« あけましておめでとうございます | トップページ | コンピ指数から見た傾向~京都② »

2008年1月 4日 (金)

コンピ指数から見た傾向~京都

一応年内全部のコンピ指数を手に入れているわけではないので不完全な形でのデータを使って取り上げていますのでご注意を。今回は5日から始まる京都競馬の傾向を日刊スポーツ掲載されている『コンピ指数』から見てみました。参考になれば幸いです。

 

~ダート~

京都はD1200m、D1400m、D1800mの3コース。コンピ指数1位の勝率ではダントツでD1200mが抜けています(50%)。D1400mとD1800mは39%。急激に落ち込んでいますね。D1200mは1着が抜けて多いのが原因かと。D1400mは勝率こそ39%ですが連対率はD1200mと同じく65%まで伸ばしています。D1800mは56%とこちらも一応は指数1位の面目は保っています。3着内ではD1200m78%、D1400m80%、D1800m66%と軸としての安定度ではD1800mが目立って伸びない結果となっていますね。本命党の方は指数1位絶対的信頼はしない方がよさそうです。とはいえ条件を絞らないと50%までしか稼げない勝率なので対策は練らないと辛いというのは確かです。何も考えずに約80%好走する短距離戦は見事だとは思いますが。

何せ芝では勝率3割切るもので(汗)。唯一堅かったのが芝2000m戦でした。勝率60%、連対率75%(3着内も同じく)とサンプル数はダートより少ないですがこの安定度は素晴らしい。07年は大荒れが少なかった印象なので特に固め勝ちの傾向だったのかもしれません。指数1位から見ただけですが安定度は分かるかと。本命党は芝2000mを買えってことでしょうか。といっても指数3~8位までの馬達が好走する混戦でもあります。ワイド買う人は1位→3~8位に流す戦法がいいかも(的中率はあがるかと)

 

では具体的に対策を練ってみました。一応私は指数差を見て区分けているんですが、指数1~4位までの上位の指数差の一番大きな部分で判別しています。例えば1位から4位までの指数で、79-78-69-57-…という指数なら一番大きな指数差は3位、4位(指数差12)ですね。・・・まぁ同じ事している人多くて人によって戦法が異なるあたりがコンピ指数の面白いところですが。で、1-2位、2-3位、3-4位、複数該当(複数該当は下位の方を優先。1-2位、3-4位だと3-4位)の4種類に分けられるんですがとりあえず分けてみてください。別に分けただけでは何もなりませんが。今回はダートを取り上げてみます。

 

D1200m

①指数差1-2位

・指数1位85以上、2-3位の指数差6~10

極めて1位が苦戦するパターンで3着以下が目立ちます。指数2、3位を中心に4~8位へ流す馬連。馬単表裏で買うのもいいですね(指数1位が人気集中傾向なので配当が高い)。

・指数1位85以上、2-3位の指数差5以内

絶対的信頼度高い指数1位の姿が見られます。1位から5位まで流す本線と6~9位へ流すワイド。人気馬が好走するパターンですが3着紐荒れも多くスタイルによって分けるといいかと思います。

・指数1位84以下

指数1位~3位が活躍する堅い傾向。1位-2位、1位-3位のガチガチ決着ワイドで決まりやすい。特に6位と7位の指数差が大きい時に堅い傾向です(指数50台同士の時)。3着こそ人気薄来たりしますが、見事な堅さが実感できるかと。逆に不安定なのが5位と6位の指数差が大きい時(こちらも指数50台同士の時)は荒れる傾向なので穴党の方は注目してみてください。多く見られる好走馬の指数は51~46。複勝買っているだけでも楽しめるんじゃないでしょうか。

 

②指数差2-3位

特別1位が頑張る、というわけではないのだけど1~5位がそれなりに頑張り結果堅いというパターン。絞りにくいわ上位指数馬が頑張るから配当は安めだわで本命党の方には工夫できるパターンなので自由に買うほうがいいかもしれませんね。一応基本堅いことを考慮しておくと買い方も絞れますからね。

 

③指数差3-4位

どっちつかずのパターンで特別どの指数が優勢とか1位が頑張るというわけでもないので(全体の確率と変わらない)回避するというのもいいですね。特別荒れる傾向でもなければ堅いような中間のような決着が多いので一番曖昧なパターンです。

 

と言う風に一応分けてみましたが、指数1位が安定しているからこその手なので実力馬が実力を出せるコースってのは見ていても淡白に見えるかもしれないのがD1200mなのかもしれません。堅くて偏る(先行馬、内枠有利)ので穴党の方は①で指数1位84以下、(指数50台)5位と6位差が大きい時をひたすら待つというのもいいかもしれません。その時穴馬が内枠だったら積極的に狙うスタイル・・・面白いかもしれませんが、該当数少ないでしょうねぇ(汗)。とりあえず5日、6日実戦してみて結果を見てみましょうか。初夢Sの方も取り上げている事ですし。

次回はD1400mの予定です。

« あけましておめでとうございます | トップページ | コンピ指数から見た傾向~京都② »

競馬」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/17568977

この記事へのトラックバック一覧です: コンピ指数から見た傾向~京都:

» 日刊コンピ指数は人気がありますが、日刊スポーツ賞 中山金杯はヤッパリ”コンピ指数”で? [競馬予想、競馬情報、競馬必勝法、お得な競馬情報のMBCAM ]
私だけが知っている日刊コンピの儲かる使い方 ? パーフェクト・モデル14 日刊コンピで100万馬券を獲る方法 日刊コンピ指数を解析した競馬必勝法はたくさんあるようですが、私は”松雪猛広 先生”の本 ”メガトンチップ ” が忘れられません。 日刊... [続きを読む]

« あけましておめでとうございます | トップページ | コンピ指数から見た傾向~京都② »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ