« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月29日 (火)

今週の予定

アクセス解析ってのを普段見ないんですが、どれどれどんなものかいな?とみてみたら1000アクセス突破してたんですね。自分含めて1000回ここに訪れてくれたと考えるとありがとうございますとしかいえませんね。大した情報書いているわけでないので心苦しいといいますか。一緒に幸せになれたらいいなぁというスタイルなのでいつか皆で「よかった!」と言えるようなの出せるといいんですが。・・・なんて考える事自体がおかしいんでしょうね。努力すればそのまんま何かしら得ているんだろうし。とアクセス解析見ながら考えてしまった。こういうの励みにもなるし勉強にもなるからいい仕組みですね。あんまりblogってのを知らない私には面白いおもちゃですね。

 

さて、今週の予定ですが京都D1200m戦(1600万下)が行なわれます。土曜日のメーンレース、橿原S。1~5番人気に選ばれた前走先行馬を狙え!という小倉と大層変わらないことをするわけですが。お相手は内枠(1~8番)の差し馬と人気馬へ流す馬単・ワイドです。できるだけ差し馬の人気馬が多い事を祈り(苦笑)、先行馬を1着固定して馬単流しができるといいなと思います。そして内枠差し馬の激走に期待。無理に3連単狙うより馬単、ワイドの方が面白いってのがこの京都D1200m上級条件戦の醍醐味です。

小倉はこれまで通り、鉄板条件馬を狙っていくわけですが、開催後半になるにつれて単勝4倍未満の人気馬の好走が落ち込んでくるわけで様子をみてからの購入を心掛けてもらわないとドツボにはまるので一応警戒してください、と前回書き込みましたが、いつ狙うかが今後の鍵ですね。先週のような見事な花火が今後出るとは限らないし、Cタイプ人気馬が揃って吹っ飛ぶような相手構成が今後あるとは限らない。本当に丁度いい時に高配当が出たにすぎないかもしれない。あとは手の付けられない大波乱になったら私達は単に買った分だけ損をするということもあるわけです。だからいつ狙うか、狙わないかを判断することが肝要かと。難しいんですけどね。調子いいからイケイケドンドン、というのも。単純だからこそちょっとした「ズレ」が怖い。それが競馬だと思いますし。

ということで私のメーンディッシュは土曜日京都11R橿原Sです。余裕があれば小倉の牝馬限定戦・萌黄賞に挑むというかたち。萌黄賞に関しては鉄板条件馬が頑張ってくれるわけですがスピード馬が普通に台頭するので毛嫌いしないことが大事ですね。(先週土曜日500万下でやったように鉄板条件馬→人気のスピード馬・切れ味ある馬に流す)とりあえず未勝利戦で鉄板条件馬が勝利、または連対するかどうか。そして4着馬がどのタイプか見て「こりゃ怖い」と思ったら京都だけで楽しむという感じです。

 

あと日曜日の楽しみはもう1つのところにありまして。2頭の一口出資している馬達が出走する事です。シルクレグナムは障害未勝利戦に、シルクメガヒット嬢は東京芝1400mの1000万下に出走します。いや~障害デビューですよ。怖いようなドキドキする日曜日になりそうですねぇ。この日は応援に行きたいと思ってます。なのでまた予想はお休みですね(誰も参考にしてないでしょうけど)。土曜日もちょっと都合が悪いので出走馬のタイプだけ分けたのを載せるつもりです。参考にしてみてください。

あとスマブラX発売ですね(汗)。激戦必死で手に入るのが難しいとのことなので発売日に楽しむのは難しいかもしれませんが、何とか手に入れたいものですね。相変わらず気合の入った出来、ってのがスマブラシリーズなのでいつまでも楽しめるってのがいいですね。愛情こもっているといいますか。こういうゲームは最近見かけないので、スマブラでじわじわと楽しみたいと思ってます。まずは手に入れないと(苦笑)

2008年1月27日 (日)

出来過ぎの感(笑)

今週やりすぎですね(苦笑)

今日の未勝利戦4着馬は鉄板条件。でもBタイプが2着、1着3着は鉄板条件という悩ましい結果に。でもこれで心配せずにCタイプばっさり消せましたよね。ということで小倉9RはBタイプと鉄板条件の人気薄決着で馬連5万ですか。ちゃんと絞れなかったのが現時点での私の実力なんでしょうけども(鉄板条件からBタイプに全部流して33点(苦笑)。更に鉄板条件3頭BOX足して36点)何とかというか偶然といいますか的中しちゃいました。小倉12Rは鉄板条件馬の人気2頭決着で馬連20倍やりすぎですね。3着スーパーワシントンが僅差で負けてくれたってのもあるんですが(スーパーワシントンはCタイプ)。土日でどえらい波乱を取っちゃってるってのはね(汗)。出来過ぎとしか言えません。ということで今日と今週の結果を。

 

日曜日(1/26)

鉄板条件馬[2-2-1-8] 単勝4倍未満[0-0-0-1]
A[0-0-0-0]
B[1-1-1-26]
C[0-0-1-9]

今週(1/26、1/27)

鉄板条件馬[3-4-3-23] 単勝4倍未満[1-0-0-2]
A[1-0-1-3]
B[2-2-1-47]
C[0-0-1-13]

土曜日未勝利4着馬:Bタイプ

日曜日未勝利4着馬:鉄板条件馬

ということでBタイプ爆連中(汗)。4番人気1着ウィズディクタット、1番人気2着アルモニーこそ人気馬でしたけども15番人気1着レオリリー、12番人気2着フェルロッサー、12番人気3着エムオーミラクルと鬼の激走でした。世間的には何と言う邪魔しぃ(苦笑)。Cタイプはサクライダテン(1番人気)、ヴィンテージライン(2番人気)、トーセンペガサス(3番人気)と人気して不発が続きました。先週が出来過ぎだったみたいです。好走は僅差の3着のスーパーワシントン(3番人気)のみでした。

この傾向は何も小倉だけでなくて阪神芝1200m戦に似てますよね。切れる末脚披露する馬が極端に苦戦する阪神芝1200mでも9月のスピード馬場では好走目立つんですが、春先や梅雨時期では上がり切れるタイプは不発が多いのと似てますね。阪神ではもっと粘り腰必要なんですけども。

さて、そのスピードタイプであるAタイプが激走続けていることでも分かるように鉄板条件馬が古馬戦では無類の強さを発揮できていない(帆柱山特別ニシノプライドが出来もよく完勝しましたが)ことを教えてくれていると思います。安定度ではAタイプの方が優秀ですもの(速くて人気通り好走する)。単勝4倍未満の馬が不調ですが、元々裏開催の小倉では混戦ですので人気で判断するのは難しいんでこれで通用しないかどうかというのは難しいですが。

 

今後の課題としては後半開催になることで一挙に好走馬がガラッと変わる恐れがあることですね。現在Bタイプの大穴馬が激走してますが、人気のBタイプが好走始めると鉄板条件馬狙う期間が過ぎたと考慮した方がいいです。土曜ウィズディクタットもやや人気馬、日曜アルモニーはダントツの人気馬と一応好走例あるのでちょっとヤバイか?と思ってたんですが穴馬の好走が止まらないので(苦笑)来週で人気のBタイプが好走始めたり、未勝利戦で人気馬が好走始めたりしたら一応馬場移行時期だと思ってもらうといいですね。一応馬場チェック馬であるAタイプが開催前半から好走しているんですが、バタリと止まる恐れもあるわけです。鉄板条件馬に関しては古馬戦で不調が続いているのを考慮すると後半開催は更に独占する恐れもあります。Bタイプに狩られるシーン増えるという可能性もあるけど。

ということで来週2/2の土曜日はやや様子見する日としてチェックに徹する方がいいと思います。たった2週でペースダウンしてしまうこともあるし、ないとは思いますけどもCタイプ激走時期に入ると何を買っていいのか判らなくなってしまう混戦に陥ることもあるので様子見る方がいいですね。3歳限定戦の萌黄賞は鉄板条件馬買うのもいいとは思いますが、牝馬限定戦の香春岳特別は難しいかもしれませんねぇ。日曜日はとんでもないレース数あるのでここに力注ぐ方がいいかなと。さてさてどうなりますやら。

 

それにしても未勝利4着馬の法則、炸裂しまくりですね(苦笑)。単なる参考に、とジンクスネタ持ち込んでますが2年連続通用してるだけにこれは面白いなと。土曜日のBタイプにはやられましたが(エクセル博多開設記念、Bタイプワンツー)。今のところ不発は見られないので後半開催で不発始まったら小倉回避も考えておいた方がいいかなぁ・・・手つけられない大混戦になるとどうしようもないってのを昨年第2回小倉で経験しているので警戒してしまうわけでして。のわりにはジンクスネタでわいわい騒いでいるのもどうかしてますが(笑)。来週も頑張りましょう。

2008年1月26日 (土)

小倉芝1200mに挑む~1/27

やっと初日といいますか、かささぎ賞の鉄板条件馬の力走に助けられ、馬連4万(馬単8万)という高配当を取れました。問題はblogに書き込んだ時間ですね・・・オススメ軸馬、小倉最終レースは対照的にボロボロでしたがこういう高配当も取れるよ、という参考になったかと。明日が実質最終日のようなものなので(後半開催は様子見ないと何ともいえない)。

~今日の結果~

鉄板条件馬[1-2-2-15] 単勝4倍未満[1-0-0-1]
A[1-0-1-3]
B[1-1-0-21]
C[0-0-0-4]

未勝利戦4着馬:Bタイプ

先週とは対照的にCタイプ落ち込みました。それにしても人気して裏切らないAタイプは優秀ですね。それだけ軽いスピードで圧倒できる馬場なのかもしれません。なのでやや馬場が移行する直前なのかもしれませんね。特に鳥栖特別のBタイプワンツーなんてみると馬場変化に気になるところです。なので明日馬券買われる方は警戒した方がいいですよ。それにしても未勝利戦4着馬、ちゃんとワンツーかますんだから凄いですね(汗)

 

~明日の小倉芝1200m~

3R
鉄板条件
トシアツキ、マキハタビバ、ブリーズヘイロー
ギンザグリングラス、ナリタスカーレット
ロスアンゼルス、ファイナルファイト

B
アルモニー、ヒシビギニン、ビルトゥオーソ
エーシンパンコルト、フォーマウォラト
シゲルラフタラ、オジロ、マリークラレット
カストルキング

その他(デビュー戦)
マキマキトップ

 

9R
鉄板条件
テイエムカシボシ、バーグドール、マヤノモノポリー

B
カシノマイハート、エムオーミラクル、ファインノユメ
ラブレター、アップステージ、レオリリー
メイショウバルドル、ウインウラカワ、ノボスイーツ
マルブツプリンス、モーニングドレス

C
オリエンタルローズ、コアレスリーヴァ
ヴィンテージライン、トーセンペガサス

 

12R 帆柱山特別
鉄板条件
リッカバクシンオ、コスモラヴソング、ニシノプライド

B
ロマンスオーラ、コスモラヴアゲイン、トッケンショウブ
ヴァーチュ、ヒノトリ、クラシカルウィーク
タケデンノキボー、ランドベスト、ベルモントピノコ

C
テイクザホーク、トウショウアタック、エーティーホーオー
スーパーワシントン、ホウライウォニング、コアレスソニック

 

明日のタイプ別を紹介しました。注目はここまで好調だったAタイプが不在。日曜日狙おう・・・と思っていた方申し訳ありません?。明日の未勝利戦で見るべき点は鉄板条件馬がちゃんと上位独占するかですね。例えば今日だと鉄板条件馬とBタイプしかいなかったわけですが(明日の未勝利戦も同様。デビューする馬もいますが)ここで鉄板条件馬が1~3着を独占し、4着と5着がBタイプという結果でした。しかも1着、2着馬と3着馬では7馬身ちぎる圧倒したレースを見せているだけに鉄板条件馬に向くレースだというのが分かるかと思います。3歳500万下のかささぎ賞でも連対しましたからね。ただし鳥栖特別で通用しなかったのは気になりますね。3歳限定戦ではない古馬500万下、1000万下での鉄板条件の成績を見ると・・・

巌流島特別

1着Cタイプ(未勝利戦4着)

2着鉄板条件馬(未勝利戦4着)

3着Aタイプ

 

500万下

1着Aタイプ

2着Bタイプ(未勝利戦4着)

3着鉄板条件馬

 

エクセル博多開設記念

1着鉄板条件馬

2着鉄板条件馬

3着Bタイプ(未勝利戦4着)

 

鳥栖特別

1着Bタイプ(未勝利戦4着)

2着Bタイプ(未勝利戦4着)

3着Aタイプ

 

ということで鉄板条件馬とBタイプしかいなかったエクセル博多開設記念以外は酷い成績で[1-2-1-26]と1レースあたり1頭くらいしか来ない。どうも古馬戦ではいい方に出ていないとも取れます。ご覧の通り、Bタイプが大穴をあけている大活躍。今日のウィズディクタットとフェルロッサー、先週のプリンスヤンクスと未勝利戦4着馬がBタイプのときは波乱を演出しています。Cタイプこそ苦戦している現状だとお世話になりたいのがBタイプ。明日は古馬500万下と1000万下(帆柱山特別)と2レースも行なわれるので未勝利戦の1~4着には警戒してください。連対するのなら前崩れの様相も検討せねばなりませんし、伸びずに5着止まりなら3着紐穴狙いになるでしょうし明日はBタイプの動向と鉄板条件馬の動向が気になりますね。

ま、明日はAタイプ不在ですので前が止まるか止まらないかを警戒するってことですね。9Rといい12RといいCタイプが多いのでこの馬達をばっさり消せる要素としては未勝利戦で1~3着鉄板条件馬が押し切っていて4着Bタイプというのなら軽視できるんですが。。。もし僅差で差し込まれるようならCタイプでも届くってことですからね(今日はサクライダテン届きませんでしたが)

予想の方は未勝利戦見てからでないと何ともいえないので今回はパスしますがコンピ指数をみると帆柱山特別だとCタイプだとスーパーワシントンだけしか人気しないだろうからこの馬だけだろうし。9Rだとコアレスリーヴァ、ヴィンテージライン、トーセンペガサスの3頭が人気。ここで穴狙うのはいけませんぜ旦那、という感じですね。

 

~オススメ軸馬~

中山6R5番

中山12R15番

小倉10R7番

手堅く本線をここから狙うというのがスタイル。たまたま指数同じの80です。とにかく好走率高い3頭を狙おう!という人気馬です。軸にオススメです。といっても馬連で30倍くらいまでが狙い。なので堅いところを狙いましょう。小倉の方は珍しく指数2位で80という2位指数最高馬なので狙っていきましょう。人気ですけどね。

小倉芝1200mに挑む~1/26

何度落ちるんだろうorz

無線LAN調子悪くて泣けます

 

小倉2R終了後何度も書き込んではエラー発生して落ちてますが(涙)すべてこっちの責任なので文句いえましぇん。とりあえず小倉2Rは条件鉄板馬3頭で決着。単勝4倍未満の鉄板が快勝(中館騎手)。4着はBタイプで持続タイプに向くレースと言えます。といっても条件鉄板馬とBしかいなかったんですが・・・。

~小倉10R かささぎ賞~

鉄板該当
リーヴタイム、マルブツキング、ナリタスレンダー
アグネスクリスタル、パシコジャスティス

A
アクアブルーマーチ、デビルズコーナー
ケイプエマラティ、マチカネハヤテ

B
タケデンスキップ、ウォーターリング、ノボリデューク
ティーエスオリジン、バクシンミノル

C
サクライダテン、フラミニアンウェイ

 

1番人気がCタイプのサクライダテン。実績、切れる脚、そしてスピード(時計も含めて)、ペリエ騎手といい人気する材料揃っています。2~5番人気もAタイプ馬が入り、これは大穴狙えるチャンスですね。といってもA、Cタイプが飛ぶわけでないってのはこれが3歳500万下。スピードで押し切っちゃう事も可能で、スペックの差が激しいのも3歳500万下の怖いところ。なので適正差で何とか凌ぐってのが現状です。

ということで鉄板条件馬は6番人気以下ですが、ここから人気馬5頭に流す格好で25点。もしくは馬単2着固定とか。私は何も考えずに馬連で流すつもりです。あと単複も買っておきましょう♪

 

~小倉12R 鳥栖特別~
鉄板条件
ライモン、ヤマニンエマイユ、ジョーブリス
ワイルドイリーガル、リネンアカシア、ウレッコ
セフティバーニング、ボムシェル、リキアイカザン
ミラクルプリンセス

A
ノーブルストーン

B
ケイエスショーキ、フェルロッサー、ウィズディクタット
ウインクルウィナー、ノーモアクライ

C
ロドニーバニヤン、カシノマイケル

 

A、Cタイプが人気薄(カシノマイケルが6番人気付近ですが)なのでこの3頭は軽視でいいとおもいます。人気馬しか来ませんので。なので実質小倉2R同様鉄板条件馬とBタイプしかいないと格好です。しかし大混戦。実力差がはっきりしておらず、適正似たもの同士の激戦なので鉄板条件BOXというのもありでしょう(馬連10頭BOX)。人気割れているので単複で素直に楽しむってのもありですが。ただかささぎ賞に比べれば旨味はないですけど。

ということで混戦です。

小倉10Rは穴馬から買う格好で、AタイプCタイプの人気馬5頭に流す。堅ければ残念の格好ですね。12Rは荒れそうだけど・・・という困ったやつです。鉄板条件であっさり決まってほしいものです。

2008年1月25日 (金)

無線LAN不調

無線LANがすぐ回線遮断しちゃうので調べ物もblogに書き込みもできないという不調に陥っていて苦戦中です。調べ物したのを載せようと思ったら急に重たくなって落ちちゃう。電波状態いいところに移動するしかないなとは思うんですけども。。。でも折角書き込んだ内容がばっさりといかれると悲しいですね。gaiaxさん時代のホームページではかなり泣かされました。それに比べるとまだマシですけど(自身の問題だし)。

ということで小倉の予想の方は明日未勝利戦終わってから(お昼あたり)に載せたいと思います。タイプ別に分けて紹介したいと思ってますので。この状態ですので京都はとりあえずお休みにしたいと思います(苦笑)。調べ物がまったくはかどらなくて困ってます。

 

~明日のオススメ軸馬~

中山10R14番

小倉11R3番

小倉の方は手堅いので人気馬への組み合わせで(試験的)。中館騎手乗るので確実に人気するでしょうけど・・・。中山の方は一応総流し推奨。堅い決着も波乱も同じくらいあるだけに無理せず単複だけで・・・というのもありですが、指数40台が来る事が多い波乱のレースが過去多いので穴狙う馬連もいいとおもいます。エーシントゥルボーは外枠なのでワイドでもいいかもしれませんね(苦笑)

小倉の最終荒れそうでスねぇw

2008年1月23日 (水)

久々に一口クラブ近況

先週中山でオススメ軸馬を出していたんですが、コンピ指数で昔に調べたヤツですがちゃんと好走してくれましたね。殆ど2着でしたが。04年頃に日刊スポーツのホームページで「コンピ指数が入手できる」ということで、関東版のコンピ指数を調べたのがきっかけだったんですが、今でも使えるようでほっとしました。ただ、この頃から馬のパフォーマンスを調べようとしてた為、殆ど使っていなかったりします。それでもちゃんと来るんだからまた、いい指数上位馬がいれば紹介したいと思います。

 

さて、ここ1ヶ月で私の一口出資している馬達に大きな動きがありました。まずはシルキーリゾートの引退。500万下で大敗後そのまま引退。その後佐賀の方で地方デビューし2着、2着と頑張っているようです。そしてシルクメガヒット嬢。去年の暮れに連闘後に美浦の武藤厩舎に転厩しました。これには驚きましたが、京都不得意なメガヒット嬢にとっては東京・中山で競馬する方がいいかもしれませんし。それに3月一杯で引退が確定しています。繁殖入りも内定しているので残り僅かの間ですが応援したいと思います。もう目の前で応援できないのは残念ですが・・・。

 

一番大きな動きといえばシルクレグナムでしょう。昨年末に障害もやってみる、という話が出て「素直に動くレグナムなら向いてるかもなぁ」と思ってたりしたんですが、本当に障害デビューするみたいで、先日メガヒット嬢が武藤厩舎に入厩した日にあっさりと障害試験合格しちゃいました。本当に向いていたんだね・・・山田ステーブルさん、山内調教師の判断凄いわ。この判断がレグナムにいいか悪いかは兎も角、プロの眼って凄いなと。そしてその期待にこたえるレグナムもやるなと。本当に新天地で頑張る事になるわけですが、相変わらず元気に調教積んでいるので近々障害デビューすることと思います。西谷騎手のお褒めのコメントもあったので才能あるかもしれません。障害に向いてなくても障害帰りで復活もありですし。

正直障害戦を応援するのはドキドキもので、そりゃポレールやゴーカイのような名馬を応援するのと一口出資馬の応援ではえらい差です。まず保険が(苦笑)。デビューから応援してきた身としては無事でレースを終えてほしいだけに才能あることを祈るのみです。といいつつ↑で書いているように以前から本当に騎手に素直に反応するので、障害戦のペースとかを考慮するとレグナムにとっていい面もあるんじゃなかろうかと思ったりします。それにしても障害試験あっさり受かりましたねぇ・・・もっとかかるものと思っていたんですが(苦笑)。

 

メガヒット嬢もどんなお母さんになるやら・・・サンデーサイレンスとミスタープロスペクターを持つ繁殖牝馬としてお母さんとして頑張ってほしいと思います。さて、何つけるんだろう?どうしてもこっちばかり気になっちゃいますがまだまだ現役なわけで関東に移籍しても頑張ってほしいと思います。で、東京・中山で出走することになると函館・札幌以外の競馬場全て走った事になったりします。勝った事あるのは阪神だけなんですけどね。伊達に30戦競馬してませんね。中山なんて向いてそうですね。メガヒット嬢も怪我せず故郷に帰らせてあげたいものです。で、クロフネあたりつけるのかな?

やっぱりそっちの方にいっちゃうなw

2008年1月20日 (日)

雨で残念

やっぱり未勝利戦の結果みてから予想しないと駄目っすね(汗)。鉄板条件馬が1着・3着になったわけですが鉄板のメインヴォーカルが3着に。そして差し馬(Cタイプ馬)に差され、4着馬はBタイプだったという状況になってしまった為、私の予想は大きく崩れる事に。といっても9Rプリンスヤンクスを買えたかと言うと微妙ですが(Bタイプ)。やっぱり今年も未勝利戦4着馬の存在は大きいようです。

1/20
鉄板条件[2-1-2-16] 単勝4倍未満[0-0-1-1]
A       [1-0-0-0]
B       [0-1-1-21]
C       [0-1-0-6]

二日間の合計はこちら
鉄板条件[4-4-2-29] 単勝4倍未満[2-1-1-2]
A       [1-0-2-0]
B       [0-1-2-42]
C       [1-1-0-15]

未勝利戦4着馬

土曜:Cタイプ・鉄板条件馬

日曜:Bタイプ

これで分かる事は土曜の結果でBタイプの着外数を1つ間違えていた事が分かりますね(苦笑)。それはさておき、Aタイプの頑張りが目立ちましたがCタイプの買い時があまりにも難しい点と人気馬しか来ないってのが分かるんじゃないでしょうか。そして鉄板条件馬が不調な時に襲い掛かるのがBタイプ。日曜9Rなんてそのままでしたね。次週も頑張らねば。

結構単純でしたでしょ?

日曜日は残念ながらいい思いできませんでしたが、こうも面白く予想できると「これは予想のし甲斐があるなぁ」と思えるわけですよ。今日だとテイエムプリキュアが好走する!と予想してた人ならこう思っていることでしょうけど。日曜メーンは一応4倍以下の馬が破れ、ユメノオーラが踏ん張って人気薄のメイショウイッテキが入るという大波乱。こんな大穴もやってくるのが鉄板条件馬の特徴です。鉄板条件馬とBタイプは嵌れば大穴だってやってくるというのを日曜日だけでみせつけられた格好ですね。こういう大穴を当てないといかんなぁと思うわけで。いつになったら巻き返せるんでしょうか?

大穴・巻き返しといえば中山7Rはいい配当でしたね。前で粘る馬達がセクシーザムライ以外は人気薄ばかりで、あとはオススメ軸に紹介したアグネスポライトが差してくれたら!という展開だったものでちょっと力が入りました。結果は2着でしたが馬連70倍をゲットできて満足。よーし頑張るぞ、というとこで小倉9R完敗(ベレッツァに)、中山9Rはリボンノキシが頑張ってくれたけど軽視した差し馬ウィズインシーズに差されちゃいました。無念。小倉メーンは相手絞る事が出来ずに回避。そしたらメイショウイッテキですもの・・・はぁ。今日はオススメ軸馬しか来ませんでしたね。来週頑張ろう・・・。

2008年1月19日 (土)

小倉は楽しい

未勝利戦前に予想したものは低調でしたが(汗)、鉄板条件馬が頑張ってくれました。3レースとも連対ですから軸にしていた方には心強かったと思います。巌流島特別はチェリーフォレストが人気裏切っちゃいましたが、信頼欠くので4頭軸推薦したんですがリッターヴォルトが2着でした。勝ったシュガーヴァインも未勝利戦を見てからなら買えた馬ですから悔しい部分はあります。ということで小倉1日目の結果はこちら。

1/19
鉄板条件[2-3-0-13] 単勝4倍未満[2-1-0-1]
Aタイプ[0-0-2-0]
Bタイプ[0-0-1-20]
Cタイプ[1-0-0-9]

未勝利戦2戦の4着馬はCタイプと鉄板条件馬。ということ見事に嵌ったのが巌流島特別でした(シュガーヴァイン)。鉄板条件馬の単勝4倍未満はチェリーフォレスト以外はちゃんと連対しているだけに信頼度高いことが分かります。Aタイプにしても2頭とも3着に来ているだけにスピードが必須の馬場だった事が分かるかと。Bタイプが3着がやっとであとは大敗なだけにスピードなくもたついているのは完全にマイナスになってしまったということです。持続勝負に持ち込めるが、先行力がないと太刀打ちできない馬場。特別何か優秀な部分があるわけでないBタイプにとっては奇襲するにはまだまだ辛いようです。明日も軽視することになりそうですね。Cタイプ好走の読みは4着に来ていることとAタイプ善戦で予測できる範囲なのでシュガーヴァイン、ウインイージス買っていた人は大正解だったと思います。ただし僅差でも分かるようにアシストがないと切れ味勝負に持ち込めないだけに明日もCタイプの狙い時は難しくなりそうです。

ということで明日ですが、11Rは鉄板条件馬とBタイプしかいません。鉄板条件馬が得意な条件時なだけにBタイプの6頭は苦戦傾向でしょう。といっても穴馬ばかりですからこうなると鉄板条件馬の実力勝負。内枠に終結した3頭と真ん中のユメノオーラの激突。テイエムカゲムシャも虎視眈々と機会を窺う(好位から差し切りもできるので)という面白い戦いになりそうです。上位から中間層まで皆、鉄板条件馬だからこれは的中確定だけどどう買うかという問題になりますね(汗)。こういう時にBタイプが強襲して泣くというパターンもありますが、こちらは明日の未勝利戦4着馬、CタイプとAタイプの動向をチェックしておいてください。

小倉3RはスナークマイハートとモンテタキオンのCタイプが上位人気。土曜日の傾向からして鉄板条件馬の踏ん張りに期待。この展開ならメインヴォーカルが信頼されるだろうからこの馬が軸になるでしょう。この馬からフィールドグランデ、テイエムデスカイ、穴でシャーカガミの4頭に。4着馬チェックしておきましょう。

9RはAタイプのベレッツァが人気。Cタイプのマイネルプルートとカシマゼロワンも一応人気と上がり勝負の馬達が人気する格好。こうなると鉄板条件馬から勝負が楽しみになりますね。その条件馬では大外のレンデフルール、ストラテジーが人気。この2頭から手広く流すわけですが、土曜日ではAタイプが好調(3着2回)なので人気のベレッツァは押さえておきますか。で、肝心の相手ですけどもお相手はBタイプとなりますね(Cタイプ軽視しているから)。マチカネコウバイ、ユウカージナル、ターニングリーフまで。好位くらいで追いかけられるのはこの3頭くらいでしょう。鉄板条件ではブライティアベストが人気薄。この4頭へ流す8点、ベレッツァに流す2点。そしてレンデフルールとストラテジーの組み合わせで合計11点。やや人気薄に流す8点は押さえのようなもので、理想はレンデフルールとストラテジーの鉄板同士の決着になってくれるといいなと思っております。なのでこの組み合わせだけは多めに。

なので明日は3Rの動向が気になるところですね。Cタイプがうまく差すようならBタイプの大駆けも警戒せざるを得ない(前崩れの危険性)わけで。逆に中途半端に4着、5着止まりで不発なら安心して馬券買えるんですが(汗)。とりあえず明日もCタイプには激走は控えてほしいところです。何せ好調なら9Rで人気決着(マイネルプルートとベレッツァ、あとカシマゼロワン)も考慮しなければならないし。Cが来るという事はAタイプにとってもいいことですのでこうなってしまう。Bタイプなら完全持続勝負が予測されるわけでベレッツァまで軽視できるし。逆に穴馬券買い漁ることにもなるんですが。なので未勝利戦の上位結果は注意しておかねばなりませんね。どう警戒せねば分からないと困るので3Rのタイプを分けておくと

鉄板条件馬

メインヴォーカル、フィールドグランデ、エプソムスティーヴ、テイエムデスカイ、スリータキオン、シャーカガミ

Bタイプ

ブラウンベア、マイアイビギニング、ボナジョルナータ、ホクセツエコー、ディアプリザーヴ、シンモン、ミズバショウクイン、アサクサロータス、ナリタアタッカー

Cタイプ

モンテタキオン、マサマロ、スナークマイハート

 

京都は比較的堅そうなので今回は回避。土曜日も失敗したし(汗)。中山のオススメ軸馬は7Rの14番。手広く流すといいかと。本線よりも20倍以上の組み合わせに注目したいところです。そして9R初春賞。ファルカタリアが圧倒的人気。確かにこの馬の末脚は素晴らしく切れ味も信頼できます。気になるのは内枠を引いちゃったことでしょうか。軸よりも信頼できる1頭として相手として買うほうがいいかと。好調な先行勢のリボンノキシ、テラノフォースワン、シルクプラチナムからファルカタリア、ジェイケイボストン、アドマイヤベッカム、トーセンラヴへ。ファルカタリアにあっさり捉えられて終わり、ってのだけは勘弁ですね(汗)。差し馬が人気の中心なのでワイドで買うと面白いかも。先行勢同士も買っておいたほうがいいです。

小倉の方はまだ不確定要素が少なくて予測の範囲内で行なわれているので個人的にやってて楽しいです。未勝利戦は鉄板条件馬の単複だけにして様子見るというのもいいと思います。なので明日の予想としては小倉9Rが配当的にも予想するにしても面白いんじゃないでしょうか。中山9Rも面白いでしょう。ワイドにしてるあたりにくいですが(汗)。重賞予想もいいけど小倉芝1200m戦で楽しむのもいいですよ。まだ荒れだしてはいませんけど。

小倉がはじまるよ

単勝人気待ちってのも何なので小倉のコンピ指数使えないかな?と思ってたところ、単勝通りAタイプとCタイプの前走速い上がり使った馬達を見定めるのに使えました。見事にコンピ指数5位以内におさまっていました。未勝利戦に限ると人気薄の走りもあるにはありますが1例という状態なので馬連・馬単買う方には心置きなく消せるのではないでしょうか。肝心の鉄板馬を見定めるには不安定要素(例えば武豊人気、先行馬優先の買われ方)があるので何とも言えませんが、とりあえず鉄板条件馬とAタイプも問答無用に売れる傾向なのでオッズに注意してください。

 

~京都~

今回荒れそうなのは京都3R。どっちに転ぶか予想がつかない7Rもありますが上位がだらしないだけで単複では面白味がないので今回は回避して京都3Rにいくことにします。1位と2位の指数差が大きいので逆転狙い。1位は距離短縮・京都では安定した走りのドラゴンホーラー。確実に人気するだけに本当は裏を買いたいのですが・・・。

2位~4位は芝からダート替わり期待されてのものなので流石に信頼し辛い。5位も殆ど実績あるわけではないのでドラゴンホーラーから相手探しとなるのが明白です。こうなると穴の複勝狙いも辛くなってくるので素直にドラゴンホーラーから流すワイドと6~11位の馬でフォーメーションで挑むのもいいかもしれません。変わり身激しい路線でもあるので(汗)

11番→1、4、5、7、9、15番へ(ワイド)

今回は軽めに。単勝はちょっと期待しすぎでしょうw

 

~小倉~

小倉2RはマイネエスポワールなどCタイプが人気の中心。ある意味危ういだけにここは鉄板条件馬に期待が高まります。メルシーヨークが最内から一気に攻める競馬の態勢なだけに本年度1発目の鉄板馬になるかもしれません。ということでメルシーヨークの単勝で。一応様子見レースなのでメルシーヨークがあっさり通用するか確認することにしましょう。

小倉4Rは鉄板条件馬の激突。マイネルコルベットとメイショウローランが人気上位。この2頭で堅いでしょう。おさえでこの2頭からオサナゴコロノキミ、インテンスブルー、トウカイカスタム、ダイメイリリー、ステラダルクに流す。

そして12R。今年は巌流島特別行なわれるの早いなぁ・・・。鉄板条件馬チェリーフォレストが一応人気ですが、続く人気がCグループ(シュガーヴァイン、シティボス、ウインイージス)、そしてAグループのエーシンアロー。エーシンアローがあっさり好走するようなスピード馬場ならシュガーヴァイン達も来るんでしょうけど、寒い、冷える、Bコースとなるとチェリーフォレスト達、鉄板条件馬に期待したいですね。

一応人気馬のチェリーフォレスト、リッターヴォルト、アーバンストリート(5番人気付近?)、穴のアキノパンチ。この4頭を頭にして買っていく事にします。1着固定と2着固定という形で怪しいA、Cタイプは軽視して中穴のBタイプのカシノロイヤル、メイクユーハッピー、ナムラブームの3頭を。勿論鉄板条件馬4頭のBOXも忘れずに。

と、一応買い目書きましたが、2Rと4Rの結果を見てみないと何とも言えませんし、未勝利戦4着馬も確認した上で買うといいと思います。

 

~オマケ・中山~

オススメ軸馬を。

6R5番、12R12番

6Rの方はガチガチですが、12Rの方は5位以下へ手広く。7-12のワイドなんて面白そうです。6Rは単勝でも買って純粋に応援でもw

 

明日穴狙うとしたら小倉12Rですかね。人気の中心がAタイプ、Cタイプの速い上がりを使うタイプが数頭集まっているので崩れたら・・・というところ。流石に大崩れはないでしょうけど(3着には入ると思うので)信頼してはいけないタイプなだけに馬単買う身としては軽視させてもらいました。なので結果的に穴予想寄りになってしまうわけです。鉄板条件馬のワンツーでもある程度配当つくだろうし楽しみですね。もう少しチェリーフォレストが信頼度の高い先行馬ならもっと勝負できるんですけども。。。

2008年1月17日 (木)

小倉芝1200m

結構単純な小倉芝1200m。土方さんの本で色んな事を知ったり考えたり。先行馬を買えばいい、ってだけなら誰でもできるし。ただしそれだけで取れるなら私はわざわざ研究していないわけで(笑)。1年間研究してみて「来年にいかしちゃるけんね!」と思ったことをもう一度思い出しながら書いていくことにします。ちなみに私は京都の人ですw

 

土方吾郎さんの本にある小倉芝1200mから私が勝手に「鉄板馬は確かに走るが他馬を分けるとどうなるかな?」と検証してみた、というものです。鉄板馬(先行馬で速い上がりを使わない馬。単勝4倍未満)に関しては07年は本とほぼ変わらない成績でした。連対率は第2回不調で若干落ちましたが、勝率約4割、複勝率は同じくらいと人気通り活躍してくれました。

 

~鉄板馬(単勝4倍以上)~

要するに人気馬抜き。[21-18-26-270]ということでこれだけだと速い上がり使った馬達と大差ないわけです。上位人気(単勝4倍未満抜き)[13-9-12-85]・・・正直Bグループと大差ないです。穴馬となると[8-9-14-185]ということで小倉芝1200mの穴馬はこのグループです。

 

~前走速い上がりを使った馬達(A.B)~

07年の成績では[17-25-22-166]で勝率7%、連対率18%、複勝率27.8%。成績落としているのは前走鋭い末脚を使った差し馬がスピード足りなくて置いていかれているからともいえますが、前走先行馬かつ速い上がりを使った馬の成績はというと[9-11-10-46]で勝率11%、連対率26%、複勝率39%と低調です。単に先行馬、ということで狙ったものと大して変わらないって事です。このタイプを狙うのは1年を通しても難しい。ちなみに私は先行馬かつ速い上がりを使ったタイプをA(本における危険馬)、前走速い上がりを使ったタイプをCと扱っていました。(勿論ですが土方さんの本の内容からかなり脱線してます)Aの好走馬は主に人気馬。穴馬は1勝だけ。6番人気以下の成績で好走がたったの4回(1着1回、2着2回、3着1回)ですからAでは人気馬しか走りません。Cも似たような傾向ですが、先行馬を食い荒らす傾向なので神出鬼没です。時々鬼のように差すシーン見られるのはその為です。

 

~単に後方からの競馬をしてた馬(B)~

前にいったわけでもなく、かといって溜めて鋭い末脚を披露した馬でもない、中途半端というか単なる差し馬の成績[12-16-12-362]。残りみたいなものですね(汗)。ちなみにこのグループをBと扱っていました。Bの特徴は人気時しか来ない時と穴馬しか来ない時がある・・・アテにならない残り馬らしい成績です。人気時(1~5番人気)[8-7-4-31]。穴(6番人気~)[4-11-8-331]。人気馬はひそかに速い上がり使った馬より勝率、連対率がいい。ただしアテにならないのには変わらない。速い上がりを使う人気馬に比べて狙える程度でそこまでアテにならないですけど。

 

ではわざわざ分けたのですから特徴を載せておきましょう。ここでは前半開催(4日間)と後半開催(4日間)で分けています。まずは芝コースの変化をご覧下さい。今回08年第1回小倉はBコースで行なわれます。つまり昨年と同じというわけです。第3回小倉も後半開催Bコースで行なわれていました。これを元にどのグループが好走していたかをみていきましょう。

 

鉄板条件

第1回開催前半[8-6-4-48] 単勝4倍未満[4-1-0-1]

第1回開催後半[4-3-7-61] 単勝4倍未満[2-0-2-1]

第3回開催後半[7-4-7-46] 単勝4倍未満[2-1-1-0]

 

A(前走先行、速い上がり)

第1回開催前半[0-1-2-11]

第1回開催後半[3-2-1-3]

第3回開催後半[3-5-2-15]

 

B(所謂その他)

第1回開催前半[2-2-1-64]

第1回開催後半[2-3-3-75]

第3回開催後半[2-2-1-59]

 

C(前走後方から、速い上がり)

第1回開催前半[2-2-4-31]

第1回開催後半[1-3-0-23]

第3回開催後半[1-0-3-20]

 

鉄板条件にとって好条件なのがBコース。第2回(Aコース)も変わらず好走していましたが開催前半大苦戦。何と好走数の殆どを人気薄が挙げたもので、開催後半になって巻き返して人気馬オンリーで成績を挙げていました。ということで好走時はかなり偏ります。単勝4倍未満馬にとってはBコースでの取りこぼしが少なく、軸馬に最適です。そんなBコースでも後半落ち込みます(第3回は4日間だけなので逆に成績向上)。逃げ粘れなくなってきたのが分かると思います。途端に3着回数が増え、着外数が倍増しました。単に開催前半逃げた馬がそのまま出走してきて不発が増えた、というのもあるんですが(身から出たサビ)。なのでこの冬だからこそ狙っていこうというタイプです。穴馬でも積極的に狙っていきましょう。

Aは馬場チェック馬で、傾向がガラッと変わったことを教えてくれる馬達です。Aが好走し出すとCもまた好走し始めます。逆に鉄板条件馬が苦戦し始めるサインでもあるのでAの馬が暴れ始めたら小倉買うのをやめるか傾向が変わったことを意識した方がいいということです。といってもAの馬は人気馬しか殆ど好走しませんので無害ともいえますが(汗)。下手に嫌わないようにすることが大事です。コース変化に敏感で全く向かない時と好走時が極端なので面白い。開催前半ボロボロなのに後半になって成績上がってくるのでこのタイプに警戒した方がいいです。ただしスピード馬中心の2歳、3歳限定戦ではこのタイプが主役なので「好走時」と思わない方がいいです。

Bも2、3歳限定戦で人気馬しか来ない時と穴で激走ばかりする(といっても少数)時がありますが、人気馬は若駒時のみ(穴の激走はない)で穴馬として狙うなら鉄板条件に連れられてやってくる持続型ばかり。鋭い切れ味では通用しないのに持続型特有の踏ん張りが効いてくるので穴馬狙うなら鉄板条件とコンビで買うほうがいいです。鉄板条件が不調だった第2回小倉では人気馬しか好走しなかったこともあり、Bの人気馬が活躍しまくっている時は鉄板条件が不調時、というのが分かるかもしれません。これは今年の研究課題ですね。A同様、傾向のバイオリズム掴むことのできる部分かもしれません。

CはAコースの方が好走していて夏の活躍は凄いものがありました。AとCが夏に大爆発、Bは人気馬がコツコツ頑張り、鉄板条件が一人負けする事態に陥り、「これは理論崩壊やね(涙)」となってて焦ったものです。タイプとしてはAと似ており、穴馬が来ないケースが主。好走したのは大爆発した夏のAコース時(第2回後半開催~第3回1日目、2日目)に穴馬まで走りまくったくらいであとは人気馬しか来なかったという結果しか残せませんでした。ちなみに2歳、3歳限定戦で好走するという事は別になく、Aに連れられてやってくるくらいしか傾向はありませんでした。

 

~狙い目とバイオリズム~

鉄板条件

基本は同じ先行馬グループのA同様、人気馬ですが好調時は穴馬だろうが人気馬だろうが無視して激走しまくります(第3回開催後半)。Bコースの傾向ですがやたらと穴馬も連対しまくりなので気楽に穴馬だからいいや♪と切ったら痛い目みます。どちらかというと小倉で儲かる為にはこの穴馬の協力が必要です。ただし馬場傾向が変わると一番に影響するのが穴馬達です。コース変更時や馬場悪化で一番最初に萎縮するので鉄板条件馬が来なくなったな、と思ったら真っ先に穴馬を消しましょう。最後まで踏ん張れるのは人気・実力ある馬だということですね。Aコース攻略はまた夏に考えましょう(忘れてたら教えてくださいませ(汗))。

Aタイプ

鉄板条件と喧嘩するが真っ先にバテて消え去るので人気馬・穴馬ともに鉄板条件全盛期には狙わない事。人気馬おさえるだけにつとめる。嫌う時期を間違えない。穴馬に期待しない。ここはばっさり切る。なので人気馬だけが対象です。穴馬のAタイプは真っ先に消し去りましょう。中館騎手がこのゾーン常連さんで、後半固め勝ちするのが妙にあっててちょっと笑えます。

Bタイプ

持続タイプを狙う、といっても見分けつきませんので血統派の人に聞くといいかと。ノーザンダンサー系のBタイプの成績はいいんだろうか(苦笑)。2、3歳限定時は人気馬だけ買う(2、3歳限定戦大荒れは未勝利戦しかみたことないですので穴馬は消してもいいかなと思います)。あとは鉄板条件馬から流す相手2番手(1番手は鉄板条件馬穴馬・人気馬)として狙うといいと思います。馬場傾向変化に気をつけて。

Cタイプ

こちらも人気馬のみ。しかも好走時がしっかりしてるので穴馬は買うチャンスがないです。牙をむくシーンに夏まで出くわさないと思うんですけどねぇ(汗)。とりあえず1~6番人気馬までしか連対しませんので本命党以外は買わないだろうなぁと思うんですよ。つまり穴馬はここから探さない方がいいということです。

 

あとは鉄板条件の苦戦するバイオリズムを見分けるAタイプとBタイプの好走時に気をつけましょう。鉄板条件馬であってもこの2タイプが好走している時期は警戒するのがいいと思います。それとこれはオカルトネタですが(私好きなんですよ)その日行なわれた3歳未勝利戦4着馬のタイプに注目!というやつです。これは中京芝1200mの外枠連荘時を見分ける、と似たようなネタなんですが、面白いくらいこの4着と不発だったのか踏ん張ったのか分かりにくい馬がその日の傾向を教えてくれるというものです。ただし不調で4着だったのか健闘して4着だったのか、という判断はひじょ~に難しく指数を扱う人でも「どうすっぺ?」と迷うとこだと思うわけでそれだけに狙って不発ってのも普通にあります(汗)。流石オカルトネタ。ただし狙ってて面白いから注目してみてください。

それにこのオカルト、馬場傾向変化をつかむこともあるんですから。先ほど取り上げたAタイプとBタイプだった時なら、この馬が人気馬か穴馬かではっきりするわけですよ。人気馬なら不発ですし、穴馬なら異常時期に突入しているのでは?と考える事が出来るわけですよ。そこからチェックする期間にして馬券を買わないようにして警戒するというのいいです(AタイプorBタイプの馬券だけ買うというのもアリ)。また鉄板条件馬だったならまだまだ安泰だなと思えるし、4着が最高(ABCの馬にコテンパン)だったらその日から警戒態勢に入るのもいいと思うわけですよ。穴党にとって一番困るのがCですね。この馬が入ってくるならガチガチ馬券日に近いわけですから。穴馬だったらもっと悩むところです。この時は1日ドキドキしないといけない。

と言う感じ。どちらにせよ、傾向チェックするのは未勝利戦になるわけですし要チェックしないといけません。あとちゃんと傾向どおり来るのか確かめる期間が必要ですから芝1200m第1戦目は馬券を買わずに様子見してから馬券を買うというのが理想です。別に気にしなくても器械的に買うのも手ですね。色々考えて買わず失敗が一番悲しいですから。そこから追いかけても手は届きませんし。あれこれ書きましたが、結構単純なので参考にしてください。小倉芝1200mで好配当ゲットしたいですね

2008年1月16日 (水)

中山D1200mに進展?

以前から2chでコツコツ書き込んだりしているわけですが、色々こういう視点もあるのかと関心したり、以前自分が書き込んだ内容を残してくれている人がいたりとお世話になっているんですが(私が忘れっぽいってのが問題なだけでは)、今回もデータスレの方にいい勉強させてもらいました。『土方理論』スレでちょくちょく書き込んだりしているんでそちらもご覧下さい。最近過疎気味ですが。ということでその勉強を活かして中山D1200m戦(上級条件)を研究してみたわけです。土方理論スレに今開催の結果載せてみましたが詳しく書くと

  • 前走3角5番手以内[3-2-2-23]
  • 前走3角6番手以下[1-2-2-29]
  • そのうち前走中山ダート戦で6番手以下[1-1-2-11]

ということで中山ダート以外で差してきた馬達で馬券になったのはガーネットS2着スリーアベニューだけ。中山開催が2開催連続だったら京都で差してきた馬も好走するかもしれませんが。その中山以外のスリーアベニューも昨年ガーネットS、一昨年のアクアマリンSで中山D1200mで6番手以下で差して連勝がある馬ですから、実績は大事ですね。ということで差し馬買う時は前走中山ダートで差していた馬、そして中山ダートで上がりの1~3位と切れる脚を使ったことのある馬に絞るといいかと。

単に切れる脚を使った、という馬は好走しておらず上がり1~3位の鋭い切れ味とともに差して3着内に入った経験が大事のようです。流石に1000万下、1600万下、OP、GⅢで未勝利戦で鋭い脚を使ったから買う、ってのは通用しませんけどね。1000万下なら500万下で、1600万下なら1000万下、という感じでしょうか。上級条件でこなしていたならOKでしょう。1000万下2着だったスパーブスピリットは前走中山D1200m500万下で上がり最速で快勝。3着グリーディーも昨年3月に中山D1200m1000万下で上がり3位で2着経験馬でした(前走中山D1200m3角6番手以下で着外)。この場合だとジャニュアリーS勝ったゼンノコーラルはピックアップできませんが(前走D1800mで3角6番手以下で着外、上がり最速)実績に捉われない程度に切れる脚を評価してあげることができればいいのですが・・・これが一番難しい。

お次は軸となる先行馬の扱いですが

  • 1~3枠(1~6番)[0-0-1-11]
  • 4~8枠(7~16番)[3-2-1-12]

ということで4枠より外の馬が中心となって好走しているわけですが(ちなみにたった4レースの結果で書き込んでいるんですが(汗))、元々外枠優勢な中山D1200m戦なのでこれが基準なんですが先行馬でここまで偏られると内枠不発時期なのが分かるような気がします。ちなみに差し馬ではスパーブスピリットが3番で2着、グリーディーが6番で3着になっています。なのでそろそろ内枠馬でも連対馬出るかもしれませんが(苦笑)。とりあえず好走馬が続く限り外枠の先行馬からといきましょうか。気にせず中心にしてみるのもいいでしょうけど。

 

昨年も先行馬祭だった中山。

その事をすっかり忘れてたわけですが(汗)それを思い出したお陰でまた目覚めました。今週は小倉に中山D1200m(上級条件)に、コンピ指数。調べるのが大変だw。ここで取り返すつもりで頑張る事にしましょう。

2008年1月14日 (月)

今後の予定と感想

土曜日のお話ですが京都観光してきました。京都の人が京都観光というのは不思議なお話ですけど、祇園戎神社の残り福(大阪の方では2日も残り福ないそうですが)に出掛けるべく京都競馬場から移動。流石に本宮に比べて屋台もなく、静かな境内でしたがこちらの方がお参りするには向いてますね。で、スムースに事が進んだのでどうしようか、と思ってたら近くに建仁寺あるわけです。そこからちょこっと出たら歌舞練場とウインズ京都、祇園界隈とつながるところですが、建仁寺にぶらっと立ち寄ってウインズで結果見ようかなと。その通り道で龍をみたわけですよ。ああ見たいなと(笑)。あと風神雷神とか○△□にだるま大師図とか満載なわけですよ。500円でみれる。・・・そりゃ行きたくなるわけですよ、中途半端に。でもレース結果見てると閉門しちゃう(4時半で終わり)。ということでウインズ諦めて建仁寺突入。

丁度雨が止んで風がふわっと吹いてて心地がいい寒さで観ることが出来ました。風神雷神図が凄くて目の前で正座してみてしまいました。国宝すげぇなと。・・・でも龍、庭が見たくてここに来てるんだと思い出し、そこから移動。ちょこっとスリッパちいせぇなと思いつつ離れにある法堂双龍図をまじまじと見てきました。。。こりゃいい。よく京都特集でしか見ないから実際に見ると感動しますね。天井にあるので上を見て飲み込まれる感じなんですが、こういう時に目の悪さが悔やまれる。眼鏡で見るのより裸眼で見れたらもっと感動するんだろうなぁと。でも素晴らしい立体感で感動。その後に有名な方丈の庭を満喫(枯山水ってすげぇなと。谷啓さんの『美の壺』見ててよかったwww)。外国の観光客の方と一緒に感動しながら見回っていました。これで500円だから凄いね。

たっぷり楽しませてもらって建仁寺出たらやたら寒さを感じるわけで。やっぱりお寺の防風林というか、風をコントロールしているつくりには驚きますね。ついでに最終レースで軽視した8番に差されたことを知ってショック(汗)。どうしようかしらと悩んだ次第です。皆さんも建仁寺行ってみてはどうでしょうか。楽しいですよ。

 

さて、今週もボロボロでした。調子よかったのが単複。7Rこそ武豊の手綱に見事クビ差に負けてガッカリしましたが(単勝高配当だったので)、10Rは19倍ゲット。あれだけ買っていればそりゃ当たるわ、と言われそうですがまぁいいかなと。シンザン記念は軽視したドリームシグナルが相手弱いだけにあっさりと快勝。うむむw

とりあえず穴単複だけ狙っていこうかなと。来週は小倉開幕しますからこちらも楽しみです。今後のスケジュールは小倉芝1200m戦、京都穴単複。そして京都D1200m(1600万下)という感じで楽しみたいと思ってます。そろそろまともに当てないと個人的にダメージが大きい。それだけに日曜7Rの単勝は悔しかったなぁ。10Rの配当には助かったけど、普通に指数3~5位→6~8位に流すワイドで当たってたなとまたガッカリ。もうちょっとコンピ研究することにします。暫くは去年やっていた土方本研究で培った芝1200m戦と同時に楽しみたいと思っています。

2008年1月13日 (日)

懲りずにコンピ指数で予想

土曜日酷かったですね~(涙)。1Rは堅いどころか荒れたし(指数1位は普通に勝ちましたが)、3Rは穴狙いはよかったが軸が駄目だったし、6Rは1位警戒して3~5位から狙うも、結局1位が好走。一応3位と4位のおさえが当たって取り損、そして12Rは予想通り1位が頑張り、2位のフォルテピアノも頑張ったものの、狙った内枠穴馬は来ずドボン(2着に入った8番は指数8位付近・・・オーノー)。という酷い有様でした。懲りずに日曜も行きます。

 

京都2R(D1200m)

堅いパターン。1~5位で決まりやすいわけですが、指数1位のライフチェンジが実績ともに抜けていますが実績分ほど信頼できないので2~5位の馬達に期待がかかるわけですが、狙い目はライフチェンジの同枠ドゥーエン。指数5位馬で先行力はあるが、まともに踏ん張れていないだけに阪神→京都に替わることで良さがでないかと期待もできますし。あとは指数2位アサケボーイ、指数3位テイエムコオタロの3頭を中心にワイドで買いたいと思います。2位、3位、5位のBOXとこの3頭から4位へ。あと穴ですが2番のエーシンアウォードと3番グルービーアイズを。内枠なのと適度に人気落ちてていいかと。前走も狙ってたのもあるんですが・・・w。ライフチェンジが好走しても配当的に面白味ないのでこっちの方がいいかなという努力的なものです。土曜日の堅いレースも穴馬来てましたからね・・・。

 

京都3R(D1400m)

堅いレースです。特に指数90と高指数時は絶対的な安定度。なのでテンザンストームの仔からいきましょう。4番から手広くいったほうがいいです。というのも人気薄もよく台頭するもので。穴馬狙いというのもいいですね。指数54以下の馬狙いなんですが今回、殆ど該当なんで。4番→1、2、5、6、8、9、10、11番へ(馬連)。7番、3番、15番は押さえってガチガチなので押さえにもならんでしょうから今回は切りました。

 

京都7R(D1400m)

土曜日にもアドリブで穴狙いましたが今回もそっちの方がよいですね。かなりの大混戦です。1位はフォルスストレートですが位置取り、着順が安定しない不安定なこともあるので軸にし辛い。だからワイドなんですが。ということで穴馬ですが6~11位(2、16、14、6、4、7番)が妙味。単複で勝負するのもいいかもしれません。人気薄6頭ですから10倍は狙えますね。ここまで混沌してるのも凄いですけど。

 

京都10R(D1400m)

D1400m3戦目。1位と2位の指数差大きいので波乱傾向。7Rほどではないですがこちらも凄い混沌具合。1位ウインルーセントは堅実に走るんですが距離がどうかなと。信頼度は高いのですが相手は荒れると思います。3~5位→6~8位へ、という買い方になるわけですが今回は止めておいた方がいいでしょうね。こちらも6位以下の単複をオススメしておきます。あとはオッズ次第ですがウインルーセント、ビクトリーテツニーが人気するなら単複で穴狙う方が面白いでしょうね。

一応ウインルーセントが外枠引いているのでこの馬から手広く流すワイドを推薦しておきます。絞りきれないほど下位指数馬もチャンスあるので今回は回避しましたが。競馬予想TVでも市丸さんが大穴狙っているだけに気になるっちゃあ気になるんですが。

 

オマケ・シンザン記念

ドリームシグナルが朝日杯4着ってこともあるので1番人気でしょうが、私は一応軽視。京王杯好走、今回は調教もいいから評価されているんでしょうけどパフォーマンス面でちょっと気になるもので。朝日杯で伸びてる感じなのでこれはどうかなと。別にシンザン記念はスプリント実績中心でも好走あるんですけど取りこぼしが目立つんですね。なのでちょっと多いですがコンピ指数2~9位から買いますね。ドリームシグナルが人気するなら面白味あるので8頭BOXの馬連でも面白いとは思いますが。軸にし辛いなぁ・・・。

買い方としては指数2~5位→指数2~9位という感じがベターだと思います。ドリームシグナル買うなら1位→6~9位で買う感じ。穴党の人なら6~9位の単複忘れずに。どちらにせよ難しいレースですね。今年は小粒で難しい。だからドリームシグナル信頼されているんでしょうけど。

 

土曜日に比べて余計に混沌としていてて難しい。だけど配当が狙えるだけに張り切るのもいいかも。特に7R、10Rは波乱狙っていきましょう。って土曜日完敗の人がいうなw

2008年1月12日 (土)

コンピ指数で予想

ということで先週のリベンジ企画。とりあえず京都D1200mとD1400mで勝負したいと思います。雨降ってスピード天国になりそうですねぇ・・・。

京都1R(D1200m)

上位5頭で決まっちゃうというパターン。2位と3位の指数差が小さければ小さいほど荒れる傾向なんですが今回は見事に指数差14なので堅く決まりそうです。指数1位ファルネーゼは前々走、前走同様安定さが売りなので今回も大きく崩れないでしょう。指数2位マイネアクトナインも先行力で押し切り狙える馬場でもあるのでスピード勝負活かせれば。指数としても安定度高いだけに消せませんね。上位が安定しているだけに穴党は回避した方が賢明です。1~5位で決まる事濃厚ですね。

 

京都3R(D1400m)

ヒモ荒れ期待ですね。一応1位からの線もあるんですが、指数3位、4位から手広く買おうと思います。ウインパトリオットとタガノトスカーナの2頭から指数1位のタマモランニング、穴ワイド狙う6~8位のボストンオー、メイショウセラヴィ、カミングラックへ馬連とワイドで狙います。勿論3位と4位同士の組み合わせも。若手騎手限定戦なものでやや型を崩しています。

 

京都6R(D1400m)

1位、2位の指数差が大きいので穴馬券狙いですね。指数3~5位から6~8位へのワイドと3~5位BOXです。2、9、11番→1、8、10番へ。そして2、9、11番のBOXですね。ファニーストーリー、テイエムヒスイあたりは面白いですね。見事に大混戦なだけに指数中間層が大暴れしてくれる事を期待したいです。

 

京都12R(D1200m)

こちらも人気決着濃厚です。指数上位で決まっちゃう展開。指数1位ショウナンアクトがそのまま押し切っちゃいそうですね。問題あるとすれば外枠にいることと岩田騎手と私との相性が悪すぎる事でしょうか(汗)。指数2位フォルテピアノも京都のダートに戻ってチャンスですし。ゴービハインドもやや真ん中からどういう競馬できるか。人気どころが伯仲しているので競馬見る側としては面白そうです。3連複、3連単買われる方は3着争い警戒した方がいいかと。穴は内枠勢。シンキッカー、ユーセイハヤトオー、セトノヒット、メイショウヨシヒサが楽しみです。ヨシヒサは人気しそうだけど。(京都D1200mの1000万下で穴ワイド狙う時にいつも狙っている馬達なもので。内枠の差し馬。ぐぐっと来て4着とか多くて泣けます)。買い方としては指数1~4位→内枠穴馬へ。合計16点ですが相手がノーマーク内枠差し馬なので多分警戒されないところがミソです。どうしてもダートで内枠不利と思ってしまいがちですが京都は内が優勢ですので穴に最適。あとは指数上位勢が頑張り過ぎないことでしょうか。2頭ほど来て穴馬がズバッと3着が理想です(笑)一応3連複も買いますが、指数1~4位→指数1~4位→内枠穴馬4頭へという買い目のつもりです。

 

明日は6Rと最終で穴馬券当てれるといいなぁ。

ついでに3Rもほどよく荒れて当たるといいんですが。

1Rははなっから諦めてます(汗)

2008年1月10日 (木)

もうちょっとコンピ指数研究

前回が不甲斐なかったので本格的にコンピ指数DLしてきました。以前に比べて日刊スポーツのホームページがゴチャゴチャしてて困惑しましたが。。。現状Excel使えない(結局見送り状態(汗))ので暫くはコンピ指数の話題と小倉芝1200m、京都D1200m(1600万下)の話題ばかりになると思います・・・ある意味地味な話題ですが、フェブラリーSはそれなりに頑張りますので(汗)

前回取り上げた京都D1200mのやつですがやや変えてみます。『指数1位85以上、2-3位の指数差5以内』の条件ですが、馬連は狙わず穴ワイド狙いの方が面白い点と指数54が何故か大爆発している点が妙に気になりまして。なので前回の指数1位→6~9位へ(ワイド)はいいと思うんですね。あと指数2位、3位→4~6位へ(ワイド)、そして指数54の馬→2~6位へ(ワイド)この組み合わせで遊ぶ方が楽しめるかなと。というのも指数1~3位の馬達が好走しやすい点と中間層がわりと来るのを利用してみました。ちなみに指数54の馬がいない時、または指数54が4位にいる時は堅い傾向なので1位・2位、1位・3位、1位・4位軸にした3連複など。1位→6~9位へのワイドも6位、7位までにするという感じで。

ちなみに指数54の馬の成績は[2-2-2-6]と指数のわりには頑張っている穴馬という感じですね。1/6の1Rでいきなり勝たれてちょっと驚きましたけど。

こういう感じでコツコツと調べていくつもりです。

面白いのを見つけられるといいんですけど。

2008年1月 8日 (火)

驚愕の犯人(大した話じゃないです)

昨年12月からExcelが調子悪くて、パフォーマンスを出す事ができなかった件でやっと犯人が分かりました。犯人は・・・パフォーマンスデータの検索用に使っていたマクロでした。って当の本人が暴れていたのかよ・・・。ファイル立ち上げると見事にフリーズするから怪しいとは思っていたんですがあっさりと犯人分かると悲しいものですね。2時間サスペンスの主人公の気持ちになんとなくなりました・・・orz

ということでデータはおじゃんです(涙)。パフォーマンス出すまで暫くお待ちください。バックアップとってたのにそいつ自身が壊れてたってのは一番困る展開ですね。当分コンピ指数と京都D1200m(1600万下)で食いつなぐことになりそうです。あ~もう(哭)。そのコンピ指数も好走する1位の傾向はつかめたんですが現在調子悪いし・・・来週も頑張ります。

2008年1月 7日 (月)

体力との戦い

今年も岩田騎手と相性ワルそうです(笑)。こうも有力馬ぶっとばされたら愚痴も出ます。一方的に私に言われましたよ・・・「お前は岩田を買うな」と。だから12R買わずに帰宅したけどシルクの馬乗って惨敗。私だけの問題じゃないよね・・・エイシンデピュティは巧かったけど。コンピ指数、1位の信頼度落とすの何とかしてください(苦笑)

このあと、ゲームセンターCXクリスマスイヴSPの再放送があるので慌てて帰って9時間の録画に対応。最初の数時間とって、あとは放送終了の朝5時まで録画する。前回失敗しているのとこの機会に画質向上させるべくビエラリンクでやってみました。DRで録画してわかったこと。それはお台場のクリスマスイルミネーションが恐ろしく綺麗に写ったことでしょうかwそれとEDの手書きのヤツが綺麗ってくらいかな・・・。録画ほっておくと止まらないので朝5時に起きてとめましたよ、ちょっとアイドリングまで撮っちゃった。

で、このあとDVD-R5枚におさめるべく編集機能で区分ける作業する予定です。結構疲れる作業ですね・・・編集って。容量が大きいのでさっさと処理してDVD-Rに入れないと色々言われそうです(苦笑)

それにしても体力落ちかけてるときに七草食べる、ってのはだれが編み出したんでしょうかね?ウチではお粥の需要がないので七草焼き飯にしているんですが(焼き飯にしていいのかは知りませんが普通に食べれます)これで何とか正月の疲れをとれたらと思いますね。・・・そんなに負担かけてないんだけどなぁ、風邪ひいていたしw

2008年1月 5日 (土)

08年幸先いいスタート!

こりゃどうしようかな・・・と思うくらいトリガミ地獄に陥っていたんですが(様子見、というか安すぎて回避してたんですが)初夢Sで一応巻き返しという1600万下攻略で何とか。カシノエスケイプ拾えたので許してください(汗)

 

京都2R(D1200m)

馬連(10点 -20円)

指数1位~5位BOX

→1着指数2位、2着指数3位で的中

 

京都3R(D1400m)

ワイド(5点 -320円)

指数1位→3位、4位

指数1位→6位、7位、8位

→1着2位、2着3位、3着1位で的中

 

京都4R(D1400m)

馬連・ワイド(8点 -450円)

指数1位→指数3位

指数1位→指数5位、6位、7位

→1着1位、2着2位、3着5位で的中

 

京都6R(D1200m)

馬連(10点 -1000円)

指数1位~5位BOX

→1着11位、2着6位でハズレ

 

京都8R(D1400m)

ワイド(5点 -500円)

指数1位→3位、4位

指数1位→6位、7位、8位

→1着2位、2着1位、3着10位でハズレ

 

京都9R(D1200m)

馬連(5点 -500円)

指数1位→2、3、4、5位

ワイド(4点 +530円)

指数1位→6、7、8、9位

→1着1位、2着7位、3着2位で的中

 

ということでコンピ指数使用しての予想は1点100円で購入して-2260円と大失敗でした。明日頑張ります。ところで1月1日に書いた初夢Sの予想の結果はこうなりました。

 

京都9R初夢S

前走先行馬で1~5番人気馬はレキシントンシチー、ナリタジューン、ガブリン、テイエムノブシオーの4頭。馬単・ワイドはここからいきましょう。お相手はプリンスコウベ、カシノエスケイプ、スターオブニルス、ウォーターバロン、アドマイヤヘッド、ケアレスウィスパーの6頭へ。

馬単(24点 +920円)*馬連だと+150円

ワイド(24点 -620円)

・・・ということで買いすぎですね(汗)

レキシントンシチーの人気集中もあってカシノエスケイプが来たのに買い方どうにかしないと儲かりませんね。コンピ指数と組めば面白い結果になったかもしれませんが。・・・一応面白い結果になったので明日も頑張る事にしましょう。的中率だけはそれなり、配当はゲンナリという初競馬でした。

買い方の努力ですね。

2008年1月 4日 (金)

コンピ指数から見た傾向~京都②

先に初夢Sのネタを取り上げておきます。まずは前走先行した馬のセイウンプレジャー、リーディングエッジ、テイエムノブシオー、ナリタジューン、レキシントンシチー、ガブリン(ガブリンは前走3角5番手だったが競走中止だったので、前々走を考慮してこちらに取り上げています)の6頭。このうち5番人気までの馬を買いましょう。・・・リーディングエッジは該当しないと思います。人気の馬の単勝を買うことになるんですが3~5番人気馬の単勝なら面白い事になりますからね。お相手は内枠差し馬。プリンスコウベ、カシノエスケイプ、スターオブニルス、ウォーターバロン、アドマイヤヘッド、ケアレスウィスパーの6頭ですね。内枠利をどこまでいかして差してくれるかが見所ですね。見事に人気なさそうですからワイドも面白いですね。人気先行馬から流していきましょう。

 

やや脱線しましたが、コンピ指数のお話に戻ります。今回はD1400mのお話。前回取り上げたように勝率こそ不安定ですが馬券圏内の確率は優秀なので信頼できるパターンも・・・と思ったら不調時が少なくて絞りにくいという困った事に(汗)。指数別では勝率は変わらないんですが指数85以上、指数77以下は馬券圏内に来る確率が高まるという指数1位らしいというか指数としては当然な結果なんですが、ちゃんと好走していました。1位が指数85以上時の連対率は64%、3着内は92%。1位が指数77以下時の連対率は66%、3着内は88%。この安定力は流石ですね。・・・気になる1位が指数84~78の時の勝率こそ50%と実はD1400mの全体の勝率に貢献しているんですが、着外数は意外に多い4番打者タイプですね。連対率、3着内は他と比べても大きく伸びない結果となっています。なので1位の安定さ買うなら『指数85以上』『指数77以下』の時に狙いましょう。『指数84~78』の時は単勝を買ってみるのも手ですね。

 

①1位が指数84~78時

1位連対時は人気馬連れて来ます。2~5位の人気馬決着が多いです。馬単1位1着固定で流す(おさえ馬連)。これが基本構成です。勝率の高さを活かして買うのがいいでしょうね。ただし・・・1~4位の指数差(前回参照)で1-2位差が大きい時は不調で波乱の傾向があります。3~8位が大暴れするので上位指数差判別して1-2位の指数差が大きい時は警戒してみてください。買い方としては3~5位→6位~8位(3~5位BOXも忘れずに。去年中山最終レースで4、5、6位で壮絶なタテ目喰らっているだけにこういう軸馬タテ目は避けたい(涙))という買い方。一応ワイドが中心(1位は一応不調でも一発ある4番打者なものでくるんですよ)。馬連でもいい配当狙えますが買い目増えるので割り切った方がいいかなと。とりあえず指数差1-2位が大きい時は単勝は控えた方がいいと言う感じで捉えてもらってもいいですね。

 

②1位が指数85以上

1位と2位の指数差は10以上という人気馬ばかり。この状況なので取りこぼして3着になった時だけ荒れる、という傾向ですが結構取りこぼし(2着、3着が多い)あるので信頼できるんだけど単勝支持されているほど勝ってくれるわけではないのでとりあえず信頼で1倍台ってのは泣けますよね。でも好走するから文句言えない、というD1400mを象徴するかのような成績です。

ちなみに指数85は空振りが多く、指数が多ければ多いほど信頼できる格好です。連対した馬達は86以上なので馬連で狙う時に注意してみてください。買い目としては1位→3位のワイド1点。穴狙いワイド指数54~46の馬達(ただし5頭以上いる場合はその中で指数高い3頭(例:指数54,53,5248,47の場合なら54~52の馬ですね))という感じで穴ワイド狙ってみてください。ただしかなりの人気馬から買うのでオッズはつきにくいです。(2位を買わないのは空振りが多いのと配当面の関係)

 

③1位が指数77以下

指数が指数なだけに伏兵多いので波乱も多いですが、指数1位が踏ん張っているあたりは立派かと。それに1位が指数77以下の時は基本人気割れているような混戦時なので、配当見込めます。基本姿勢は1位→3位、4位へ(馬連・ワイド)です。指数差が丁度3~6位付近で大きくなりやすいのですがその付近の馬達が好走するので「この指数差に着目すれば儲けられる?!」と期待したら、結構その通りに来ているのでこれは検討の価値ありますね。指数差といっても指数50台でのものなのでこの部分に注目するといいでしょう。例えば6-7位の指数差が大きい時は6~8位を買う、という感じです。6位以降の指数差が大きい時は6~8位買っていればいいと思うんですが(一応私は6~8位に流しています)。なので1位→3、4位へのワイドと1位→6~8位へのワイドを買う感じでしょうか。

 

D1400mで馬連買いにくいのは好走するけど中途半端に人気してて配当面と連対率の不安定さがあるので狙いにくいのでそれぞれの特色を活かして買うことが大事なんじゃないでしょうか。『1位の指数84~78時』のスラッガー傾向はちょっと面白いとは思うんですがね。

D1800mの攻略を考えるもやっぱり難しく、信頼できるんだかできないんだかという状態なので難しいですね。もう少し考えてみます。とりあえず明日の日刊スポーツを購入してから考える事にしましょうか。ネットで指数を購入することもできるんですが、新聞で手に入れるほうが分かりやすいもので。アナログな人なものですいません。そんなやつがコンピ指数研究するな、とよく言われるんですが・・・(苦笑)

1月5日の結果次第では冬競馬が楽しみですね、ダートレース多いし。逆に全然当たらないのなら困った事になるわけですが。・・・初夢Sのコンピ指数も気になるなぁ・・・コンピの予想と喧嘩したら悩むなぁ(笑)

コンピ指数から見た傾向~京都

一応年内全部のコンピ指数を手に入れているわけではないので不完全な形でのデータを使って取り上げていますのでご注意を。今回は5日から始まる京都競馬の傾向を日刊スポーツ掲載されている『コンピ指数』から見てみました。参考になれば幸いです。

 

~ダート~

京都はD1200m、D1400m、D1800mの3コース。コンピ指数1位の勝率ではダントツでD1200mが抜けています(50%)。D1400mとD1800mは39%。急激に落ち込んでいますね。D1200mは1着が抜けて多いのが原因かと。D1400mは勝率こそ39%ですが連対率はD1200mと同じく65%まで伸ばしています。D1800mは56%とこちらも一応は指数1位の面目は保っています。3着内ではD1200m78%、D1400m80%、D1800m66%と軸としての安定度ではD1800mが目立って伸びない結果となっていますね。本命党の方は指数1位絶対的信頼はしない方がよさそうです。とはいえ条件を絞らないと50%までしか稼げない勝率なので対策は練らないと辛いというのは確かです。何も考えずに約80%好走する短距離戦は見事だとは思いますが。

何せ芝では勝率3割切るもので(汗)。唯一堅かったのが芝2000m戦でした。勝率60%、連対率75%(3着内も同じく)とサンプル数はダートより少ないですがこの安定度は素晴らしい。07年は大荒れが少なかった印象なので特に固め勝ちの傾向だったのかもしれません。指数1位から見ただけですが安定度は分かるかと。本命党は芝2000mを買えってことでしょうか。といっても指数3~8位までの馬達が好走する混戦でもあります。ワイド買う人は1位→3~8位に流す戦法がいいかも(的中率はあがるかと)

 

では具体的に対策を練ってみました。一応私は指数差を見て区分けているんですが、指数1~4位までの上位の指数差の一番大きな部分で判別しています。例えば1位から4位までの指数で、79-78-69-57-…という指数なら一番大きな指数差は3位、4位(指数差12)ですね。・・・まぁ同じ事している人多くて人によって戦法が異なるあたりがコンピ指数の面白いところですが。で、1-2位、2-3位、3-4位、複数該当(複数該当は下位の方を優先。1-2位、3-4位だと3-4位)の4種類に分けられるんですがとりあえず分けてみてください。別に分けただけでは何もなりませんが。今回はダートを取り上げてみます。

 

D1200m

①指数差1-2位

・指数1位85以上、2-3位の指数差6~10

極めて1位が苦戦するパターンで3着以下が目立ちます。指数2、3位を中心に4~8位へ流す馬連。馬単表裏で買うのもいいですね(指数1位が人気集中傾向なので配当が高い)。

・指数1位85以上、2-3位の指数差5以内

絶対的信頼度高い指数1位の姿が見られます。1位から5位まで流す本線と6~9位へ流すワイド。人気馬が好走するパターンですが3着紐荒れも多くスタイルによって分けるといいかと思います。

・指数1位84以下

指数1位~3位が活躍する堅い傾向。1位-2位、1位-3位のガチガチ決着ワイドで決まりやすい。特に6位と7位の指数差が大きい時に堅い傾向です(指数50台同士の時)。3着こそ人気薄来たりしますが、見事な堅さが実感できるかと。逆に不安定なのが5位と6位の指数差が大きい時(こちらも指数50台同士の時)は荒れる傾向なので穴党の方は注目してみてください。多く見られる好走馬の指数は51~46。複勝買っているだけでも楽しめるんじゃないでしょうか。

 

②指数差2-3位

特別1位が頑張る、というわけではないのだけど1~5位がそれなりに頑張り結果堅いというパターン。絞りにくいわ上位指数馬が頑張るから配当は安めだわで本命党の方には工夫できるパターンなので自由に買うほうがいいかもしれませんね。一応基本堅いことを考慮しておくと買い方も絞れますからね。

 

③指数差3-4位

どっちつかずのパターンで特別どの指数が優勢とか1位が頑張るというわけでもないので(全体の確率と変わらない)回避するというのもいいですね。特別荒れる傾向でもなければ堅いような中間のような決着が多いので一番曖昧なパターンです。

 

と言う風に一応分けてみましたが、指数1位が安定しているからこその手なので実力馬が実力を出せるコースってのは見ていても淡白に見えるかもしれないのがD1200mなのかもしれません。堅くて偏る(先行馬、内枠有利)ので穴党の方は①で指数1位84以下、(指数50台)5位と6位差が大きい時をひたすら待つというのもいいかもしれません。その時穴馬が内枠だったら積極的に狙うスタイル・・・面白いかもしれませんが、該当数少ないでしょうねぇ(汗)。とりあえず5日、6日実戦してみて結果を見てみましょうか。初夢Sの方も取り上げている事ですし。

次回はD1400mの予定です。

2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

今年も競馬の話をだらだらしたいと思います。

日記じゃねぇなw

ちなみにまだExcel調子悪いです(涙)

まともに動きやしねぇ・・・orz 

 

さて、新年早々問題が起こりまして。朝起きてお湯沸かして、お茶を・・・と思ったら火がつかない。ガス臭い。新年早々火つかえないのかよ~。とりあえずガスは出るんだから火花が原因か、ということで単1電池を買いに行く事に。初買い物は単1電池でした。1月1日だから近所のスーパーも休んでてコンビニまでいく羽目に。単1って売ってないところもあるせいか2軒回った。。新年からいい運動だ。こうして美味しいお雑煮とお茶にありつけるのだから文句言う暇なんてないですね、えぇ。

風邪のほうもカウントダウンとか一切無視して寝てたお陰もあって何とか復活しました。ちなみに起きたのは深夜0時10分。惜しいorz。でもこの時間に起きた事で行く年来る年の最後(つまり来た年)と新年初ニュースとちり場面、アナウンサーが「新年あけましておめでとうございます」を言い間違えたといういい場面を見れました。これは演技がいいのだろうか?その後目が冴えてしまい、さだまさし番組をまったり観てました。いい番組だ、風邪ひいてる人には優しいつくりでよかった。ってことで復活したので強引に朝早くから単1電池買いにいかされたんですけどね(苦笑)。やっぱり普通に火がつくってことは素晴らしい事ですね。

  

~オマケ~

折角なので新年一発目京都9R(1600万下)のお話を。

土方本を研究していた私としてはこの1600万下は得意でした。まずは前走の位置取りをチェックしましょう。前走で3角4番手以内の先行馬にチェック(着順はとりあえず無視)。次にこの先行馬の人気をチェックしましょう。5番人気までの先行馬をピックアップしましょう。そして最後に馬番1~8番までの先行馬以外の馬に流す。これで完成。簡単でしょ?ちなみに馬単とワイドを購入です。これで高配当なら新年一発目のお年玉になるんじゃないでしょうか。ちなみにこのレース名は『初夢S』です。いい夢見れるといいんだけど(笑)。去年はこの条件で全て決まっていますので狙ってみてください。事前に予想もするかもしれませんが・・・。とりあえずはこれを憶えてもらえると来年の京都D1200mの1600万下戦は楽しく挑めます。

来年の京都D1200m、1600万下戦

  • 初夢S(1/5.京都9R)
  • 橿原S(2/2.京都11R)

上半期これだけ?orz

OP戦減ってるし・・・栗東SもD1400mになってるし・・・オワタ

この2レース当てて満足しちゃる!!といけばいいなぁw

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ