« 対策になってないので(汗) | トップページ | オススメ軸馬(3/9)とブラッドストーンS »

2008年3月 8日 (土)

中京芝1200m戦とオーシャンS

2歳女王トールポピーが始動ですね。データ的には桜花賞で凡走する2歳女王(2勝馬なので)ということになります。チューリップ賞で好走はどうか、というとアインブライドやビワハイジが好走しているだけにTRはいけるが本番は・・・という例ですね。

ちなみに今回のように3勝以下の2歳女王が出走時ですが、女王より人気している馬が勝つ事が多いです。スエヒロジョウオー(3番人気着外)の時はベガ(1番人気1着)。ビワハイジは1番人気2着でしたが2.3倍、エアグルーヴ(2番人気1着)が2.7倍と僅差。アインブライド(3番人気3着)の時はダンツシリウス(2番人気1着)。タムロチェリー(2番人気着外)の時はオースミコスモ(1番人気2着)、勝ったのは5番人気ヘルスウォール。ヤマニンシュクル(2番人気3着)の時はスイープトウショウ(1番人気1着)。テイエムプリキュアの時は3.1倍1番人気着外でしたが、3.7倍2番人気のアドマイヤキッスが勝利。という風にどれだけ期待されているかで判断できるってのもあります。今回だとオディールが人気並びそうなので逆転されそうですね。

 

オススメ軸馬(3/8)は残念ながら該当馬が不在でした。なので今回は中京芝1200mとオーシャンSを考えてみようと思います。まずは中京。今日は500万下2鞍あります。9Rと10Rはなのき賞(3歳500万下)。9Rの方にはスピードタイプ(先行馬かつ前走上がり1~3位マーク)がいることもあるので枠や位置取りで予想していきましょうか。

 

中京9R

スピード馬というのはアサクサヴェールです。人気が無いので(未勝利勝ってから休養。夏に出走する動きもあったが回避)正直軸にするには信頼度が落ちるので流す相手として残します。それでは順に1枠から見ていきましょう。

1枠ベターデイズは切れる脚をもっていません。旬を過ぎた差し馬なのでここは辛いかと。チアズチャーミーは人気薄の先行馬。人気馬狙いの内枠では該当しませんね。

2枠マルブツプリンスも旬を過ぎた内枠差し馬。この馬も切れる脚はありません。ファウンテンビートは信頼度は落ちるが堅実に走る人気の先行馬。この馬はおさえです。

3枠アサクサヴェールは前述の通り微妙な人気なのでおさえ。スーパーヴァイザーも人気の先行馬なので頼る事にしましょう。

4枠ノースリヴァーは人気の先行馬でおさえ。ケイエスショーキは決め手ある瞬発型の差し馬。人気薄ですがおさえです。

5枠タマイエスは人気の先行馬なのでおさえ。この馬人気落ちた時の方が走るんですけどね(汗)。ドリームタイガーは差し馬。ダートでの決め手しかないので切れる脚を披露は辛いかと。

6枠ベルモントソナタは決め手のある差し馬。人気面で微々ですが押さえでしょう。アナナスが多分断然の人気になると思いますが(中館騎手騎乗)特に目立ってよい枠でも先行馬がよいというわけでもないので他の枠同様おさえです。過度の期待は禁物。

7枠アイノドウシは差し馬。ダートでも決め手は無縁だったので辛いでしょう。ラブレターも差し馬。切れるかというと辛いですけども一応35秒台の脚はもってます。おさえですね。

8枠ラードロアームは差し馬。地方時代はスピードの違いで押し通してましたが上級で切れ味のないところをみせて中央入りも微妙のダートでのものなので辛いでしょうね。タガノプレジールは本来先行馬ですが行き脚不足で前走は後ろから。中京でこの手のタイプは出だしで終わるケースが多いのでひと叩きしてからでしょうね。セフティバーニングは先行馬。こちらも持続勝負の小倉で何とか粘るのがやっと。

 

ということで信頼したい外枠勢が見事にいません。だからアナナスに期待、ということになってるんでしょうけど。先行馬が悪いわけではないし、取りこぼす例が多いということで嫌ってるだけなんでアナナスはおさえておきます。先行馬で残っているのはファウンテンビート、アサクサヴェール、スーパーヴァイザー、ノースリヴァー、タマイエス、アナナスの6頭。差し馬で残っているのはケイエスショーキ、ベルモントソナタ、ラブレターの3頭。中間層で嫌ったのは内枠の切れる脚がなかったベターデイズだけですかね。

なので人気通り残っているわけですが・・・。信頼度の低い2枠、4枠、6枠の3頭より3枠、5枠の3頭(アサクサヴェール、スーパーヴァイザー、タマイエス)を信頼してこの3頭を軸にして流すのを勧めておきます。基本先行馬6頭のBOXでいいんですが、配当面できつい。アナナスが特に人気すると思うのでトリガミも気にしないといけないので3頭から流すのを勧めてみました。

そしておさえとして差し馬3頭。この3頭が来ると荒れますね。差し馬同士で決まることはないので(OP馬ならあるんですが)先行馬6頭→差し馬3頭へというのが穴狙いですね。ラブレターは外枠馬なので特に怖いかなと。不器用だけど。ケイエスショーキも怖いですね。切れる馬なだけに。アナナスが人気を裏切るだけで盛り上がるかもしれません。頑張れ差し馬(汗)

 

10Rはなのき賞は混戦ですね。切れる脚をもつアイリッシュカフェが内枠。旬の過ぎた内枠なのが残念。といってもこの馬がとりこぼしたからといって他の人気馬も多数切れる脚だったり先行力あったりする。マルカベスト狙う人には別に問題はないんですけども。他の先行馬、枠を考慮してもこれは堅いでしょうね。マルカベストから流すのがベストってことですね。

ということで狙いは9R。アナナスが頑張るだけで終了なんですけども(汗)、不吉な6枠に入ってくれたのでまだ夢が見れます。10Rはマルカベストから流すにしても人気馬がちゃんと実力出せる範囲。穴ではナリタスレンダーという切れる脚持つ差し馬がいるのでこちらに注目。

 

~オーシャンS~

続いてオーシャンSです。開催前半に行なわれた芝1200mを調べてみますと・・・(06~08年の関西前半に行なわれた1000万下~重賞)。7、8枠→内枠(1~6番)で決着は6回。内枠(1~6番)同士で決着は9回。6枠→内枠(1~6番)で決着は2回。外枠同士(6~8枠)で決着は1回。その他は4回。というわけでなんのこっちゃというと内枠が必ず来るんですね。その他の決着も内枠馬が連対してのもの。狙いは内枠ってことですね。第1回オーシャンSは内枠同士で決まりましたからね。

で、今回の内枠6頭はリキサンファイター、リキアイタイカン、トーセンザオー、サンアディユ、アイルラヴァゲイン、エムオーウイナー。サンアディユが入っちゃったので確実人気しちゃうでしょうね。そしてアイルラヴァゲイン。この2頭から流すのがいいでしょう。・・・オーシャンSの例でとりあげると内枠馬の中で一番人気している馬と2番目を選べば連対してた、というのもあるんで(汗)。この例で調べてみますと(06~08年開催前半の上級条件)22レース中18回(1着7回、2着11回)、どちらも来なかったが4回。ちなみにどちらも来なかった4レース中3レースは1000万下でした。ということでどちらかが連対してくれるだろう、ということですね。

 

サンアディユと前年の覇者アイルラヴァゲインから内枠へ。そして6~8枠馬。内枠→6~8枠出決まった時の外枠馬を調べると・・・。前走先行馬9頭。前走差し馬1頭。・・・あれ?数が合わない(汗)とりあえず外枠で狙うなら先行馬だってことですね。昨年2着サチノスイーティー、3着シルヴァーゼットは先行馬でした。一昨年3着シンボリグランも先行馬。ということで外枠狙うなら前走先行馬ってことですね。6~8枠馬で前走先行馬は・・・アドマイヤホクト、ナカヤマパラダイス、ドラゴンウェルズの3頭。おさえで流しておきましょう。

おさらい

  • 内枠が好走する条件
  • 内枠同士で決まる事が大
  • 内枠6頭で人気している2頭が狙い目
  • 外枠狙うなら先行馬

ということで

サンアディユ・アイルラヴァゲインから

1~6番(または枠連1・2・3枠BOX)

13・14・16番に流す(馬連)

おさえ

13・14・16番から1~6番へ流す(馬連)

  

枠連はうまいことはいりましたね。リキサンファイターとトーセンザオーが内枠になったのでちょっと楽しみです。サンアディユとアイルラヴァゲインで決まったら仕方ないと考えるしかないかな。あとは外枠先行馬が3着に入ってくれるのを願ってワイド・・・ですか(汗)ただ人気馬なんで旨味がない。やっぱり内枠同士で決まるのを願うところですね。穴党は外枠3頭から内枠6頭へ流す(18点)。やってることは一緒なんですけどね。

  

中京9RとオーシャンSでびしっと当てたいものです

« 対策になってないので(汗) | トップページ | オススメ軸馬(3/9)とブラッドストーンS »

競馬」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/40421036

この記事へのトラックバック一覧です: 中京芝1200m戦とオーシャンS:

« 対策になってないので(汗) | トップページ | オススメ軸馬(3/9)とブラッドストーンS »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ