« コンピ指数から見た傾向~京都 | トップページ | 08年幸先いいスタート! »

2008年1月 4日 (金)

コンピ指数から見た傾向~京都②

先に初夢Sのネタを取り上げておきます。まずは前走先行した馬のセイウンプレジャー、リーディングエッジ、テイエムノブシオー、ナリタジューン、レキシントンシチー、ガブリン(ガブリンは前走3角5番手だったが競走中止だったので、前々走を考慮してこちらに取り上げています)の6頭。このうち5番人気までの馬を買いましょう。・・・リーディングエッジは該当しないと思います。人気の馬の単勝を買うことになるんですが3~5番人気馬の単勝なら面白い事になりますからね。お相手は内枠差し馬。プリンスコウベ、カシノエスケイプ、スターオブニルス、ウォーターバロン、アドマイヤヘッド、ケアレスウィスパーの6頭ですね。内枠利をどこまでいかして差してくれるかが見所ですね。見事に人気なさそうですからワイドも面白いですね。人気先行馬から流していきましょう。

 

やや脱線しましたが、コンピ指数のお話に戻ります。今回はD1400mのお話。前回取り上げたように勝率こそ不安定ですが馬券圏内の確率は優秀なので信頼できるパターンも・・・と思ったら不調時が少なくて絞りにくいという困った事に(汗)。指数別では勝率は変わらないんですが指数85以上、指数77以下は馬券圏内に来る確率が高まるという指数1位らしいというか指数としては当然な結果なんですが、ちゃんと好走していました。1位が指数85以上時の連対率は64%、3着内は92%。1位が指数77以下時の連対率は66%、3着内は88%。この安定力は流石ですね。・・・気になる1位が指数84~78の時の勝率こそ50%と実はD1400mの全体の勝率に貢献しているんですが、着外数は意外に多い4番打者タイプですね。連対率、3着内は他と比べても大きく伸びない結果となっています。なので1位の安定さ買うなら『指数85以上』『指数77以下』の時に狙いましょう。『指数84~78』の時は単勝を買ってみるのも手ですね。

 

①1位が指数84~78時

1位連対時は人気馬連れて来ます。2~5位の人気馬決着が多いです。馬単1位1着固定で流す(おさえ馬連)。これが基本構成です。勝率の高さを活かして買うのがいいでしょうね。ただし・・・1~4位の指数差(前回参照)で1-2位差が大きい時は不調で波乱の傾向があります。3~8位が大暴れするので上位指数差判別して1-2位の指数差が大きい時は警戒してみてください。買い方としては3~5位→6位~8位(3~5位BOXも忘れずに。去年中山最終レースで4、5、6位で壮絶なタテ目喰らっているだけにこういう軸馬タテ目は避けたい(涙))という買い方。一応ワイドが中心(1位は一応不調でも一発ある4番打者なものでくるんですよ)。馬連でもいい配当狙えますが買い目増えるので割り切った方がいいかなと。とりあえず指数差1-2位が大きい時は単勝は控えた方がいいと言う感じで捉えてもらってもいいですね。

 

②1位が指数85以上

1位と2位の指数差は10以上という人気馬ばかり。この状況なので取りこぼして3着になった時だけ荒れる、という傾向ですが結構取りこぼし(2着、3着が多い)あるので信頼できるんだけど単勝支持されているほど勝ってくれるわけではないのでとりあえず信頼で1倍台ってのは泣けますよね。でも好走するから文句言えない、というD1400mを象徴するかのような成績です。

ちなみに指数85は空振りが多く、指数が多ければ多いほど信頼できる格好です。連対した馬達は86以上なので馬連で狙う時に注意してみてください。買い目としては1位→3位のワイド1点。穴狙いワイド指数54~46の馬達(ただし5頭以上いる場合はその中で指数高い3頭(例:指数54,53,5248,47の場合なら54~52の馬ですね))という感じで穴ワイド狙ってみてください。ただしかなりの人気馬から買うのでオッズはつきにくいです。(2位を買わないのは空振りが多いのと配当面の関係)

 

③1位が指数77以下

指数が指数なだけに伏兵多いので波乱も多いですが、指数1位が踏ん張っているあたりは立派かと。それに1位が指数77以下の時は基本人気割れているような混戦時なので、配当見込めます。基本姿勢は1位→3位、4位へ(馬連・ワイド)です。指数差が丁度3~6位付近で大きくなりやすいのですがその付近の馬達が好走するので「この指数差に着目すれば儲けられる?!」と期待したら、結構その通りに来ているのでこれは検討の価値ありますね。指数差といっても指数50台でのものなのでこの部分に注目するといいでしょう。例えば6-7位の指数差が大きい時は6~8位を買う、という感じです。6位以降の指数差が大きい時は6~8位買っていればいいと思うんですが(一応私は6~8位に流しています)。なので1位→3、4位へのワイドと1位→6~8位へのワイドを買う感じでしょうか。

 

D1400mで馬連買いにくいのは好走するけど中途半端に人気してて配当面と連対率の不安定さがあるので狙いにくいのでそれぞれの特色を活かして買うことが大事なんじゃないでしょうか。『1位の指数84~78時』のスラッガー傾向はちょっと面白いとは思うんですがね。

D1800mの攻略を考えるもやっぱり難しく、信頼できるんだかできないんだかという状態なので難しいですね。もう少し考えてみます。とりあえず明日の日刊スポーツを購入してから考える事にしましょうか。ネットで指数を購入することもできるんですが、新聞で手に入れるほうが分かりやすいもので。アナログな人なものですいません。そんなやつがコンピ指数研究するな、とよく言われるんですが・・・(苦笑)

1月5日の結果次第では冬競馬が楽しみですね、ダートレース多いし。逆に全然当たらないのなら困った事になるわけですが。・・・初夢Sのコンピ指数も気になるなぁ・・・コンピの予想と喧嘩したら悩むなぁ(笑)

« コンピ指数から見た傾向~京都 | トップページ | 08年幸先いいスタート! »

競馬」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/17578225

この記事へのトラックバック一覧です: コンピ指数から見た傾向~京都②:

« コンピ指数から見た傾向~京都 | トップページ | 08年幸先いいスタート! »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ