« 観戦するのもいいもんです | トップページ | 朝日杯FSのお話~その2 »

2007年12月 5日 (水)

朝日杯FSのお話

緊急事態です。

以前からExcelの調子が悪くてパフォーマンス算出できないことがあったんですが、今回のはデータ自体がヤバ目です。下手するとデータ破損一歩手前でした(汗)というよりExcelが大暴れしてます・・・。バックアップとっておいたからよかったですが現状で動かせないのでちょこっと重賞回顧休みます。これはちょっと困ったな・・・。朝日杯出走馬のパフォーマンス自体が出せないかも(出しても阪神JFのようにバッサリいかれるかもしれませんが)

ということで代替ネタということで朝日杯のお話。

とりあえず好走馬を分けると

  1. 重賞好走馬
  2. 重賞初出走のOP勝ち馬
  3. その他
  4. 重賞勝ち馬

重賞好走馬は昨年のドリームジャーニー(東スポ杯3着)、ローレルゲレイロ(函館2歳S2着など)といった重賞3着内経験しているが重賞未勝利というタイプです。とりあえず近年で該当馬はスーパーホーネット、アポインテッドデイ、テイエムリキサン、スターエルドラード、タガノテイオー、ネイティヴハート、マチカネホクシン、マイネルラヴ。

重賞初出走のOP勝ち馬は一昨年3着ジャリスコライトのような重賞初出走馬だけどOP勝利していたというタイプです。該当馬はアドマイヤドン、フィガロ。バブルガムフェロー、フジキセキ、スキーキャプテン、エルウェーウィンもここですね。

その他は02年1着エイシンチャンプのように重賞3着内がなかった馬です。OP勝利していなかった重賞初出走馬もここ。主にデータクラッシャーがここです(汗)。メジロベイリー、エイシンプレストン、バイオマスター、オープニングテーマ、エアガッツ。

重賞勝ち馬が一番多いのは当然ですけども昨年3着オースミダイドウ(デイリー杯2歳S)が例です。該当馬フサイチリシャール、マイネルレコルト、ストーミーカフェ、ペールギュント、コスモサンビーム、メイショウボーラー、サクラプレジデント、ヤマノブリザード、レジェンドハンター、アドマイヤコジーン、エイシンキャメロン、グラスワンダー、マイネルマックス。

とりあえず好走馬を分けてみましたが普通の自己紹介です。

 

~重賞好走馬~

堅実に走り、結果を残すタイプが多いです。1~3着になったことが3戦以上。ここ該当する馬の共通点です。マチカネホクシン以外は3戦以上連続で3着内も該当しています。重賞好走馬でこのタイプは確実に残しておきましょう。今年の登録馬ではウイントリガー(3戦連続×)、スズジュピター、ドリームシグナル(3戦連続×)、レッツゴーキリシマは合格。サブジェクト、ミリオンウェーブは失格ですね。

 

~重賞初出走のOP勝ち馬~

ジャリスコライト(2戦2勝、いちょうS)、アドマイヤドン(2戦2勝、京都2歳S)、フィガロ(2戦2勝、京都2歳S)という風にOPあっさり勝った馬ばかりです。バブルガムフェローは新馬戦3着後再度新馬戦出走して勝利、その後府中3歳S(現:東スポ杯2歳S)勝利という成績なので普通にOP勝っただけでは足りないようです。4頭とも1800m以上で勝利しているので中距離適正が重要のようですね。これは一応参考程度ですが。初勝利→OP勝利と連勝馬の勢いがここでの鍵になるようですね。今年の登録馬ではスマートギャング(5戦2勝。未勝利4戦出走)。確かに連勝ですが、福島2歳Sですからね・・・。

 

~その他~

1勝馬はメジロベイリー(4戦1勝、前走未勝利戦1着)、エイシンプレストン(2戦1勝。前走新馬戦1着)。2勝馬はエイシンチャンプ(8戦2勝、京都2歳S勝利)、バイオマスター(2戦2勝、500万下勝利)、オープニングテーマ(3戦2勝、もちの木賞勝利)、エアガッツ(4戦2勝、きんもくせい特別勝利)。実績バラバラで確実に消されたり、実績不足を考慮されたり取り扱い難しい組です。共通点としては4角で4番手以内の先行しつつ出走メンバー上がり3位以内というスピード披露している馬。メジロベイリーは4戦とも先行しているんですが4角3番手以内、上がり最速マークで初勝利。エイシンプレストンも4角3番手以内、上がり最速マークで初勝利。前走新馬戦or未勝利戦の馬はこの条件で。2勝馬もエイシンチャンプ(未勝利戦で該当、京都2歳Sで該当)、バイオマスター(新馬戦で該当、500万下で該当)、オープニングテーマ(新馬戦で該当、もちの木賞で該当)が勝利時に該当していました。エアガッツだけが該当しませんでした。この年、福島開催ではなく旧新潟で代替開催しているので例外でもいいかなとは思うんですが(苦笑)。大体旧新潟コースは今と全然違いますから・・・と一応補足。

今年登録馬ではアグネスクリスタル(未勝利戦勝利時該当)、エーシンフォワード(新馬戦勝利時該当、500万下×)、オーロマイスター(新馬戦×)、ギンゲイ(未勝利戦×、500万下該当)、ゴスホークケン(新馬戦該当)、シルクストレングス(新馬戦該当)、スマートファルコン(新馬戦×)、セレスハント(新馬戦該当、500万下該当)、ダンジグマスター(未勝利戦該当)、ドリームガードナー(未勝利戦該当、ベゴニア賞該当)、ノットアローン(未勝利戦該当)、フェイムロバリー(未勝利戦×)、フォーチュンワード(新馬戦該当、芙蓉S×)、マルターズオリジン(未勝利戦該当)、ミスティフォレスト(新馬戦該当)、ミッキーチアフル(未勝利戦該当)、ヤマニンキングリー(新馬戦該当、黄菊賞×)、レインボーペガサス(未勝利戦×、もちの木賞×)と多い。何頭出れるのだろうか?とりあえず出走できてから続き考える事にしましょうか(汗)

 

~重賞勝ち馬~

連勝馬が多いので連勝で分けました。3連勝以上経験はオースミダイドウ、フサイチリシャール、マイネルレコルト、メイショウボーラー、レジェンドハンター、エイシンキャメロン、グラスワンダー、マイネルマックス。連勝経験(3連勝該当馬以外)はストーミーカフェ、ペールギュント、コスモサンビーム、サクラプレジデント、ヤマノブリザード、アドマイヤコジーン。なので連勝経験していない重賞ウイナーは無視していいかと。何せ連勝経験していない重賞勝ち馬の好走はなんと1983年勝ち馬ハーディービジョンまで遡らねばなりません。レース体系もグレード制もなく、関東2歳チャンプ決定戦時代ですから・・・。

今年登録馬はアポロドルチェ、キャプテントゥーレの2頭とも連勝経験していません。見事に間挟んで負けてますね。僅差の4着馬に単発重賞ウィナーは一応いるんで3着候補で狙うとどうでしょうか?私は切りますが。

 

というわけであんまり書きなれてなくてゴチャゴチャになってしまったわけですがとりあえず絞れると言うよりは参考程度で見てください。それで重賞勝ち馬2頭ばっさり切ってるのでよしとしてくれるとありがたいです(汗)。それにしてもExcel使えないと不便ですね・・・。他の作業もあれに頼ってたので大変です(><)。オマケでジンクスというかオカルトネタですが・・・阪神JFを勝った馬の父産駒が同年朝日杯FS勝利することはできないというオカルトネタがあります。あの大種牡馬サンデーサイレンスも連勝はしていません。98年×、02年×、04年×と3回挑戦し果たせませんでした。不思議と勝ちませんので(クビ差2着はあるんですけども)単勝買う人は参考にしてみてください。元々競馬場が異なるのだから当然という感じなんですが、ずっと継続中、あのSS産駒ですら果たせなかった記録なので。今年だとジャングルポケット産駒ですね。・・・って今年登録してるの1戦1勝馬ミスティフォレストしかいない(笑)。今年は不戦敗の確率もありますね・・・じぇんじぇん役に立たん(汗)。お粗末なオチだ・・・w

« 観戦するのもいいもんです | トップページ | 朝日杯FSのお話~その2 »

競馬」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/17277488

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日杯FSのお話:

« 観戦するのもいいもんです | トップページ | 朝日杯FSのお話~その2 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ