« 今日の結果と今後の課題 | トップページ | 対策になってないので(汗) »

2008年3月 6日 (木)

中京芝1200m~対策その1

もうすぐ引退のシルクメガヒット嬢が馬インフルエンザとのことで予定してたレースに登録は延期となっちゃったそうです。現在では陰性とのことでほっとしましたが・・・このまま引退になりそうですね。といってもいきなり牧場のほうへ移動も酷だし一息してからになるんでしょうけど。とりあえず3/29までのレースであと1戦出走もあるかもしれない。それにしても本当にドキッとしました。JRAのホームページに書かれていたのがメガヒット嬢とは・・・。

 

開幕週大失敗に終わった(内枠馬狙いとしてはいい感じだったんですが差し馬狙いは大失敗)だけに何とか対策は練っておかないとということで色々調べていましたが、うまくまとまらない。視点を変えないと前に進めない、という時期に来たのかもしれません。勝手にスランプに陥る怖い時期でもあるのでちょっと用心していかないと・・・と構えていたら書き込めなくなってしまったというよくあるヤツです。

さて、前回これはひょっとして狙いにくくなるかも?と危惧してたわけですが、怖がるだけで何か対策というか調べておかないとなということでちょろちょろ調べてたのを一応まとめてみたいと思います。どこから取り上げようかと悩みましたが。

 

~未勝利戦~

前走先行馬による争いが殆どです。08年1回では差し馬が1勝あげていますがあとは先行馬が好走という状況ですが、06年4回、07年1回(今回同様差し馬1勝)、07年2回、07年3回とほぼ先行馬が占めていました。しかも好走した差し馬は人気馬ばかり(1~5番人気)。開幕週こそ外枠が頑張りましたが、2週目は偏らず。荒れるとしたら先行馬。といっても殆ど7番人気までできまるのでえらく荒れることはないなと。これは以前書いた事と一緒ですね。人気のない差し馬に怖がるな、人気馬びしっと。よくある中京対策がそのまま形になっているのが未勝利戦ですね。ちなみに後半開催になると差し馬の好走が増えてくるのですが、基本は先行馬から。

ここまではっきりしてるのは未勝利戦だけ。500万下~OP以上では偏り方が変わっているものの、未勝利戦だけは器用さが生きるという分かりやすい構図です。ただし若駒らしくこの枠の馬だから好走する、というのはなくて内枠の先行馬がしっかりしているくらいしかないので枠は偏りません。外枠狙いの開幕週が偏っているのが変なのかもしれません。

 

~具体的な対策~

開幕週の内枠成績は

06年4回[0-2-1-15]
07年1回[2-2-2-10]
07年2回[3-1-0-21]
07年3回[3-0-1-9]
08年1回[1-2-1-20]

と言う感じで例年通りの成績ですね。といっても内枠差し馬の奮闘は見られず先行馬のみの成績なのでその点がやや気になるなぁというのが前回の内容。今回は脚質でも取り上げましょうか。ちなみに着外数は数えてません。一応好走馬をチェックということで1つ。

 

・差し馬(前走3角6番手以下)

06年4回[1着1回-2着3回-3着2回]
07年1回[1着2回-2着2回-3着1回]
07年2回[1着2回-2着2回-3着3回]
07年3回[1着3回-2着1回-3着2回]
08年1回[1着4回-2着1回-3着2回]

開幕週の内枠内訳は06年4回2着2回。07年1回1着2回、2着1回、3着1回。07年2回2着1回。07年3回1着2回、3着1回。08年1回なし、ということで07年2回と08年1回はここでも似ていますね。ではこの時のほかの枠の成績はどうだったかというと・・・。

07年2回
3枠[1着0回-2着0回-3着1回]
7枠[1着0回-2着0回-3着1回]
8枠[1着2回-2着1回-3着1回]

08年1回
6枠[1着1回-2着0回-3着0回]
7枠[1着2回-2着0回-3着0回]
8枠[1着1回-2着1回-3着2回]

7、8枠の差し馬が頑張っているのも似ているといえば似てますね。では次週はどうなるかというと・・・?

07年2回[1着1回-2着1回-3着1回]
4枠3着1回
6枠2着1回
8枠1着1回

目立たなくなりましたね。

このように先週調子がよかった面が次の週になっても継続というのが減ります。500万下の例で挙げると、開催前半では差し馬が劣勢だったのに開催後半で逆転した(前半[1着1回-2着2回-3着2回]→後半[1着3回-2着2回-3着2回]という風に)。これは1000万下でも同じく差し馬が台頭していました。面白いのが開幕週に行なわれたテレビ愛知OPが外枠差し馬で独占されたのに、最終週に行なわれたCBC賞では外枠は散り散りで先行馬が1着、2着(3着差し馬)という真逆の結果に。といってもテレビ愛知OPとCBC賞では別定戦とハンデ戦の違いもありますけどね。

 

・先行馬(前走3角5番手以内)

差し馬同様07年2回を調べてみました。まずは開幕週。

07年2回[1着5回-2着5回-3着4回]
1枠[1着2回-2着0回-3着0回]
2枠[1着1回-2着0回-3着0回]
4枠[1着0回-2着1回-3着0回]
5枠[1着0回-2着3回-3着0回]
7枠[1着1回-2着1回-3着3回]
8枠[1着1回-2着0回-3着1回]

08年1回[1着2回-2着5回-3着4回]
1枠[1着1回-2着1回-3着1回]
2枠[1着0回-2着1回-3着0回]
3枠[1着1回-2着1回-3着1回]
6枠[1着0回-2着1回-3着0回]
7枠[1着0回-2着1回-3着1回]
8枠[1着0回-2着0回-3着1回]

先行馬の連対数としてはやや異なりましたが、差し馬の頑張りがやや異なる程度なのでそこまで気になりませんが、それにしても枠の成績載せる必要がないくらいバラバラ。あんまり内枠だ、外枠だというのは語らなくてもいいってことですね。元々先行馬だからって信頼できる材料にはならない、と前回か前々回に取り上げてるように、強調材料にはなりません。元々人気するのにそこまで頼りがいがあるかというと脆いという。次週はこんな感じ。

07年2回[1着4回-2着3回-3着4回]

枠別は載せませんけど(バラバラだし)成績安定。好調なだけに穴馬は先行馬が連れて来る格好なので予想する側としては警戒するのは先行馬という小倉と似たような格好になっています。

 

要するに今週は先行馬警戒ということになるわけですが、人気の差し馬は毛嫌いしないこと、穴の差し馬に期待しない、先行馬が中心(穴狙うなら先行馬)、そして穴を無闇に狙わない。狙うなら馬単人気馬との組み合わせで裏の買い目に期待(5番人気→1番人気、という風に)という感じになると思います。

中途半端な開催なので真ん中の週に重賞行われる為、このファルコンSは怖いなと。傾向ががらりと変わる時期にわざわざファルコンS組んだのは何か意図があるんじゃないかと思うくらい、怪しい時期に組んでくれました。何という嫌がらせだ(苦笑)。傾向が偏らせないようにしようという配慮なら分かるんですが、馬場読むのが難しくなるので今開催は悩みまくることになると思います。

中山のオーシャンSは内枠有利のまま行なわれるので内枠に人気集中すると思いますが、外枠も来ます。今年は内枠が中心で外枠が1頭やってくるという感じになるんじゃないでしょうか。例年荒れる原因は外枠にあるんですけども。昨年なんて人気薄2頭突っ込んできたのが外枠でしたからね。余裕があれば挑んでみてください(汗)。堅実派の人は日曜のブラッドストーンSで先行馬をどうぞ。

« 今日の結果と今後の課題 | トップページ | 対策になってないので(汗) »

競馬」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/40389789

この記事へのトラックバック一覧です: 中京芝1200m~対策その1:

« 今日の結果と今後の課題 | トップページ | 対策になってないので(汗) »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ