« 有馬記念のお話 | トップページ | 有馬記念のお話~その3 »

2007年12月13日 (木)

有馬記念のお話~その2

有馬記念近づくと競馬本の新刊増えますねぇ。・・・参考になるならいいのですが、おいおいってのが多くて。どれがどうのとはいいたくないので伏せますが泣きたくなります。データ本だとデータ扱っていると何がいいたくてこの馬を嫌ってこうしたなとかすぐ分かるわけですが・・・。どちらにせよ読んでから買ってもらえるといいかなと思うわけですが。本出している人の思惑も考えて読んでもらえるといいかなと。読んでたら「絶対に勝てる!」と思っちゃうあたりがあぶないところです。どの本も色々工夫されてそう思わせているんですがいざ実戦だと全く通用しないってのはよくあることでして。色々自分でも考えてみるといいかなと思います。私のデータだってこれとそんなに変わらないんですけどね(笑)

さて、今回は古馬です。とりあえず00~06年までの傾向

  1. 年内57kg以上背負って連対
  2. 年内57kg以上背負ったレースで上がり3位以内

この2つ該当しなかった好走馬は04年3着シルクフェイマス(2:前年10月なら該当)、01年3着トゥザヴィクトリー(1、2:牝馬なので55kg以上なら該当)の2頭だけ。ただしかなりの該当馬が存在する為、本当に使えない該当データですがこれが該当しない馬は3着以下と考慮してもらえるといいかと。今年登録馬ではアドマイヤフジ、アルーリングボイス、コスモバルク、デルタブルース、ドリームパスポート(2:前年11月なら該当)、ハイアーゲーム、フサイチパンドラ、プリンセスルシータが該当せず。残ったのはアドマイヤジュピタ、インティライミ、シルクネクサス、ダイワメジャー、チョウサン、ポップロック、マツリダゴッホ、メイショウサムソン、レゴラスの9頭。

  • 別定戦で57kg以上背負い連対している
  • そしてそのレースで上がり3位以内

ここでアドマイヤジュピタ、シルクネクサス、ダイワメジャー、レゴラスが該当ならず。なので残ったのはインティライミ、チョウサン、ポップロック、マツリダゴッホ、メイショウサムソンの5頭です。意外に絞れましたね。堅そうで堅くない面子。これに昨日の3歳2頭を足して7頭。・・・まだ多い。馬単BOXで買うならまだちょっと絞りたいところですね。

一応好走馬の傾向を載せてきましたが、面白い傾向でしょう?GⅠ実績がどうの~で絞っちゃうとどうも面白味がない。以前までそうやって絞ってたんですけどね。なので一応色々視点をかえつつ頑張ってたんですが、久々にデータ派の血が騒いだ1年でしたね。正統派データ派の人からしてみれば「オカルト風味」な具なんですけども。あと7頭をどこまで絞れるかもうちょっと考えてみましょうか。

« 有馬記念のお話 | トップページ | 有馬記念のお話~その3 »

競馬」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/17351686

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念のお話~その2:

« 有馬記念のお話 | トップページ | 有馬記念のお話~その3 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ