、無敗の皐月賞馬アグネスタキオン、3冠馬ディープインパクト、善戦までのアドマイヤムーン、ダービー3着のアドマイヤオーラ。クラシックウィナーと勝てなかった馬達との差は何か。4角での位置取りがまず違う。ミスターシービーやディープインパクトは後方からの競馬なのに4角までにあっさりと差を詰めるという内容を弥生賞前に行なっています。ウイニングチケットやアグネスタキオンは元々器用に先行し好位についてあっさり抜け出す競馬。フサイチゼノンもこのタイプに似てますがマイルまでの競馬しかしてないので踏ん張る格好になりました(皐月賞出てたらどうなってたやら)。アドマイヤオーラも器用に前につく競馬をしていたこともあってダービーで巻き返しがあったのだと思うし、来年以降の弥生賞で1番人気が勝つ時は器用さを考慮してみてください。出世するタイプが見れるかも?

 

ちなみにこの時の弥生賞には宝が眠っていることが多いです。ミスターシービーの年はビンゴカンタが皐月賞4着、ダービー3着、菊花賞2着。ウイニングチケットの年は皐月賞を制するナリタタイシン(弥生賞2着馬)、菊花賞2着のステージチャンプ(弥生賞3着馬)。フサイチゼノンの年は2冠(皐月賞、菊花賞)制するエアシャカール(弥生賞2着馬)、皐月賞人気薄での3着チタニックオー。アグネスタキオンの年は菊花賞制するマンハッタンカフェ。ディープインパクトの年は皐月賞と菊花賞2着のアドマイヤジャパン(弥生賞2着馬)。アドマイヤムーン、オーラの年は残念ながら弥生賞から出世したのは自身だけという結果になってます。

 

要するに朝日杯出走馬が弥生賞制すると見事なくらい出世しない弥生賞馬になっちゃうということですね。ダイシンフブキは5戦5勝で皐月賞7着(弥生賞2着馬ダイナコスモスが皐月賞制覇、弥生賞4着馬アサヒエンペラーは皐月賞3着、ダービー3着)。サクラチヨノオーは朝日杯→弥生賞→ダービー馬、という理想的な活躍をした馬。故障に泣いたタイプですがちゃんと皐月賞3着と活躍。サクラエイコウオーは暴走したことが有名に。皐月賞は8着(弥生賞8着ヤシマソブリンがNHK杯からダービー3着、菊花賞2着と活躍)。フジキセキは無念のリタイア(弥生賞2着馬ホッカイルソーが菊花賞3着、弥生賞4着馬オートマチックが皐月賞、ダービー3着)。バランスオブゲームは皐月賞8着とクラシックで苦戦。エイシンチャンプは皐月賞3着と力走(弥生賞6着ザッツザプレンティはダービー3着、菊花賞1着)。

ご覧の通り、2歳チャンプのサクラチヨノオー、エイシンチャンプ以外は苦戦しています(ダイシンフブキは負けてますけど)。どちらかというと負けた馬の方が面白味あったりします。ダイナコスモス、アサヒエンペラーは皐月賞出走時2勝馬。ヤシマソブリンもダービー出走時2勝馬。ホッカイルソーは3勝馬、オートマチックは2勝馬。そしてザッツザプレンティも2勝馬。弥生賞出走馬で3勝以下は警戒すべき存在ですね。

 

で、マイネルチャールズとブラックシェル。

シンボリルドルフ(4戦4勝)、ビゼンニシキ(6戦5勝*皐月賞出走時点)。スダホーク(6戦3勝)、サクラサニーオー(5戦3勝)、サクラスターオー(4戦2勝)、アサカリジェント(7戦3勝)、スタントマン(6戦3勝)、コスモバルク(7戦5勝*中央3戦3勝)、メイショウボーラー(6戦4勝)。優秀な成績といってもいい成績で、しかも連勝経験がないのはサクラスターオーのみ。そして弥生賞で4角4番手のように早めに前についた馬が殆ど。こういった優秀な成績をこの2頭が持っているか・・・ですが。マイネルチャールズ(6戦4勝)、ブラックシェル(6戦2勝)。マイネルチャールズは好走条件が揃っており、今後も楽しめると思いますが(マイネヌーヴェルの全弟だからって皐月賞で終わり、ってのはどうなのかはとりあえず取り上げませんが(汗))ブラックシェルは・・・やっぱり3着っぽい微妙な位置に属していますね。弥生賞4角7番手ですからね。う~ん(汗)。皐月賞でこの2頭を軸(ブラックシェルは3着固定w)で遊ぶことができそうですね。

あとこの条件下だとスプリングS組が頑張ります。ビゼンニシキの時に取り上げたのはこの為でして(特に意味のない前フリw)、スダホークが凡走した時はミホシンザン(スプリングS1着→皐月賞1着)、スクラムダイナ(スプリングS2着→皐月賞2着)がスプリングS組。サクラスターオーの時はゴールドシチー(スプリングS6着→皐月賞2着)とマティリアル(スプリングS1着→3着)がスプリングS組。アサカリジェントの時はミホノブルボン(スプリングS1着→皐月賞1着)がスプリングS組。そしてコスモバルクの時はダイワメジャー(スプリングS3着→皐月賞1着)がスプリングS組です。とりあえず弥生賞がこの例の時はスプリングS組が連対しているので相手はスプリングSにするのをオススメします。

このネタを最後にした理由はちょっと面白いくらいネタが凝縮していて丁度いいフリになりそうなので(汗)。スプリングS組に注目です。どんな馬が出てくるのか楽しみですね。

« 今日の結果と中京の考慮点 | トップページ | 誕生日だったというのにねぇ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/40471005

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生賞馬:

« 今日の結果と中京の考慮点 | トップページ | 誕生日だったというのにねぇ »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ